カテゴリー: ショルダーメガホン

肩掛式メガホン、選挙用大型メガホン、ワイヤレスメガホンなどの情報



選挙用途に最適な無線メガホン ER-2830W-ML


駅頭選挙演説に適した大型の無線式メガホンです。通常は単1乾電池×10本で動作しますが、オプションの車載シガレットやACアダプターで動作させることもできます。

ワイヤレスマイク送信機(トランスミッター)に接続できるマイクは3種類(ヘッドマイク/ピンマイク/ヘッドマイク)が付属。このうち2つを送信機に接続して同時に使用できます。例えば、立候補者がピンマイクで話して、アシスタントや司会進行者役の方がハンドマイクを使うということもできます。

さらに、外部マイク端子もあるため、有線マイクや増設用コードレスマイクを追加することもできます。 ※コードレスマイクの増設には、受信機とボリュームツマミが近く物理的に競合するため、短めの延長コードを推奨しております。詳細はお問合せ下さい。

なお、無線メガホン ER-2830WMLはレンタルにも対応しております。選挙シーズンには需要が多くなりますので、お早めにお申し込み願います。

⇒ 【レンタル】マルチマイク型ワイヤレスメガホン RENT-2830WML

⇒ マルチマイク型ワイヤレスメガホン ER2830W-ML

納期情報 大型メガホン NZ-541S 約1ヶ月


来月に迫っている統一地方選挙の需要増により、NANZU製の大型ハイパワーメガホン NZ-541S が欠品となりました。次回発送予定は、4月末頃なので約1か月待ちとなります。

既に次回分も多くのご予約を頂いていますので、検討中のお客さまにおきましては、なるべくお早めのご注文をお勧め致します。

NZ-541S 欠品に伴い、同シリーズのコードレスメガホン各種の納期も同じ状況(4月末頃)となります。下記商品は、いずれも同様です。

  1. ハンドマイク型コードレスメガホン NZ541S-HE
  2. ピンマイク型コードレスメガホン NZ541S-TW
  3. ヘッドマイク型コードレスメガホン NZ541S-TH

SDレコーダー付き防水拡声器のレンタル RENT-300SD


イベントや体育大会など雨天時にも安心
本体部はIPX5防水性能。突然の雨でも安心です。付属ハンドマイクも防滴設計(IPX4)は、使用しないときは本体背面に収納でき、持ち運びの際もマイクコードが邪魔になりません。ワイヤレスチューナーが1台内蔵なので、同じく防滴仕様のレンタルマイク RENT-3400 (別売)との組み合わせでワイヤレス化が実現できます。

SDレコーダーユニット内蔵
SDカードを使ってMP3方式で録音・再生ができます。リピート機能搭載、インターバル再生も可能です。メガホン本体のSD操作ボタンで再生や停止が行えるので、操作も簡単です。

300MHzワイヤレスチューナー内蔵
300MHz帯ワイヤレスチューナーを1台内蔵していますので、UNIPEX製300MHzワイヤレスマイクをお持ちであれば受信拡声が可能です。ワイヤレスマイクもあわせてレンタルされる場合は下記をご覧下さい。

⇒ レンタルメガホン RENT-300SD 詳細

⇒ レンタルワイヤレスマイク RENT-WM3400 詳細

大出力メガホンをハンドフリーで使えるマイクは?


【ご質問】
貴社の大出力メガホン(NZ-541S)を利用させていただいております。
両手を空けて使用したいので、ハンドフリーで使えるマイクを探していますが、この製品のAUX端子に適合するヘッドセット型マイクは、どれが適当でしょうか?

【回答】
ハイパワーメガホン(NZ-541S)をご愛用頂きありがとうございます。NZ-541Sでは、下記のヘッドセット型マイクが使用いただけます。

まず1つ目は、コードレスヘッドマイク(NZ-210CTH)です。Blietoothを使用した送・受信機とヘッドマイクの増設用コードレスマイクセットになります。

受信機をNZ-541SのAUX入力端子に接続して頂くことで、ハイパワーメガホンがワイヤレスのメガホンに早変り。送・受信機の送信距離は、見通しの良いところで、最大20m。送信機とヘッドマイクを身に付け、メガホンから離れて身軽に動き回る事もできます。

⇒ コードレスヘッドマイク(NZ-210CTH)詳細


もう1つの商品は、有線タイプのヘッドマイクになります。
分離型ヘッドマイク(NZ-M866)という商品で、こちらもハイパワーメガホン(NZ-541S)のAUX端子に接続して、ハンドフリーでマイクが使用できます。

ハイパワーメガホンとはケーブルで繋がりますので、動ける範囲は、マイクケーブルの長さの範囲内ということになります。電源パワーモジュールのケーブルは約5m、ヘッドマイクのケーブルは約1.2m、合計で約6.2mありますので、かなり余裕のある長さではないかと思います。

電源パワーモジュールにON/OFFのスイッチがありますので、手元でマイクの入り切りをすることができます。

⇒ 分離型ヘッドマイク(NZ-M866)詳細