電波法改正(新スプリアス)特定小電力無線機器に関して


電波法関連法令 「無線設備規則の改正」により特定小電力無線機器(ワイヤレスマイク、ワイヤレスガイド、店内連絡用無線など)は電波を利用することから電波法で定められた技術基準を満足する必要があります。

TOA社製の特定小電力無線機器については、2005年の改正以降、改正後の技術基準で「技術基準適合証明・工事設計認証」を受けていますが、それまでにご購入いただいたお客様の一部の特定小電力無線機器(改正前の「技術基準適合証明・工事設計認証」のみを受けた特定小電力無線機器)は、猶予期限として2022年11月30日までしかご使用いただけません。

下記製品は猶予期限を過ぎて使うと電波法違反になりますので、ご注意下さい。

ハンド型ワイヤレスマイク
WM-250 WM-280 WM-290 WM-1200 WM-1210 WM-1250 WM-1260 WM-2200B WM-2200W ⇒ 2022年12月1日以降 使用不可

タイピン型ワイヤレスマイク
WM-350 WM-1300 WM-1310 ⇒ 2022年12月1日以降 使用不可

その他のワイヤレス機器
WM-450 WM-460 WM-1400 WM-1410 WM-110 WF-100 WF-110 ⇒ 2022年12月1日以降 使用不可

さらに製造時期(認証番号)により、同じ型式でも違反となるものと、そうでないものが混在するケースがございます。
TOA社製のワイヤレス機器に関してはこちら(PDF)でご確認下さい。

作業現場の機械音の中、マイクでノドの負担軽減


作業現場の機械音の大きな音の中で、声を張り上げなければ作業員に聞こえない等の不安があり、ノドに負担が掛かっていました。

ネットで拡声器を探していたところ、御社のホームページでパワギガを知りました。購入する前に試してみたかったのですが、無料で貸し出ししてもらえるという事だったので、連絡させてもらいました。

使ってみて、大変良かったので購入する方向で検討したいと思います。有線だとコードが少し邪魔になるかと思いましたが、無線だと値が張るので、そこも踏まえて検討させてもらいます。

無料サンプルありがとうございました。大変参考になりました。(株)J社 Kさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

増設用外部スピーカー NBN391-5m 窓口システムに対応


NANZU製の窓口インターホンに対応
窓口インターホン(NZ-2006A/NSD-2006DLPlus)の親機へ接続する増設用モニタースピーカーです。親機スピーカーよりも大きな音で聞くことができます。

ホールスタッフの会話を厨房でも聞き取りたい
例えば、飲食店のテイクアウト対応において、お客さまとホールスタッフの会話を厨房でも聞き取りたい場合に適しています。オーダーにいち早く反応して、調理を開始できます。

特殊接続コード5mが付属
窓口インターホン親機とモニタースピーカーを接続するための抵抗入り特殊コード5mが付属します。親機のREC端子へ接続ケーブル(ミニプラグ)を差し込みます。

音量調整が可能
精密ドライバー(マイナス)でモニタースピーカーの音量調整をすることができます。筐体を開ける必要がないので、設置後でも簡単に調整できます。

付属金具で簡単取付
付属取付金具で、天井及び壁に取り付けることができます。横方向及び縦方向に取付けても景観を損なうことがありません。向きを選ばずすスペースを有効活用できます。

⇒ 外部モニタースピーカー NBN391-5m 詳細

必死で大きな声を出そうとしても仕事に支障


病気で小さな声しか出せず、必死で大きな声を出そうとしていたが仕事に支障をきたしていました。

インターネットで会話補助機器を探していて、パワギガを見つけました。しかも無料で使用できるとのことなので、利用させて頂きました。購入する前に使えるか、使えないか判断できて良かったです。

私の場合は、オプション咽喉マイクより、標準ヘッドマイクの方が使いやすかったです。早速、市役所の方へ携帯用会話補助装置の申請をしてみます。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細