音声ガイドイヤホンだと台数が多くて消毒が大変なので


工場見学の対応で音声ガイドイヤホンを使っていますが、お客さまご使用後には本体とイヤホンを別々にして片づけるなど、メンテナンスが大変でした。

特にコロナ禍以降はより一層消毒に気を使い、受信機とイヤホンの台数も多く時間も掛かるので、御社のパワギガを検討するよう上司の勧めがありました。少し騒音のある環境なので、音量的な心配があったので、無料サンプル制度はとても助かりました。

当社の工場で試したところ、機械音の中でも明瞭に聞こえました。つきましてはパワギガEを2台導入したいと思います。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

貼付した素材を振動させて音を発生する振動スピーカー NZ-S29C

コンタクトスピーカー
一風変わった面白スピーカー
壁や机、アクリル板、段ボールなどの素材に貼り付けて、振動を加えることにより、音を発生させる仕組みの特殊スピーカーです。貼り付ける素材により音質が変化します。

狭いスペースでも設置可能
サイズは直径約50mm、高さ約35mm、質量約270gと小さいため、設置場所に困らず、楽に移動できます。

接触型コンタクトスピーカー
接触している物体を振動させて音を発生するため、このスピーカー単体では殆ど音が鳴りません。一般的なスピーカーとは異なる仕組みとなっています。

ローインピーダンス8Ω20W
ローインピーダンス8Ω20Wタイプのスピーカーです。簡易放送アンプ10Wや車載用拡声器セットのトランペットスピーカーの代わりに付けることができます。

主な仕様
Rated Impedance 8Ω±15% (At 1kHz 1.0V)
Resonance Frequency 60Hz±20%
Rated Power 20W
Max Power 25W
Net Weight 270g

⇒ コンタクトスピーカー NZ-S29C 接触型スピーカー 詳細

介護スタッフのエンゲ確認に咽喉マイクを利用


嚥下(エンゲ)したかどうかの確認方法を介護スタッフにどう伝えたら良いか検討していました。
貴社への電話問合せでパワギガと咽喉マイクを試せることを知りました。しかも無料とのことだったので、すぐに利用しました。

スピーカー(パワギガ本体)は小型で移動しやすく、咽喉マイクも首にあてやすく、音が拾いやすかったです。

スピーカーの性能がすごいので、音量設定を誤って音が大きすぎることがあり、周囲をびっくりさせることが度々ありました。ただ、これは使い方に慣れれば問題無いと思います。

音量は充分なので、スタンダードタイプ(パワギガS)と咽喉マイクを正式に注文致します。この度は、素早い対応をして頂き、ありがとうございました。
S会 N.Aさま

⇒ 咽喉マイク 詳細

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

防水押し釦スイッチ WBST-223 一般可逆型

WBST-223
屋外で使用できる防雨型
電磁開閉器操作用の押ボタンスイッチ WBST223。ボタン部分がパッキンで覆われているため防雨性能が高く、泥水がかかる場所でも安全に操作できます。 ケーブルブッシング付属。

FOR./REV./STOP
ボタン表記は「FOR.」「REV.」「STOP」。適用ケーブルは公称断面積1.25m/m、線心数4。一般可逆型、質量約260g。

⇒ 押ボタンスイッチ(操作用防雨型) WBST223 春日電機

WBST223 スペック