カテゴリー: パワギガM(マックス)

手ぶら拡声器9パワギガM(マックス)の情報を掲載しています。シリーズ最上位機種で2.4GHz帯のワイヤレスタイプです。



団体客、研修・受講者が多いので無線拡声器を

パワギガM ワイヤレス拡声器
当施設への多数の団体客をはじめ、研修・受講者が多く、拡声器の必要性を感じパソコンで調べて、パワギガを知りました。

試してみたいと思いましたが、デモ機(無料サンプル品)の申込方法、使用期間などで迷いました。すぐに電話して、色々お話しを伺い、電話でサンプル申込をしました。

ホームページに掲載されている通り、期待した結果でした。音量・ボリューム・使い勝手が優れており、安心・感心しました。試した機種(パワギガE)の上位機種である無線拡声器(パワギガM)の導入に際し、見積書をお願いします。
SNボランティアガイドの会 Yさま

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

障害者団体で発声機器のデモ機を試して


障害者団体の理事会でこのような発声機器(パワギガM咽喉マイク)があるのを知りました。

地域ブロック会議で説明しようと思いましたが、使ったことのない機器なので、一度試してみる必要があり、デモ機をお願いしました。

以前使っていた類似品より音感も良く、数種類のマイクを有線・無線で色々な使用法が多くあり、高性能であることを確認できました。ありがとうございました。 S.Kさま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

ハーモニカマイクにパワギガM送信機とスピーカーが抜群


趣味でハーモニカ演奏をしており、人に聴かせるときに音量が足りないのでメガホン的な物、いわゆる拡声器がないかなと探しており、数か月前に有線タイプのパワギガE(NZ-680-A)の無料サンプルを使用しました。

仲間と試してみましたが、ヘッドマイクとスピーカーがケーブルでつながっているものあり、ハウリングの影響もあり、いまだ導入には至っておりません。その後、無線ではどうか?と思い、実際に物を見て、試したかったので、貴社(南豆無線電機)を訪れることにしました。

自分で改造し、ハーモニカをセットできる電源不要のメガホン(ラッパ)なども持参し、人前で演奏するときに拡声できたらいいなとの意向を伝えるとともに、超小型ワイヤレスアンプ(パワギガM NZ-691-W)の実物をみて演奏させていただきました。

「これは、いい!!」 ただ、その一言。何が良いかと言うと、無線送信機を手の中に持ちながらハーモニカを持っても、人からは送信機がほとんど見えない。大げさなヘッドマイクやピンマイクのようにマイクを装着しているのが見えないほうが良いので、この送信機はベストなサイズなのです。

上級者になれば、ハーモニカを3つなど同時に持って演奏しますが、趣味でやっている人でそこまでできるのはほんの一握りで、大抵は1本~2本です。2本でもこの送信機なら、問題なく持ったまま演奏できます。そして、ワイヤレスなので、マイクで拾ったハーモニカの音が、離れて置いたスピーカーから聴こえる。ハウリングの影響も少なく、とても良いです。早速、購入することに決めました。

ハーモニカは、まず最初に用意する楽器もお手頃価格でコンパクト、実は趣味で一から始める方が多い楽器なのです。全国でもハーモニカ人口はとても多いんですよ。

上達してくると、人にも聴かせたくなるもので、そうなったときにハーモニカ自体は音量が大きくないため拡声器があれば・・・、となるのです。少し遠い道のりでしたが、試せてよかったです。どの程度の反応があるかは未知数ですが、持ち帰って使ってみて、周りの仲間にも広めたいと思います。 Y.Tさま

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

カルメン体操で服につけるワイヤレススピーカー


モバイルショップのイベントで身につけるスピーカーを見て、電器店で探したが名前がわからず見つけられませんでした。

家電量販店で聞いて、インターネットで調べてようやくパワギガにたどり着きましたが、実際の寸法や操作性などが心配だったので、無料サンプルがあって良かったです。すぐに欲しかったので早く試したかったです。

良かった点
・音声(音質)が良かった
・ボリューム(音量)があった
要望点
・もう少し軽量で小さいと良い
・カルメン体操をするので服につけやすいと良い

上位機種のワイヤレスパワギガを注文したいと思います。 田上さま

⇒ 田上はる美先生によるカルメン健康体操とパワギガE

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細