カテゴリー: DCアンプ・車載アンプのFAQ

移動販売車・広報車用・船舶用マイクアンプに関して良くあるご質問

1 / 381231020最後 >>


パワギガのヘッドマイクを車載アンプでも使えるように


【ご質問】
先日、パワギガE(NZ-680-A)をサンプルで試させていただき、とてもよかったので早速商品も購入致しました。とても重宝しています。
使用者はそのヘッドマイクが気に入ったのか、車載アンプでも使用したいと、接続の口のサイズを変えるもの(変換プラグ)を買ってきてつないでみたのですが、音が出ないと言っていました。接続が間違っているのですか?

【回答】
車載アンプはダイナミックマイク対応のようですね。対して、パワギガ用マイク(MIC-806)はコンデンサマイクのため、ダイナミックマイク対応のアンプでは使用できません。ですので、単純に変換プラグでサイズを変えただけでは、マイク自体の構造が違うため、使えません。

もし、パワギガ付属のヘッドマイク(MIC-806)を使用するのであれば、電源パワーモジュールが必要となります。具体的には、分離型クリップマイク NZ-M863 のピンマイクの替わりにヘッドマイクを使用して、電源パワーモジュールに接続します。

ヘッドマイクに電源を供給させることでパワギガ用マイクがダイナミックマイク対応アンプでも使用できるようになります。

⇒ 分離型クリップマイク(NZ-M863)

クマ避けに車載アンプスピーカーでラジオを流したい


【ご質問】
夜間車でラジオを流し、クマ避け対策に使用したいと思い、車載アンプセットの購入を検討しています。今現在は、車内用のスピーカーでカーオーディオのラジオで流しているのですが、車内スピーカーは音量を上げても限度があり、あまり外までは聞こえません。

そこで車外にスピーカーを置いて流せば更に届くのではないかと思っています。車載用拡声器セット(C12-H11A5)は、そのような用途に使えますか?夜は車のエンジンをかけたままにして、スピーカーを車の上や近くにポンと置き、カーオーディオからラジオの音源をとって、流したいです。夜間だけなので、簡単に取り外しができる方がよいです。そのような用途で使用可能でしょうか?

【回答】
はい、可能ではありますが、音源をカーオーディオから取るのは難しいと思います。カーオーディオにはライン出力がないものがほとんどなので、アンプに音声を入力することができません。
ですので、携帯用のラジオやラジカセ、スマホアプリなどを車載アンプのライン入力に接続するのが宜しいかと思います。備品セット(CAR-U1)のスピーカーケーブルやシガレット電源プラグを事前に取り付けておくことで、手間がかからず使用することができます。

⇒ 車載アンプセット一覧(DC12V)
⇒ 車載用拡声器セット(C12-H11A5)

ジャンボタクシー(ミニバス)のスピーカーマイク


【ご質問】
ジャンボタクシー(ミニバス)の運転手で市内観光をしています。
運転席と後部座席のお客さまとの間の会話が聞こえづらいので、簡易的なスピーカーマイクを探しています。電源は、車のバッテリー(DC12V)で動作する適当な機器があれば、ご紹介下さい。

【回答】
チケット販売窓口用マイクロホンを流用するのは、いかがでしょうか。
通常、ACアダプターで動作しますが、アダプターの替わりにDC12V電源用ケーブル(またはシガレットプラグ)をご用意できますので、ジャンボタクシー(ミニバス)でも問題なく動作させることができます。

運転席側のマイクは、親機付属の卓上マイクも使えますが、付属ピンマイクを胸元へ留めて使うことも出来ます。後部座席のお客さま側へは直径65φの小さなスピーカーマイク(子機)を設置します。

ちなみに、REC端子(録音出力)もありますので、ICレコーダーなどへ接続して、会話内容を録音することもできます。

⇒ 窓口インターホン NZ-2006A 詳細

リヤカーに載せる車載アンプのバッテリー容量は?


【ご質問】
ヘッドマイク付き車載用拡声器セット C12-H11A5(DC12V 10W)の購入を検討しております。
町のお祭りで、神輿や山車の行列の後から、リヤカーに積んで、CDに録音したお囃子などの音楽を流したいと思っております。小型のCDラジカセなどをアンプに繋いで使うつもりです。ラジカセは乾電池で動くので良いのですが、車載用拡声器の電源で悩んでおります。

車用のバッテリーをリヤカーに1台積んで使おうと思いますが、どのくらいの容量のバッテリーを用意すれば良いのか分かりません。1日12時間くらいは使用したいと思っております。また、バッテリーとの接続方法はどのようにすればよいのでしょうか?
全く無知の為、お忙しい処お手を煩わせて恐縮ですが、宜しくお教え頂ければ幸いに存じます。

【回答】
ご検討頂いている車載アンプの定格出力時の消費電流が1.5Aと、アンプの定格出力の音量で鳴らしても、それほど大きな電流は流れませんので、軽自動車程度のバッテリー容量で12時間くらいは使用できるのではないかと思います。ただ、空になるまで使用するとバッテリーが壊れてしまいますので、なるべく余裕のある容量が大きめのタイプを用意した方が良いのではないかと思います。

バッテリーには、容量 ○○Ah(5時間率)のような容量表示がありますが、こちらが使える時間の目安になります。
例えば、5時間率容量が50Ahという表示のバッテリーでは、10A(容量÷時間率)の電流を流すと5時間で放電終止電圧になります。つまり、10Aの電流を5時間使うことができるということになります。単純計算で、半分の5Aだと10時間、その半分の2.5Aで20時間となります。
定格消費電流1.5AのC12-H11A5セットは、このクラスのバッテリーであれば、30時間程度は使えるわけです。条件によって変わりますので、あくまでも目安とお考えください。

アンプとバッテリーの接続ですが、
アンプの電源ケーブルは、切りっ放しになっておりますので、バッテリーの端子を挟むようなワニグチクリップや、ボルトで固定するようなOリング端子などに加工したほうが、バッテリーに取付け易いと思います。加工は別料金になりますが、弊社で取り付けて出荷する事もできますので、お気軽にご相談下さい。

車載用アンプセットは、音声出力が10W~60Wのタイプを用意しております。
ご検討頂いているセットは、音量的には一番小さなタイプですので、お祭りの規模や、どの程度まで音楽を届かせたいかにもよりますが、お祭りなど喧騒な環境で使用するのであれば、もう少し出力の大きなタイプを選択に入れて頂いても良いのかもしれません。余裕があるようであれば、より大きなの出力の拡声器セットをお勧めします。

小さな出力の機器をボリュームを最大に近い音量で使用しますと、音割れなどがおき易いですし、大は小を兼ねるではないですが、大きな出力の機器であれば、煩ければ音量を下げることはできますが、出力の小さなもので音量が足らないとなるとどうにもならず、一式買い換えなければならなくなってしまう事もありますので。

⇒ 車載用拡声器セット DC12V用 各種

ヘッドマイク付き車載用拡声器セット C12-H11A5

1 / 381231020最後 >>