カテゴリー: その他メーカー

1 / 1912310最後 >>


人感センサーの検知範囲に関して


人感スピーカー(NZA-220R/NZA-220U)の内蔵の人感センサーは、前方約120°方向に約3mの範囲内で温度差にて(体温を検知して)反応します。

もっと狭い範囲で検知したい場合は、付属の感度範囲調整パイプをセンサー部へ貼付して下さい。 感知範囲調整パイプは、約15mmのものが付属しています。15mmを貼付した場合の検知範囲は約30°、10mmを貼付した場合は約60°となります。

また、設置場所を選定する上での注意事項としては、

  • 室内設置用です。防水仕様ではないので、屋外での設置、使用はお避け下さい。
  • 電気機器の近くには設置しないで下さい。
  • エアコンの近くには設置しないで下さい。
  • 温度変化が激しいところには設置しないで下さい。誤動作する可能性があります。
  • 急な温度差を感知して、反応します。気温が30℃以上の場合、通常の反応距離より短くなります。
  • 人の体温が約37℃のため、気温が37℃以上になると、正常に作動しません。

⇒ 録音メッセージマシン(人感センサー内蔵) NZA-220R

地震・台風・水害時の注意喚起に有効なサイレン音


全長わずか25cm
全長約25cm(250mm)と小型ながら定格18W(最大25W)出力の肩掛け式メガホンです。

サイレン警告音&ホイッスル音が付属
地震・台風・水害など災害時の避難喚起に有効なサイレン音を内蔵しています。また、部活やスポーツ練習などに役立つホイッスル音も内蔵しています。サイレンは消防車のような「ウゥーウゥー」の繰返し、ホイッスルは甲高い笛のような「ピィー」音が鳴り響きます。

肩掛式カールコードマイク
メガホン本体はストラップで肩から提げて、カールコード式マイクを片手で持って放送します。マイクとスピーカーを離す程、ハウリングが起こりにくくなります。

⇒ 小型パワフルメガホン NZ-584RSW 詳細

デジタルガイドシステムのラインナップ

ツアーガイド、展示施設、博物館、水族館、寺院案内、同時通訳ガイドなどに適したデジタル方式の無線ガイドシステムの詳細は下記バナーからご覧いただけます。

トランスミッター(送信機)インカム、レシーバー(受信機)、充電器のセット品は、レシーバーの台数により、5台セット、10台セット、15台セット、20台セットを準備しています。


音声ガイドシステム 5台セット
音声ガイドシステム 10台セット
音声ガイドシステム 15台セット
音声ガイドシステム 20台セット
ガイドレシーバー
多機能インカム

なお、充電器は20連なので、1台~最大20台までをまとめて充電することができます。

⇒ デジタル音声ガイド 10台セット NZD-TH1-10

Bluetoothスピーカー SRS-XB60とマイクの干渉は?


【ご質問】
コードレスピンマイク1個&ミキサーセット(NZ-210CTW1S)の購入を考えておりますが、接続先が SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60 の予定です。素人なので分からないのですが、両商品共にBluetoothでの接続になると思いますが、お互い干渉はしないでしょうか?

【回答】
Bluetoothは、基本的に1対1でペアリングして、ペアリングした機器同士でのみ通信します。ペアリングしていない他の機器と混線してしまうことはありません。

ですので、SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60で、Bluetooth対応の音楽プレーヤー等の音楽を鳴らしながら、コードレスピンマイク1個&ミキサーセット(NZ-210CTW1Sを使って)で音声をミキシングして放送するようなことも問題なくできます。

どちらもBluetoothを使った機器ですが、コードレスピンマイクは、コードレスマイクの送・受信機間でペアリングし、SRS-XB60は、音楽プレーヤーなどの機器とペアリングして使用されることになりますので、お互いに別々のチャンネルでペアリングされます。コードレスマイクの受信機は、スピーカーのマイク入力に接続して使用しますので、SRS-XB60自体とBluetoothで繋ぐわけではありませんので、干渉・混線無く使用することができます。

ただ、Bluetoothに限らず、電波を使用した無線機器は、電波が多く使用されているような環境では、他の電波の干渉を受け、ノイズや音の途切れなどがおきてしまう可能性はあります。その点はご了承下さい。

上記したように、Bluetoothの機器は、ペアリングしてしまえば、お互い混信しないで使用できますが、ペアリングの段階では、注意が必要です。
同じBluetoothの機器同士ですので、複数の機器がペアリングできる状態で、相手を探していると、近くのペアリングし易い機器とペアリングしてしまいます。NZ-210CTW1Sの送信機とスピーカーのSRS-XB60、ipodとNZ-210CTW1Sの受信機、といったように、誤った組合せでペアリングしてしまう可能性が
あります。

正しい組合せでペアリングできるように、複数の機器の電源を同時に入れず、スピーカーと音楽プレーヤーをまずペアリングさせ、完了したら、コードレスピンマイクの送受信機の電源を入れて、ペアリングをさせるようにして頂けますと、正しい組合せで簡単にペアリングできると思います。

⇒ コードレスピンマイク1個&ミキサーセット NZ-210CTW1S

1 / 1912310最後 >>