カテゴリー: マイク・マイクロホンのFAQ

有線マイク、卓上マイクなどに関して良くあるご質問

1 / 1111231020最後 >>


ジャンボタクシー(ミニバス)のスピーカーマイク


【ご質問】
ジャンボタクシー(ミニバス)の運転手で市内観光をしています。
運転席と後部座席のお客さまとの間の会話が聞こえづらいので、簡易的なスピーカーマイクを探しています。電源は、車のバッテリー(DC12V)で動作する適当な機器があれば、ご紹介下さい。

【回答】
チケット販売窓口用マイクロホンを流用するのは、いかがでしょうか。
通常、ACアダプターで動作しますが、アダプターの替わりにDC12V電源用ケーブル(またはシガレットプラグ)をご用意できますので、ジャンボタクシー(ミニバス)でも問題なく動作させることができます。

運転席側のマイクは、親機付属の卓上マイクも使えますが、付属ピンマイクを胸元へ留めて使うことも出来ます。後部座席のお客さま側へは直径65φの小さなスピーカーマイク(子機)を設置します。

ちなみに、REC端子(録音出力)もありますので、ICレコーダーなどへ接続して、会話内容を録音することもできます。

⇒ 窓口インターホン NZ-2006A 詳細

グループミーティングでのスピーカーマイク

【ご質問】
 今般、広めの会議室でグループミーティングを行いました。高齢者の参加者が多く、参加者の席も離れているため、発言内容が聞き取り辛いことが多々ありました。そこで、次回開催時にはマイクを準備することを検討しています。

 進行をスムースにするため、マイクを受け渡すことなく、机上に各人用のスピーカーマイクを用意したいと考えています。会議システムのレンタル品では、ケーブルの引き回し工事が面倒なようなので、もう少し簡易的な(配線工事不要の)スピーカーマイクはないでしょうか?

【回答】
 会議用マイクシステムとして、卓上型拡声器(レンタル)は如何でしょうか。

操作が簡単なので高齢者でも使いやすいスピーカーマイクです。ご要望の『配線工事不要』『一人1台』にもマッチしていると存じます。卓上スタンドへスピーカー本体を約45度の角度で立てかけられます。また、手持ち式マイクにはスライド式スイッチが付いており、発言者自身が手元でマイクON-OFFを切り替えることができます。

⇒ 【レンタル】会議に適した卓上型拡声器 RENT-4DST

作業連絡装置の親機マイクのコードレス化は?


【ご質問】
作業連絡装置(NZ-2007BX-20m)を購入しました。納品された商品の中に入れていただいたカタログで、コードレスマイクモジュールというものを見て、興味があったので連絡しました。
コードレスマイクモジュールを作業連絡装置の親機マイクとして使用することは可能ですか?例えば、何かコネクターやアダプターで変換し接続して使える方法はありませんか?もしコードレスで使えれば、非常に指示が出しやすいなと、期待しております。

【回答】
ご希望の用途ではコードレスモジュールを使用できません。
作業連絡装置(NZ-2007BX-20m)の附属マイクは5Pメタルコンセントですし、マイク結線が一般的なダイナミックマイクと異なる特殊結線となっています。仮にコネクター形状を変換するアダプターなどで接続しても、動作は致しません。

⇒ 作業連絡装置の詳細に関して

お寺のマランツ製ワイヤレスマイクが故障、代替品は?


【ご質問】
現在、お寺で古いマランツのワイヤレスマイク(800MHz)を2本使用しています。そのうちの1本が壊れて使えなくなってしまいました。古いものなので、既に販売完了品で、保守・修理も終了しているようです。同じ周波数帯なら使用できるかと思い、パナソニック製のもので試してみましたが、使えませんでした。

まだ1本は使えているのでこのアンプとマイクを使っていきたいとは思うのですが、ワイヤレスマイクが1本しか使えないのは不便です。どうにかしてワイヤレスマイク2本を使えるようにする方法はありませんか?できれば今のものと混信せず、同時に使用したいです。そして今は、その場しのぎでワイヤレスマイク1本と有線マイク1本を使っている状態です。

【回答】
マイク入力端子があるようですので、コードレスマイク&モジュール(NZ-210DHE)を推奨致します。

こちらの商品はBluetooth方式なので、お使いの800MHz帯と混信する心配がありません。800MHz帯のものと比較すると送受信可能距離は最大約20mと短くなりますが、リーズナブルな価格で簡単にコードレスマイクを使用することができます。手動でのチャンネル設定もなく、送受信機の電源を入れれば自動ペアリングされるので、使用方法も簡単です。受信機をアンプのマイク入力端子に接続するだけの簡単操作で使用できます。

ご注意いただきたいのが、受信機ボディーには乾電池が入るため、通常の有線マイクのプラグに比べて太く、受信機の筐体がアンプのボリュームつまみや隣の入力端子の接続プラグなどに当たってしまって上手く挿し込めない場合があります。

そういった場合の対処法として、簡易マイクミキサーとのセット(NZ-210DHE1S)にしておくといいと思います。

ミキサーのプラグであれば干渉することなく接続でき、なおかつ3つのマイクを同時に使用ができるマイク混合器です。コードレスマイクを増設したうえ、今お使いの有線マイクを接続することもできますので。

⇒ コードレスマイク1本・ミキサーセット NZ-210DHE1S

1 / 1111231020最後 >>