カテゴリー: マイク・マイクロホンのFAQ

有線マイク、卓上マイクなどに関して良くあるご質問



ノドマイクを既存のマイク放送設備で使うには?


SH-12jK
+
NZ-210C
= コードレス咽喉マイク
NZ-210CjK

【ご質問】
現在使っているマイク放送設備でNANZU製の咽喉マイクを使いたいと考えています。動きながら使うためワイヤレスマイクとして使うことは出来ないでしょうか?

【回答】
現在の放送設備がダイナミックマイク(6.3mm 標準プラグ)に対応していれば、NZ-210CjK というセット品を使うことが出来ます。

持ち運びに便利なパワギガなどの小型拡声器に接続される場合は、NZ-210CjK-P(又は NZ-210CjKL-P)をお求め下さい。

ワイヤレス周波数帯域はBluetooth方式のため電波の届く距離は最大20m程となります。送受信機部分はそれぞれ単4乾電池×2本で動作します。

⇒ コードレス咽喉マイクの詳細

⇒ 手ぶら拡声器対応コードレス咽喉マイクの詳細

歯科医院の患者呼び出し用マイクのロック機構に関して


【ご質問】
歯科医院で患者さまの呼び出しマイクとして NZ-M546 を使っています。
大変使いやすく重宝していますが、ごく稀に(意図せず)マイクスイッチをロックしてしまい音声が入りっぱなしになることが有ります。ロックが掛からないように改造することは出来ないでしょうか?

【回答】
送って頂きましたら、マイクスイッチの結線を改造することでロック側に倒してもマイクが入らないようにすることはできます。

ですがマイクを送って頂かないといけないですし、改造費用も発生してしまいます。ですので、もっと簡単に(物理的に)ロック側に倒れないようにするのはいかがでしょうか。

具体的には写真のようにロック側(下方向)へはスイッチが倒れないように固形物を貼付する方法です。写真では硬めのウレタンスポンジを両面テープで貼付しています。参考にして下さい。

⇒ 卓上型デスクトップマイクロホン NZ-M546

カラオケ用コードレスマイクの新スプリアス電波法に関して


【ご質問】
電波法にて新スプリアス規定により、今年2022年12月1日以降、旧スプリアス規格の特定小型無線機器の使用が制限されるということですが、私どもが現在使っているカラオケ用マイク NZ-210DHE は、該当商品に当たるのでしょうか?

【回答】
この商品は新スプリアス規格に合致しておりますので、今年12月1日以降も問題なく使うことができます。どうぞご安心下さい。

なお、この商品はエコーマイク(NZ-M502A)、Bluetooth送信機(NZ-W210D)、Bluetooth受信機(NZ-W210R)のセットになっております。電波法が関係するのは送信機と受信機です。

⇒ コードレスモジュール&エコーマイク NZ-210DHE

パーティションマイクで音声がガーガー鳴るのは?

NZ-2006A 窓口会話装置
【ご質問】
パーティションマイクを本日使用しようとしましたら、スピーカー側(子機)から音声が聞こえない(雑音がガーガー鳴る)状態になりました。本体側からも音声が聞こえません。

これは本体またはスピーカーが故障しているのでしょうか?
何かこうしてみたら、という方法がありましたらご教示ください。また修理等の受付はしていただけるものでしょうか?

【回答】
雑音が出る状態ですと、親機本体と子機スピーカーの接続コードの接触不良が疑われます。プラグが抜けかかり奥まで差し込まれていないと、ご指摘の症状が発生致します。いま一度、接続をご確認下さい。

それでも直らない場合、接続コード劣化が疑われます。プラグ根元や子機のコード出口付近で切れかかる場合がございます。もしコードを動かして、状態が良くなったり悪くなったりする場合は、接続コードの劣化または切れかかりと思われます。
この場合は子機だけの交換で対応頂けます。(子機だけの単品注文も承っております)

点検・修理を依頼する場合は、弊社にて対応しておりますので、不具合のインターホン一式(本体、子機、ACアダプター)を弊社までお送りください。届き次第点検させて頂き、修理前にお見積りを出させて頂きます。

送付前に、【修理に関して】をご確認下さい。修理依頼書(PDF/GIF)を印刷し、必要事項を記入の上、修理品に同梱頂けますと、スムーズに進めることが出来ます。

修理に関しての詳細(修理依頼書等)