カテゴリー: パワギガM(マックス)

手ぶら拡声器9パワギガM(マックス)の情報を掲載しています。シリーズ最上位機種で2.4GHz帯のワイヤレスタイプです。



酒蔵見学ツアー説明用として身に付けられるパワギガM


酒蔵見学ツアー説明用のマイクを探していました。
ワイヤレスマイクが良いが、敷地内を動き回るので、電波の通達距離が問題となっていました。

今回、WebサイトでパワギガM(小型ワイヤレス拡声器)を見つけ、これならスピーカーも身に付けて一緒に移動するので、問題が解消されると思い試用をお願いした次第です。

試してみて、スピーカーは小型で軽くて使いやすく音量も充分。バッテリーの持ち時間も問題無かったです。導入に向けて、予算計上し、これから検討していきます。 I酒造 Kさま

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

病院受付や食券番号呼び出し用の無線マイクシステム M546EC-9B


病院待合やフードコートに好適
病院待合での患者さまの呼び出しやフードコートでお客さまの呼び出し放送に適しています。スピーカーは手のひら大の小型サイズなので設置場所に困りません。

簡易型ワイヤレス呼出しシステム
ワイヤレススタンドマイクと小型スピーカーの簡易型の呼び出しシステムです。ECM型スタンドマイク NZ-M546EC と超小型ワイヤレス拡声器 パワギガMのセット販売。

レバースイッチでマイクON/OFF
スタンドマイクのスイッチはレバー型。話す時だけONにできるので操作ミスによる放送を防ぐことができます。ご希望によりレバーのロック機構を無効にすることもできます。

工事不要で簡単設置
2.4GHz帯ワイヤレスマイクが採用されています。マイクとスピーカーの接続はケーブル不要なので、簡単に設置できます。

手のひらサイズスピーカー
小さなスピーカーでも充分な音量で定評のある超小型拡声器パワギガMが採用されています。とても小さなスピーカーなので、設置場所に困りません。

便利な2電源方式
送信機と本体スピーカーは、どちらもコンセント電源AC100Vで動作します。また充電池も内蔵しているので、コンセントが無い場所へ移動して、充電池で動作させることも可能です。

⇒ 呼び出しシステム(病院待合やフードコート向け) 詳細

卓上型コンデンサーマイク NZ-M546EC レバースイッチ式


ECM(Electret Condenser Microphone)
卓上タイプのスタンドマイクとしては珍しいエレクトレットコンデンサー型のマイクロホンです。NANZU製パワギガシリーズに対応しています。

病院の待合呼び出しに好適
NANZU製のパワギガS/パワギガE/パワギガMのマイクジャックへ接続して簡易的な呼出し放送に好適です。ハウリングの影響を低減させるため延長ケーブルの併用を推奨致します。

パワギガMでワイヤレス化も可能
パワギガMの送信機へ接続すればワイヤレスマイクとして活用できます。この場合、上記の延長ケーブルが不要となり、さらに使い勝手が良くなります。

レバースイッチでON/OFF
マイクスイッチはレバー型。スイッチを上に倒すとマイクONで指を離せばOFF。下に倒すとスイッチがロックされて手離し放送ができます。

⇒ コンデンサ型デスクトップマイクロホン NZ-M546EC 詳細

工場見学の小型ワイヤレスアンプを比較、音の鮮明さが違う


現在、工場見学で使用中の小型ワイヤレスアンプ NZ-660-W(手ぶら拡声器6A パワギガW)より更に精度の良いものが無いか探していました。

御社HPで後継機種のパワギガM(手ぶら拡声器9B)を見つけて、デモ機をお願いしました。カタログだけでは分らないことが多々あり、実際に使ってみることが一番だと思います。

やはり最新機種パワギガM(手ぶら拡声器9B)の方が感度(音の鮮明さ)が良く、来年度購入予定とさせていただきます。 NS(株) Nさま

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細