脳波実験室のシールド内外の通話用マイクに関して


【ご質問】
NANZU NZ-2006Aについて教えて下さい。以前、Lonbonのインターホンを購入させて頂きました。脳波実験室のシールド内外での通話に使っていますが、おにぎり型の子機スピーカーが故障してしまったようで、後継のこの機種への買い換えを検討しています。

シールドルームの内外をコネクタパネルのミニステレオジャックで中継する必要があるのですが、従来型と配線の仕様は同一でしょうか?

【回答】
従来型のLonbon製SD-2002C+と現行のNZ-2006Aの子機の結線は同じステレオミニ(3.5φ3P)です。
ですので、現在お使いの中継結線(子機延長ケーブル)はそのままご使用頂けます。

⇒ 窓口インターホン NZ-2006A 詳細

路線バスで変換プラグを使ってもマイクの音が出ないとき

運転手用帽子掛けマイク
【ご質問】
路線バスで使用するのに帽子掛け型マイク(MIC-520BE)を購入しました。変換プラグも付属していたので、あらゆるバス用アンプにも対応できると思って購入したのですが、商品が届いて実際に試してみたところ、音が出ませんでした。今まで使っていたマイクはとても古く、型式などの記載もありませんし、バスアンプもどこの物かわかりません。購入したマイクでは使用できないのでしょうか?

【回答】
マイクの変換プラグは、プラグのサイズを変えるだけのものなので、変換プラグが付属していたところですべてのPAアンプやバス用アンプに対応できるわけではありません。

今回ご購入いただいたマイクは、エレクトレットコンデンサ型マイクとなっており、ダイナミック型対応アンプでは使えません。音が出なかったとなると、バス用アンプはダイナミックマイク対応の可能性があります。その場合、帽子掛け型マイク(MIC-520BE)は電源が必要なので、電源パワーモジュールが構成品に含まれている分離型クリップマイク(NZ-M863)があれば使用できると思います。

接続マイクはクリップマイクではなく、帽子掛け型マイク(MIC-520BE)につけかえれば使用できます。電源部には ON/OFF のスイッチもあるので、音声をカットしたい時には手元で簡単に操作ができます。

バス用アンプによっては給電式など、専用の特殊構造マイクではないと使用できないケースがありますので、バスアンプ・マイクはご確認の上ご注文下さい。ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

⇒ クリップマイク NZ-M863

イベント用拡声器パワギガEは予想以上の性能


イベント等に使用するため、物品購入する際の性能を把握したいと考えていました。

手ぶら拡声器を探していた際、貴社のHPにてパワギガEならデモ機を試せる事を知り、すぐ利用しました。課内での了承を得るためには、やはり実物を使ってみるのが最良と考えていますので、ちょうど良かったです。

使ってみて、予想通りというか、それ以上の性能でした。職場での評価も良かったので、今後は購入手続きに入ることと思います。今しばらくお待ち下さい。 S.Tさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

遊園地の券売窓口でのマイクシステム


遊園地の券売窓口にてお客様の声が届きにくく、日々に業務に支障が出ていました。

インターネットにて製品検索して窓口インターホン NZ-2006A のサンプル制度を知りました。短期間ではあるが無料サンプル品の貸し出しは便利ですね。

まずは1台導入が決まりました。後日追加で注文できると思います。

⇒ 窓口インターホン NZ-2006A 詳細