カテゴリー: パワギガM(マックス)

手ぶら拡声器9パワギガM(マックス)の情報を掲載しています。シリーズ最上位機種で2.4GHz帯のワイヤレスタイプです。



声が小さく言葉が伝わりにくいので会話補助装置を


病気で声が小さくて言葉が伝わりにくくなったことを悩んでいました。
友達からの情報でパワギガM咽喉マイク携帯用会話補助装置として活用されていることを知りました。

無償サンプルを貸して頂けるとのことだったので、すぐに申し込みました。自分の意志を伝えたいという気持ちが大きかったからです。

これであれば使える商品だと思いました。病気がさらに重症化した時にも対応できると思いましたので、日常生活用具(携帯用会話頬装置)として申請します。
宗本さま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

ハモニカ演奏でパワギガ拡声マイクを試用


ハモニカ演奏で使うマイクと小型スピーカーを探していました。
貴ホームページで超小型拡声器パワギガEを見つけ、無料サンプル制度があることを知りました。

実際に音(大きさ音量や音質)を確かめることができるのは良いですね。
標準のヘッドマイクより、ピンマイクの方が付け心地が良いですが、ピンマイクだとハウリングが起こりやすく感じられました。
ワイヤレスマイクだと尚良いと思います。 I.Sさま

【補足説明】
パワギガシリーズの最上位機種パワギガMでしたら、ワイヤレスマイクも付属します。手持ちワイヤレスマイクとしても、ヘッドマイクとしても活用できます。

また、お試し頂いたパワギガEのワイヤレス化も可能です。外付け受信機をマイクジャックに差し込む形になります。詳細はNZ-210CTW-Pをご覧下さい。

コンセント電源の小さなスピーカーマイク


屋外で使う小さなスピーカー・マイクを探していてパワギガを見つけました。屋外でもコンセント電源が必要だと思っていたので、パワギガのように内蔵バッテリーで動作する商品があることを知りませんでした。

すぐに試してみたいと思いましたが、店頭のどこにもこのような商品が無いようだったので、パワギガE無料サンプル品を利用させて頂きました。

電源不要で声が大きく伝わり、とても勉炉だと思いました。動きの多い私の利用方法では、ワイヤレススピーカー(パワギガM)の方が合うことがわかりました。

一緒に利用してみた仲間も感動していました。同じような仕事をしている他の仲間にも伝えて行こうと思います。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

必死で大きな声を出そうとしても仕事に支障


病気で小さな声しか出せず、必死で大きな声を出そうとしていたが仕事に支障をきたしていました。

インターネットで会話補助機器を探していて、パワギガを見つけました。しかも無料で使用できるとのことなので、利用させて頂きました。購入する前に使えるか、使えないか判断できて良かったです。

私の場合は、オプション咽喉マイクより、標準ヘッドマイクの方が使いやすかったです。早速、市役所の方へ携帯用会話補助装置の申請をしてみます。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細