カテゴリー: B型ワイヤレスマイクのFAQ

800MHz帯ワイヤレスマイクに関して良くあるご質問

1 / 531231020最後 >>


歴史案内ガイドの長い列の最後尾へ声を届けるため

【ご質問】
歴史案内のガイドをしております。歩きながら案内する時に、長い列になると拡声器を使っていても後ろまで声が届きません。
説明者が先頭にいるのでその近辺エリアと、30m位後ろのエリアとで、2台のスピーカーから案内が聞こえるようにしたいと考えています。上手くワイヤレスマイクを駆使して同時に音声ガイダンスが聞こえるようにできる方法はありませんか?

【回答】
小型拡声器パワギガE(NZ-680-A)2台とワイヤレス送受信機のセット(飛び声るんです2 NZB-RM2-P)との組み合わせで使用できます。

例えば、上図では1つの送信機で6組の受信機・拡声器から音声を拡声していますが、ご希望の用途では受信機・拡声器を2組ご用意頂ければ宜しいかと思います。

もう少し安価にするため、受信機1台とすることも可能です。具体的には
説明者は、パワギガEとワイヤレスマイク送信機を(受信機無しで)装着します。そして、特殊な分岐ケーブル(別売)を使用してひとつのマイクを分岐してパワギガと送信機に入力するのです。そうすることで、説明者その場での拡声はもちろん、無線で飛ばしてもう1台のパワギガに接続した受信機で受信した音声を同時に(スピーカー2台から)出力させることができます。

⇒ 飛び声るんです2 NZB-RM2-P 詳細

TOAワイヤレスアンプでワイヤレスピンマイク6本


【ご質問】
現在、スピーカー:TOA ワイヤレスアンプ:WA-1712、ワイヤレスマイク:WM-1210・・・3個、チュナー:WTU-1720・・・3個を使用してますが、御社で販売している NWA2800-TW3D3 ダイバシティマイクを使用すれば同時に6個のマイクが使用可能でしょうか?

可能であれば、現在使用中の WA-1712 を使って、ワイヤレスのハンドマイクを3本、ピンマイクを3本の合計6個のワイヤレスマイクを同時使用したいのですが、そのような使い方ができる方法はないでしょうか?

【回答】
NWA2800-TW3D3 は、ワイヤレスピンマイク×3台とハンドタイプのコードレススマイク×3本の合計6本のワイヤレス(無線式)のマイクを同時に使用することのできるアンプセットです。

現在使用されているワイヤレスアンプ WA-1712も、上記 NWA2800-TW3D3 セットと同じようにワイヤレスのマイク6本を同時に使用できるようにすることは可能です。その方法をご案内致します。

WA-1712は、チューナーユニット(受信機)を増設することによって、最大で3本までのワイヤレスマイク(800NHz)を使用することができる機器ですが、すでにチューナーユニットを3台組み込まれて、ハンドタイプのワイヤレスマイク WM-1210を3本使用していますので、WA-1712自体ではワイヤレスマイクを増やすことはできません。

そこで、ご紹介しますのは、Bluetoothコードレスマイクの増設セットです。
こちらの機器は、放送機器の有線マイクの入力ジャックに受信機を接続することで、簡単・安価にコードレス(無線)のマイクを使用することができる外付けのコードレスマイク増設システムです。

ハンドマイクは3本お持ちですので、増設セットのコードレスピンマイク3個&ミキサーセット NZ-210CTW3S でピンマイクを追加することで、ご希望のワイヤレスのハンドマイク×3本、ピンマイク×3台の計6台を同時使用できるようになります。

NZ-210CTW3Sのセットには、受信機が3本接続できる簡易ミキサーが付属しますので、ワイヤレスアンプ WA-1712にマイク入力端子が1つ空いていれば、接続することができます。これで、6本のワイヤレスのマイクを混信する事無く、同時使用することができます。

※上記の6本のワイヤレスマイクの間では、それぞれ異なるチャンネル(周波数)で使用しますので、混信する事無く使用できます。
ただし、お持ちのWA-1712で使用している800NHz帯の無線機器は、電波法で使用できる周波数が法定されていますので、各メーカーで販売されている800MHz帯の機器は、すべて同じ周波数を使用しています。そのため、電波の届く範囲で同じ800NHzの同じチャンネルを使用していた場合、混信してしまいます。その場合は、チャンネルを変えるなどの対策が必要になります。

コードレスピンマイク3個&ミキサーセット NZ-210CTW3Sに関しては、Bluetoothの機器で1セットづつペアリングして使用しますので、基本的に他の機器と混信することはありません。通話内容が漏れる心配もありませんので、秘話製の高い会議などでの使用でも重宝されております。

コードレスピンマイク3個&ミキサーセット NZ-210CTW3S

お寺のマランツ製ワイヤレスマイクが故障、代替品は?


