カテゴリー: 修理・メンテナンス

メンテナンス情報、修理の発送方法、保障修理に関する情報など



なんず製メガホンの修理見積と修理日数に関して


【ご質問】
小型肩掛けメガホン NZ-584RSW の電源が入らなくなったので、電池交換しようとしましたが、電池蓋(ふた)を開けることができませんでした。
開け方が悪いのでしょうか? もし修理に送ったとしたら修理価格と日数はどの程度でしょうか?

【回答】
電池蓋はスクリュー栓になっています。回せば開くはずですが、ボディの方まで指がかかって一緒に回そうとしていませんか?

どうしても開かない場合は、何らか不具合の可能性もございます。例えば電池液漏れ腐食、或いはネジ山が噛んでいるなどが考えられます。

現品を送って頂きましたら、点検後に修理見積金額をお知らせ致します。なんず製メガホンは社内で修理を行いますので、早くに(到着後1~3日で)お見積提示できると思います。

⇒ 小型パワフルメガホン NZ-584RSW 詳細

パワギガを落としたので修理を依頼したい


【ご質問】
パワギガを便利に使っていますが、先日パワギガ本体を落としてしまい、マイクを接続すると異音がしたり、音が割れることがあり、修理をお願いしたいと思います。どのように手続きすれば良いでしょうか? また、事前にお見積りをいただけると幸いです。

【回答】
パワギガの点検・修理は、全て弊社にて対応しておりますので、パワギガ一式(本体、マイク、充電アダプター等)を弊社までお送り頂けましたら、届き次第点検しまして、有償修理となる場合は、修理前にお見積をお出しします。

修理見積金額を確認頂き、修理を進めるかどうか判断頂くことになります。保証期間内の場合は、必ず保証書の同梱をお願い致します。

送付前に、下記ページ【修理に関して】をご確認下さい。修理依頼書(PDF/GIF)を印刷し、必要事項を記入の上、修理品に同梱頂けますと、スムーズに進めることが出来ます。

⇒ 修理に関しての詳細

なお、不具合がまったく確認できない場合や、修理しないことを選択された場合は、申し訳ございませんが、修理品点検・返品手数料をご請求させて頂く場合もございますことをご了承下さい。

弊社にお送り頂く際、取扱荷物が多いため、送り状に「修理担当宛」を明記下さい。優先して荷物を取り扱います。発送時の送料はご負担お願い致します。返送時は弊社で負担致します。

修理品送付先
 〒415-0035
 静岡県下田市東本郷2-1-5
 (有)南豆無線電機 修理担当宛
 TEL:0558-22-2421

雨天時のパワギガ拡声器の水濡れ対策に関して


【ご質問】
観光案内ガイドで超小型ワイヤレスアンプ(パワギガM)を便利に使わせてもらっています。
屋外で使用するため、どうしても天候不良の雨天時に使いたいケースがあります。スピーカーを塞がずに、なるべく雨に濡れない対策など有れば教えて下さい。

【回答】
パワギガMのご利用ありがとうございます。
こちらの製品は防水仕様では無いため水濡れは避けていただく必要がございます。特に水が浸入しやすいのは、本体上部のマイクジャック、音量ツマミの周囲、電源スイッチの周囲です。側面のAUXジャック、アダプター接続端子も注意しなければいけません。

パワギガMは(パワギガEとパワギガSも)ストラップ金具を4箇所に掛けられるようになっています。一般的には操作部を上側にしてストラップを掛けますが、雨天時は上下反対になるようにされると効果的です。

なお、スピーカー前面はいつくもの穴が開いていますが、本体筐体とスピーカーが密着していますので、内部基板への侵入はさほど心配要りません。マイクケーブルを雨水が伝わりジャックへ侵入するのを防ぐのが一番のコツと言えます。

窓口会話装置の子機ケーブルを延長するには?

NZ-2006A 窓口会話装置
【ご質問】
先日、窓口会話装置(NZ-2006A)を購入しました。使用するのがチケット売り場などの窓口ではないため、子機の設置場所までへは付属のケーブル2mでは長さが足りません。

問い合わせたところ、延長は可能だと伺いました。あまり長くするとノイズを拾ったりする可能性があると言われましたが、φ3.5㎜のステレオタイプの延長ケーブル10mを用意し、早速つないだところ、音声が片方向しか出ません。

親機から子機への音声は問題なく出力されていますが、子機から話した音声が親機スピーカーから出ない状態です。また、ノイズが『ブー』と鳴ったりします。故障でしょうか?用意した延長ケーブルの仕様が間違っていたのでしょうか?

【回答】
ご用意いただいた延長ケーブルがミニプラグ・ミニジャックで両端ともステレオタイプのものであれば、仕様は合っています。

音声が片側しか入らない状態や『ブー』と鳴るのは、おそらく接続が甘いことが原因の一つと考えられます。親機背面の接続部は奥までプラグが挿し込まれていますか?延長ケーブルと子機ケーブルのつなぎ目も同様にしっかり挿し込まれていることをご確認下さい。

個体差もありますが、新品の延長コードなど、プラグの差し込みがとても固い場合があります。プラグの金属部分が見えている場合は差し込みが甘いと思いますので、『カチッ』と止まるまで挿し込んで下さい。

※補足
延長コードのジャックに子機のプラグを普通に止まるまで挿し込んだが、確かに少し隙間があったとのことで、壊れそうだったが力を加えてみたら『パチッ』と隙間がなくなり、しっかりと挿し込まれたようでした。その後は動作も良好となり、『ブー』音も出なくなったとのことです。

⇒ 窓口インターホン(NZ-2006A)詳細