カテゴリー: その他メーカー



カールコード式スパイラル機器接続用コード


カールコード式スパイラルコード
伸び縮みするカールコード式のスパイラルコードなので、取り回しが良く整理できます。

縮んだ状態で約30cm
プラグ根元から根元までの長さは縮んだ状態で約30cm。約1mくらいまでは延ばして実用的に使用できます。(もっと延ばせますが、テンションが大きくなり過ぎるので1m位までが妥当です)

オーディオ用ステレオミニプラグ
ステレオミニプラグ対L型ステレオミニプラグのオーディオ接続コードです。片側のプラグはストレートタイプ、もう片側はL型タイプです。

パワギガ接続に好適
好評を博しているNANZU製パワギガシリーズの外部機器接続コードとして好適です。また、多言語翻訳拡声器パワギガ翻での翻訳機の接続にも適しています。

⇒ オーディオコード スパイラル機器接続ケーブル 詳細

スマフォ着信音スピーカーのコードを50m延長


【ご質問】
スマフォ用着信音スピーカー KZT-370-T1について質問です。
これを設置する場合は、アンプとスピーカ設置距離が40~50mでも延長可能ですか?また、設置・使用に際しに特に行政の許認可不要でしょうか?

【回答】
着信音スピーカー NZT-370-T1のスピーカーケーブルを40~50m延長することは可能です。ご希望の長さの延長ケーブルを用意できますので、ご注文の際、お気軽にお申し付け下さい。

行政の設置の許認可の件ですが、特に許認可が必要な機器ではありません。ただ、騒音条例等、お住まいの地域での規制がある可能性もありますので、そのあたりは市役所等に確認してみてください。

⇒ 着信音スピーカー NZT-370-T1 詳細

同時通訳可能な48か国語とポータブル翻訳スピーカー


パワギガホン翻(ほん)に採用されている翻訳機は48か国語に対応しています。翻訳言語の選択はメニュー操作で簡単に48言語から選択できます。例えば『日本語⇔英語』/『日本語⇔中国語』/『日本語⇔韓国語』などの切り替えも容易。

対応する言語は下表の通りです。

日本語(日本) フランス語(フランス) タミル語(インド)

北京語(中国) イタリア語(イタリア) ヒンディー語(インド)

広東語(中国) 韓国語(韓国) マレー語(マレーシア)

英語(アメリカ) オランダ語(オランダ) フィリピン語(フィリピン)

英語(オーストラリア) ポーランド語(ポーランド) クメール語(カンボジア)

英語(カナダ) ポルトガル語(ブラジル) ネパール語(ネパール)

英語(イギリス) ポルトガル語(ポルトガル) サンガ語(スリランカ)

英語(インド) ロシア語(ロシア) スワヒリ語(タンザニア)

英語(ニュージーランド) スウェーデン語(スウェーデン) トルコ語(トルコ)

アラビア語(エジプト) タイ語(タイ) ギリシャ語(ギリシャ)

デンマーク語(デンマーク) チェコ語(チェコ共和国) ブルガリア語(ブルガリア)

ドイツ語(ドイツ) ルーマニア語(ルーマニア) セルビア語(セルビア)

スペイン語(スペイン) ハンガリー語(ハンガリー) ウクライナ語(ウクライナ)

スペイン語(メキシコ) ベトナム語(ベトナム) ヘブライ語(イスラエル)

フィンランド語(フィンランド) アラビア語(サウジアラビア) アラビア語(イスラエル)

フランス語(カナダ) インドネシア語(インドネシア) アラビア語(アラブ首長国連邦)

持ち運び便利な超小型拡声器パワギガEと翻訳機を接続することで、外国語でのご案内、注意喚起、避難誘導等を誰でも行うことができるようになります。

⇒ 48か国語翻訳機能付き拡声器 パワギガ翻の詳細

工事現場でAP-1Mの代わりにNT102AC-T1が使えますか?


【ご質問】
現在、現場でAP-1Mを使っています。
類似機能があるNT102AC-T1(10W)セットという製品は代替えで使えるでしょうか?

【回答】
ご使用されているAP-1Mは、双方向で通話できる連絡システムですが、お問い合わせ頂いた簡易放送アンプセット NT102AC-T1は、片方向の放送システムになります。

アンプ親機側から子機スピーカーへの一方通行のマイク放送で良いのであれば、使用できますが、AP-1Mのように双方向の連絡には使用できません。

アイホン社製のAP-1Mは、メーカーで廃番になってしまっておりますので、代替として多くの導入実績のある防水作業用連絡用システム NZ-2007Eを後継機としてご案内いたします。

AP-1Mと操作は多少異なりますが、同じように、親機と子機マイク兼スピーカーとの間で双方向の連絡をとることができます。
基本の動作は、親機の電源を入れると、子機のマイクがON、子機側の音声が親機側モニタースピーカーより拡声。親機マイクのトークスイッチを押すと、子機マイクはOFF、親機側からの音声が、子機スピーカーから拡声されます。

子機側のマイク兼スーカーは防水タイプですので、水のかかるような現場でも使用頂けます。親機は非防水です。トンネル工事や立坑での工事、各種工事現場等の有線の連絡装置として、多くの実績があります。子機ケーブルの長さはご希望に応じてご用意できますので、ご相談ください。

⇒ 作業連絡装置 NZ-2007E-100m 詳細