【ご質問】
現在、お寺で古いマランツのワイヤレスマイク(800MHz)を2本使用しています。そのうちの1本が壊れて使えなくなってしまいました。古いものなので、既に販売完了品で、保守・修理も終了しているようです。同じ周波数帯なら使用できるかと思い、パナソニック製のもので試してみましたが、使えませんでした。

まだ1本は使えているのでこのアンプとマイクを使っていきたいとは思うのですが、ワイヤレスマイクが1本しか使えないのは不便です。どうにかしてワイヤレスマイク2本を使えるようにする方法はありませんか?できれば今のものと混信せず、同時に使用したいです。そして今は、その場しのぎでワイヤレスマイク1本と有線マイク1本を使っている状態です。

【回答】
マイク入力端子があるようですので、コードレスマイク&モジュール(NZ-210DHE)を推奨致します。

こちらの商品はBluetooth方式なので、お使いの800MHz帯と混信する心配がありません。800MHz帯のものと比較すると送受信可能距離は最大約20mと短くなりますが、リーズナブルな価格で簡単にコードレスマイクを使用することができます。手動でのチャンネル設定もなく、送受信機の電源を入れれば自動ペアリングされるので、使用方法も簡単です。受信機をアンプのマイク入力端子に接続するだけの簡単操作で使用できます。

ご注意いただきたいのが、受信機ボディーには乾電池が入るため、通常の有線マイクのプラグに比べて太く、受信機の筐体がアンプのボリュームつまみや隣の入力端子の接続プラグなどに当たってしまって上手く挿し込めない場合があります。

そういった場合の対処法として、簡易マイクミキサーとのセット(NZ-210DHE1S)にしておくといいと思います。

ミキサーのプラグであれば干渉することなく接続でき、なおかつ3つのマイクを同時に使用ができるマイク混合器です。コードレスマイクを増設したうえ、今お使いの有線マイクを接続することもできますので。

⇒ コードレスマイク1本・ミキサーセット NZ-210DHE1S

コードレスマイクの送受信不具合の解決法は?


【ご質問】
コードレスピンマイク(NZ-210CTW)を数個使用するのですが、そのうち、私が使用するものだけうまく使えません。使用前には必ず新しい電池に入れ替えているのですが、すぐ赤いランプになり、音声が入らなくなってしまいます。そんなに距離も離れておりません。受信機は緑の点滅になっていますが、必ずもう片側(送信機)だけが赤いランプになってしまうのです。なぜでしょうか?

【回答】
可能性として考えられるのは、①乾電池の電圧不足、②Bluetooth混信、③他機器とペアリングされている状態、などです。

①乾電池の電圧不足に関して
使っていない未開封の電池でも、長期間買い置きしてあったものは自然放電されていて、いざ使おうとすると既に電圧が低い場合があります。必ず新しく購入した乾電池をお使いください。また、新しい電池でも稀に不良電池もありますので、別の電池と交換してみてください。
なお、受信機と送信機では、電波を発射する送信機の方が、電圧低下の影響を受けやすくなります。

②混信に関して
ペアリングができない場合、ご使用環境により、混信等の影響も考えられます。同一空間で複数台使用する場合も自動設定されるチャンネルが近いことがあり、混信してしまう可能性もあります。その場合は、接続データを消去(送・受信機の電源ボタンを5回押し)してから再ペアリングしてみて下さい。

③他機器とペアリングされている可能性
ペアリング操作のミス等により、近くに有る他のBluetoothデバイスとペアリングされている可能性も考えられます。他機器とペアリングされていると、送信機・受信機のどちらかだけが緑の点滅ランプになり、もう片方はペアリング相手が見つからない状態(赤緑の交互点滅)となり、約5分後に電源が切れてしまいます。この場合も、接続データ消去(送・受信機の電源ボタンを5回押し)してから再度ペアリング作業を行って下さい。

⇒ コードレスピンマイク(NZ-210CTW) 詳細

1 / 531231020最後 >>