パワギガへ2本~3本のコードレスマイクを接続



手ぶら拡声器パワギガシリーズで、ワイヤレスのマイクを2本、3本同時に使いたいと言ったお問い合わせを頂きますので、簡単にコードレスマイクを増設して使用できる方法をご紹介致します。

コードレスマイクを1本だけ追加
ワイヤレスのマイクは、Bluetoothを使用したコードレスマイク増設セットを用意しております。こちらの機器を使用すると、簡単・安価に既存の放送機器のマイク入力端子に受信機を接続してコードレスのマイクを使用できるようになります。

コードレスマイク複数本を追加したい場合
ただ、パワギガE(NZ-680-A)などパワギガシリーズの拡声器には、マイク入力端子が1つしかありませんので、上記のコードレスマイクを複数本使用するには、ミキサーなどを介して接続する必要があります。
そこでご紹介するのが、小型のラインミキサー MX400です。

小型ラインミキサー(4ch対応)NZ-MX400は、手のひらに乗る小さなミキサーで、4つの入力端子に接続した機器の音声をミキシングしてライン出力することができます。
個々の入力の調整もできますので、感度の違うマイクの音声を一定にしたり、外部機器との音量を調整することもできます。

たとえば、このラインミキサー NZ-MX400にコードレスマイク NZ-210DHE の受信機を2本接続して、パワギガE(NZ-680-A)のAUX()に接続します。
これで、ワイヤレスの機能のないパワギガEでも、ワイヤレスマイク NZ-210DHE×2本が使用できるようになります。
※ご注意 ラインミキサーからの出力は、ラインレベル出力となりますので、マイク入力には接続しないで下さい。過入力になる可能性があり、音の歪みや故障の原因になります。)

放送装置の無い会場での会議やセミナー、講習会などで、複数の方でお話しする場合や、質疑応答などをする際に、ワイヤレスマイクが2本、3本と複数使えますので、重宝頂いております。

受信機の物理的な競合(接触)に関して
MX400には、4つの入力がありますので、MX-400を使用して最大4本のコードレスマイクをパワギガに接続して使用することができます。ただ、コードレスマイクの受信機を3本以上接続する場合は、隣り合った受信機通しが物理的に競合(接触)しますので、延長コードを使用して接続する必要があります。接続コードなど詳細に関してはご相談下さい。

必要な接続コードに関して
なお、MX-400には、機器接続コードは付属しませんので、別途用意頂く必要があります。パワギガシリーズに接続する場合は、機器接続ケーブル(ステレオミニ – ステレオミニ)CBL-SP35SP35と変換プラグ(3.5φミニプラグを6.3φ標準プラグへ変換)PLUG-J35P63が必要になります。

また、ラインミキサー MX400は、電源が必要になります。
ACアダプターをコンセント(AC100V)に接続して使用します。
屋外などでコンセントの無いところで使用したい場合は、別途外付けの電池ケース(別売)のご用意もできますので、ご相談下さい。

⇒ 小型ラインミキサー(4ch対応)MX400