カテゴリー: その他のFAQ

その他の機種や製品以外に関してよくあるご質問



窓口マイクのヘッドセットコードレス化に関して


【ご質問】
窓口マイクシステム NZ-2006Aに関して、お伺いします。親機から離れて、動きながら会話することがあるので、ヘッドセットマイクをコードレスで使いたいと思います。そのようなことは可能でしょうか?

【回答】
窓口マイクシステム(窓口インターホン)とコードレスヘッドマイクの組合せで実現できます。

親機背面に外部マイクを接続するジャックがありますので、そこへコードレスヘッドマイクの受信機を接続します。そのままでは、プラグ形状が異なりますので、変換ケーブルを使用して接続します。下記の手ぶら拡声器用コードレスヘッドマイクであれば、変換ケーブルも付属します。

⇒ 手ぶら拡声器用コードレスヘッドマイク NZ-210CTH-P

トイレの出入りを自動感知して音消しメロディを

【ご質問】
飲食店(居酒屋)を経営しています。
トイレの節水のため、お客さまがトイレに入ると自動で音消しメッセージ(水の流れる音など)を流したいと考えています。工事不要で置くだけで済むような機器があればご案内下さい。

【回答】
人感センサーを内蔵したアナウンスマシンをお勧め致します。

単4乾電池で動作するので電源配線も不要です。再生される音声は、パソコンと接続して、MP3形式の音声ファイルをコピーします。内蔵メモリの容量は 4Mbyte(32Mbit)あり、複数メッセージを入れておくこともできます。

デモ機をご用意しておりますので、センサーの感知動作やスピーカー音量がご心配であれば、お試し頂くことができます。デモ機の詳細に関しては、下記をご参照下さい。

⇒ アナウンスマシンのデモ機に関して

父の介護をしている耳の遠くなった母の補聴システム

【ご質問】
父の介護をしている母の耳が遠くなってきているため、上手く意思の疎通ができなくなってきているようです。寝室から父が呼んでいる事が、台所にいる耳の遠い母にまで分かるといいと思っています。

スピーカーなどを使えば、父の声が母に届きますでしょうか?何か良いものがあれば、ご紹介下さい。

【回答】
補聴支援ワイヤレスシステム(聞声るんです2)という機器がございますので、ご紹介致します。
講演会やセミナー、説明会などの会場で耳が遠くてよく聞こえない方などが、講師の音声を直接受信してイヤホンで聴くことが出来るシステムで、ワイヤレスマイクとレシーバー・イヤホンのセットになります。

⇒ 補聴支援ワイヤレスシステム 聞声るんです2


今回の場合は、お父さまがワイヤレスマイクで話した音声を、お母さまが身に付けたレシーバーで受信し、イヤホンで聞くといった使い方になります。
通信距離は、見通しの良いところで100mほどです。建物の構造や部屋の配置、材質にもよりますが、一般的な木造の家屋であれば、寝室から台所や家の中にいるお母さまへ音声を届けることができると思います。

お問い合わせ頂いたように、スピーカーなどを使って声を大きくすれば、お母さまに声が届く可能性はありますが、大きな音で拡声されますので、健常な耳のほかの家族にとってはうるさい程度の音量になってしまうでしょうし、音量によってはご近所さまにも、お父さまの話した音声が届いてしまうようなことになってしまう可能性があります。

その点、聞声るんです2であれば、無線で音声を飛ばして直接イヤホンで聞きますので、ご近所に声が漏れる心配はありません。

ただ、一点心配なところとしましては、お母さまの耳の状態です。
聞声るんですは、難聴の方に実績のある機器ではありますが、一概に耳が遠いといっても、個人差がかなりあると思います。それぞれ症状が異なりますので、すべての方に合うという機器ではありません。

お母さまの耳の具合にもよりますので、使用できるかどうかは、実際に使用してみないとなんとも言えないところです。

一応、聞声るんです2の機器は、レンタル品にラインナップしておりますので、有料にはなりますが、お試し頂くこともできます。もし宜しければ、レンタルお試しをご検討下さい。

下記2点の構成が、聞声るんです2と同じ構成になります。
レンタルお申し込みフォームからお申込頂くの際、ご要望欄に『聞声るんです希望』と記入いただけましたら、高感度イヤホンも同梱致します。

⇒ 【レンタル】 マルチマイク(RENT-M820)

⇒ 【レンタル】 ワイヤレスレシーバー(RENT-R800)

チケット売り場用マイクの取付穴寸法に関して


【ご質問】
チケット売り場用マイクシステムの親機を設置する場所が狭くて限られたスペースのため、壁掛けにしたいと考えています。壁掛け用の穴はあるとのことですが、寸法(ネジ間のピッチ)を教えて下さい。

【回答】
下図をご参照願います。
3本のネジで固定しますが、上の2つのネジ間のピッチは130mmでございます。なお、使用するネジはφ4mmの皿ビスを推奨致します。また、壁面からビス頭までの隙間は約5mmに調整するとちょうど良いかと思います。

⇒ 窓口インターホン NZ-2006A 詳細