カテゴリー: B型ワイヤレスマイクのFAQ

800MHz帯ワイヤレスマイクに関して良くあるご質問



無線マイクの送信機1つに対して受信機2つは?

Bluetoothマイクモジュール
【ご質問】
放送アンプ装置はあるのですが、有線マイクを使っているため、ワイヤレス化したいと思っています。御社のホームページでコードレスモジュール(NZ-210D)を見たのですが、これを使えば無線マイクにできますか?
ちなみに、同じ放送アンプ装置が2台あるのですが、このコードレスモジュールの受信機2つをそれぞれのアンプにつなげば、マイク(送信機)1つで使えますか?

【回答】
有線マイクをワイヤレス化するのであれば、コードレスモジュール(NZ-210D)で可能です。簡単に無線化が実現します。ただ、このコードレスモジュールは送信機と受信機が1対1でペアリングして使用するものなので、送信機1つに対して受信機2つを2台のアンプ・スピーカーにつないで使用するという事はできません。

もしどうしても1本のマイクから2台のアンプ/スピーカーに入力して音声を出力されたいのであれば、1つの受信機を分岐ケーブルなどを使用して各アンプのマイク入力に接続する方法であれば可能です。

例えば、10mコード×2本付き二股変換プラグ(PLUG-J63PPEM)という商品がありますので、こちらを使用します。10mのマイク延長コード付きなので、アンプ同士が多少離れていても、コードが届く範囲であれば接続できます。

もう1つ方法があり、放送アンプにラインアウト機能があれば、アンプ同士を接続して使用する事もできます。まずは1台のアンプにコードレスモジュールの受信機を接続し、そのアンプのラインアウトからもう1台のアンプのラインインに入力すれば使用できます。

⇒ コードレスマイク(Bluetoothモジュール)NZ-210D

コードレス受信機を接続するためのマイク延長コード


【ご質問】
以前、パワギガM(NZ-691-W)を購入し、後日コードレスピンマイク(NZ-210CTW-P)も購入しました。パワギガMとコードレスピンマイクの組合せで問題なく使用できています。

先日、別の放送アンプでもコードレスピンマイクを使用してみました。アンプの表にあるマイク入力端子は大丈夫でしたが、裏面の端子につなごうとしたら段差があって(コードレス受信機をそのままでは)奥まで挿し込めませんでした。

コードレスピンマイク(NZ-210CTW-P)には、φ6.3㎜⇒φ3.5㎜に変換するケーブルがついていたので、それを使って、さらに変換プラグ(φ3.5mm⇒φ6.3mm)をつなげば使用できるかと思うのですが、いかがでしょうか?

【回答】
使用できますが、2回も変換するようになり、接触不良を起す可能性が高くなりますので、あまりお勧めできません。できれば、(ホーンプラグ対ホーンジャックの)マイク延長コードを使用する方がいいと思います。

短いもので1m(NZ-EN01)があり、これであれば放送アンプの背面から脇までケーブルを回せるため、受信機の電源ON/OFFもアンプの背面で行う必要が無く、スムーズに行えます。マイク延長ケーブルは、1mの他、2m3m4m5m10m15m20mのラインナップがあります。

⇒ 1mマイク延長ケーブル NZ-EN01

ギターの弾き語りにクリップマイクからヘッドタイプマイクへ


【ご質問】
ギターの弾き語りをするために、先日クリップマイク(NZ-M863)を購入しました。ギターアンプにインプットして使ってみたのですが、胸元へマイクを留めると声以外の周囲音も拾いやすいため、マイク部をヘッドマイクに差し替えようと思っています。その場合どのヘッドマイクを選べばいいですか?

【回答】
クリップマイク(NZ-M863)のピンマイク部の代わりに接続するヘッドタイプマイクは、耳掛け式の MIC-806 になります。
確かにピンマイクの場合は口元からの距離も少しありますし、横向いたりするとマイクとの距離が開き、音を拾いにくくなってしまうことがあります。

その点、ヘッドマイクであれば、常に口元にマイクがあるので、一定の距離を保ち、安定した音声を拾うことができます。

弾き語りではあまり動きまわることはないとは思いますが、このヘッドマイク(MIC-806)は耳掛け式なので、ズレ落ちる心配もなく、動きにも強いマイクです。

⇒ ヘッドマイク MIC-806 エレクトレットコンデンサー型

なお、クリップマイク(NZ-M863)の姉妹品として、分離型ヘッドマイク(NZ-M866)のセット品も販売しております。

また、今回お問い合わせいただいている商品は有線ですが、コードレスヘッドマイク(NZ-210CTH)もございます。マイクをつないでいるギターアンプのマイク入力端子に受信機をつなぎ、あとは送信機とヘッドマイクを装着するだけで使用できます。

⇒ コードレスヘッドマイク NZ-210CTH 詳細

ヨガ教室で使用するピンマイクと小型スピーカー


私は、ヨガを教えているのですが、教室は屋内だけではなく、屋外の場合もあります。教室の規模もさまざまで、小規模のものが多いようですが、私が教えている教室はかなり規模が大きく、いつもピンマイク(ワイヤレス)を使用しています。

ただ、スピーカーは電源が必要だったり、サイズが大きかったりで、もう少しコンパクトなものがないかと探してたところ、インターネットで超小型ワイヤレスアンプパワギガM(NZ-691-W)を見つけました。

ただ、今まで自分の中でコンパクト=音が小さい、のイメージが強かったため、ひとつ踏み切れず、悩んでいました。近辺の人にしか聞こえないのでは、スピーカーの意味がないので。

そこでお電話で問い合わせ、レンタルで利用させて頂いた次第です。「音楽プレイヤーもつないでBGMを流したいんです」と伝えると、つなぐコードも一緒に送ってくれ助かりました。

実際に届いて試させてもらったら、思った以上の大音量で、びっくりしました。これならコンパクトでどこにても持っていくことができるので、早速注文することにしました。音楽プレイヤーもつなげて、本当に必要最小限の機能で私にはピッタリでした。

充電で使用できる点も、購入を決めた理由のひとつです。出張教室で屋外の場合でも電源を気にせず行えるので。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細