カテゴリー: C型ワイヤレスマイクのFAQ

C型ワイヤレスマイクに関して良くあるご質問



窓口マイクのヘッドセットコードレス化に関して


【ご質問】
窓口マイクシステム NZ-2006Aに関して、お伺いします。親機から離れて、動きながら会話することがあるので、ヘッドセットマイクをコードレスで使いたいと思います。そのようなことは可能でしょうか?

【回答】
窓口マイクシステム(窓口インターホン)とコードレスヘッドマイクの組合せで実現できます。

親機背面に外部マイクを接続するジャックがありますので、そこへコードレスヘッドマイクの受信機を接続します。そのままでは、プラグ形状が異なりますので、変換ケーブルを使用して接続します。下記の手ぶら拡声器用コードレスヘッドマイクであれば、変換ケーブルも付属します。

⇒ 手ぶら拡声器用コードレスヘッドマイク NZ-210CTH-P

コードレスマイクレンタルに変換ケーブルとプラグは?


【ご質問】
コードレスピンマイクレンタル RENT-210CTW を3つ検討しています。
ミキサーは持っており、マイクが3つ接続できるので簡易マイクミキサーの貸し出しは必要ないのですが、受信機同士が近すぎるとボディーが当たってしまうかが心配です。短めの接続コードのようなものも貸していただけるとのことなので、そのコードもお願いしたいです。レンタル品と別に申し込みが必要ですか?

【回答】
いいえ、変換ケーブル&プラグのお申し込みは不要です。コードレスピンマイクレンタル RENT-210CTW 単品でのお申込みであれば、付属しますので。

※ご注意
コードレスピンマイク3本&ミキサーセットレンタル RENT-210CTW3S のように、簡易マイクミキサーとの組み合わせ品には付属しません。

⇒ コードレスピンマイクレンタル RENT-210CTW

会場のミキサーに合うワイヤレスピンマイクは?

【ご質問】
ピンマイクのレシーバーの端子形状が、キャノンまたはフォーンであるワイヤレスピンマイクを探しています。
この条件が満たされていれば、使用会場のスピーカー・ミキサーに接続が可能なのです。該当する品の扱いはありますか?

【回答】
Blutoothを使用したコードレスピンマイク NZ-210CTWという商品がございますので、ご紹介致します。

⇒ コードレスピンマイク NZ-210CTW

コードレスピンマイク NZ-210CTWは、小型の受信機に6.3mmフォーンプラグが付いていまして、放送機器のマイク入力端子に接続することで、簡単にコードレスのピンマイクが使用できるシステムです。

使用会場のミキサーにフォーンジャックの入力があるとのことですので、その入力端子がマイク入力端子であれば、使用することができます。外部入力(AUXやLINE INなど)では、音が小さかったり、音が出ないなど、正常に使用できませんので、ご注意下さい。
機器の詳細は、コードレスピンマイク NZ-210CTW のページでご確認下さい。

なお、接続する放送機器(ミキサーやアンプ等)によっては、マイク入力ジャックが、機器のボディより凹んでいたり、音量ツマミ等が入力ジャックのすぐ近くにあって、物理的に受信機を奥まで挿せない場合が、まれにあります。その場合は、簡易ミキサーや延長コード等を使用することで、接続できます。
簡易ミキサー付きのセットもご用意しております。

⇒ コードレスピンマイク1個&ミキサーセット NZ-210CTW1S

車載拡声器でコードレスのマイクを2本使うためには

【ご質問】
C12-H11A5(車載拡声器セット DC12V)を使用しています。
本体附属のハンドマイクの替わりに、コードレスマイクを使いたいと考えています。できれば2本のコードレスマイクを使いたいのですが、対応商品はございますでしょうか?

【回答】
Bluetooth方式のコードレスマイクがございます。
送信機にはマイクロホンを接続、受信機は拡声器のマイク入力へ差し込んで使用します。2本使いたい場合は、簡易マイクミキサーを介して受信機を接続します。類似品でコードレスのヘッドマイクやピンマイクもございますので、状況に応じたマイクを選択して頂けます。

⇒ コードレスマイク2本・ミキサーセットの詳細

⇒ コードレスピンマイク2個&ミキサーセットの詳細

⇒ コードレスヘッドマイク2個&ミキサーセットの詳細