カテゴリー: DCアンプ・車載アンプのFAQ

移動販売車・広報車用・船舶用マイクアンプに関して良くあるご質問



カールコードマイクのコードの長さが少しだけ足りないときは


【ご質問】
船舶用アンプにつないで使っている、以前購入したハンドマイク(NZ-M350)がどうやら故障したようなので、すぐに代わりのものを購入したいと思っています。今まで使用していたマイクだと若干ケーブルの長さが短いのですが、もう少しだけ50センチ程度でいいのですが、長いものはありませんか?マイクの延長ケーブル10mなどを使用するほどの延長は不要です。

【回答】
ハンドマイク(NZ-M350)は、カールコード式のダイナミックマイクです。
同じような仕様のマイクで NZ-M351 というマイクがあります。カールコードを延ばさない状態でも NZ-M350 よりも10センチ程度長く、ケーブルも少しだけ細めで、硬さも違うので、延ばした時の延び具合が違います。(NZ-M351 の方が延びやすい)

楽にケーブルを延ばすことができ、比較すると同じ力で伸ばした時の長さも違います。力加減にもよりますが、50センチまで長くとまではいかないにしても、ケーブルの張り具合や使用感は違ってくると思います。先端のマイク部も小型・軽量で握りやすく、プラグ部も突起が少ないL型プラグなので、引っかけたりしての断線や故障も軽減されます。

⇒ カールコードマイク(NZ-M351)

選挙用広報車のアンプスピーカーの価格と種類は?


【ご質問】
選挙用広報車(プリウスアルファ)に載せるアンプスピーカーはどれくらいの価格で種類がありますか?

【回答】
DC12V車対応の車載用マイクアンプセットは、下記に掲載しておりますので、ご確認ください。

⇒ 車載用マイクアンプセット DC12V車用各種

10W出力のセットからありますが、出力の大きなタイプ程、より大きな音量で拡声することができます。選挙の規模や使用される環境、求める音量によって使用する機器は異なると思いますが、余裕があれば大きな出力のタイプをお勧めします。

大は小を兼ねるではありませんが、音量が大きすぎる場合は、ボリュームを絞って小さくできますが、小さな出力の機器を選定して音量が足らいない場合、機器を買い替えなくてはいけませんので。

SDカード対応の機種は、SDカードに音源を入れて差し込めば、音源を繰り返し放送できるSDプレーヤー付です。例えば40WSD付きアンプでスピーカー2台構成ですと C12-U40N2 というセットがございます。(SDカードは別売)

なお、お車のバッテリーで使用できるのは、60W出力のセットまでになります。(エンジンをかけている前提です)
60Wを超えるアンプセットは、アンプ用のバッテリーの搭載が別途必要になります。

CDデッキ付き車載マイクアンプ拡声器 12Vタイプは?


【ご質問】
今まで、カセットデッキ付きの12V車載マイクアンプを広報宣伝車に搭載していました。
故障したのでメーカーへ修理依頼したところ、修理不能で、交換しようにもカセットデッキ付きの車載マイクアンプは既に製造していないとのことでした。CDデッキ付きでも良いのですが、貴社で取り扱いがありますか?

【回答】
カセットデッキ付きに関しては、製造中止のため、レンタルのみ対応しています。選挙シーズンに需要が高まりますが、12V60Wタイプのカセットデッキ付き・IC録音対応のレンタルセットをご覧になって下さい。

⇒ 【レンタル】 12V60Wカセット付き選挙用拡声器セット(RENT-N65A5)

次にCDデッキ内蔵タイプに関してですが、
車載用ですと、耐震性能が求められるため、現時点(2019年)で純正品の12V車載マイクアンプCDデッキ内蔵タイプはございません。
ただ、船舶用(DC24V)のマイクアンプ MA-10CD を改造してDC12V対応にすることができます。弊社の特注仕様になりますので、詳細はお問合せ下さい。

路線バスで変換プラグを使ってもマイクの音が出ないとき

運転手用帽子掛けマイク
【ご質問】
路線バスで使用するのに帽子掛け型マイク(MIC-520BE)を購入しました。変換プラグも付属していたので、あらゆるバス用アンプにも対応できると思って購入したのですが、商品が届いて実際に試してみたところ、音が出ませんでした。今まで使っていたマイクはとても古く、型式などの記載もありませんし、バスアンプもどこの物かわかりません。購入したマイクでは使用できないのでしょうか?

【回答】
マイクの変換プラグは、プラグのサイズを変えるだけのものなので、変換プラグが付属していたところですべてのPAアンプやバス用アンプに対応できるわけではありません。

今回ご購入いただいたマイクは、エレクトレットコンデンサ型マイクとなっており、ダイナミック型対応アンプでは使えません。音が出なかったとなると、バス用アンプはダイナミックマイク対応の可能性があります。その場合、帽子掛け型マイク(MIC-520BE)は電源が必要なので、電源パワーモジュールが構成品に含まれている分離型クリップマイク(NZ-M863)があれば使用できると思います。

接続マイクはクリップマイクではなく、帽子掛け型マイク(MIC-520BE)につけかえれば使用できます。電源部には ON/OFF のスイッチもあるので、音声をカットしたい時には手元で簡単に操作ができます。

バス用アンプによっては給電式など、専用の特殊構造マイクではないと使用できないケースがありますので、バスアンプ・マイクはご確認の上ご注文下さい。ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

⇒ クリップマイク NZ-M863