カテゴリー: その他メーカー



防災訓練や災害時の避難誘導用の肩下げ式メガホン

【ご質問】
防災訓練や災害時の避難誘導で使用する肩下げ式メガホンを検討しています。
騒音化での使用が想定されるので、なるべく大きな音がでて、マイクロホンだけではなく警告音も流せるメガホンはどのタイプでしょうか?

【回答】
肩へ掛けられるショルダー式メガホンで、音声出力が大きく、なお且つ警告サイレン音(ウゥーウー音)を出すことが出来るタイプを2つご案内致します。

まず1つめは、雑踏の中での選挙演説でも使われる大型ハイパワーメガホンです。メガホンとしては最大クラスのサイズで口径300mm 全長460mmほどございます。乾電池の他、外部12V電源(オプション:シガレットプラグ)でも動作します。

⇒ 大型ハイパワーメガホン NZ-541S


次にご紹介するのは、大きさが対照的な小型パワフルメガホンです。手のひらに乗せられるほどの小さなサイズでありながら、充分な音量がございます。

⇒ 小型パワフルメガホン NZ-584RSW

人感センサーの検知範囲に関して


人感スピーカー(NZA-220R/NZA-220U)の内蔵の人感センサーは、前方約120°方向に約3mの範囲内で温度差にて(体温を検知して)反応します。

もっと狭い範囲で検知したい場合は、付属の感度範囲調整パイプをセンサー部へ貼付して下さい。 感知範囲調整パイプは、約15mmのものが付属しています。15mmを貼付した場合の検知範囲は約30°、10mmを貼付した場合は約60°となります。

また、設置場所を選定する上での注意事項としては、

  • 室内設置用です。防水仕様ではないので、屋外での設置、使用はお避け下さい。
  • 電気機器の近くには設置しないで下さい。
  • エアコンの近くには設置しないで下さい。
  • 温度変化が激しいところには設置しないで下さい。誤動作する可能性があります。
  • 急な温度差を感知して、反応します。気温が30℃以上の場合、通常の反応距離より短くなります。
  • 人の体温が約37℃のため、気温が37℃以上になると、正常に作動しません。

⇒ 録音メッセージマシン(人感センサー内蔵) NZA-220R

地震・台風・水害時の注意喚起に有効なサイレン音


全長わずか25cm
全長約25cm(250mm)と小型ながら定格18W(最大25W)出力の肩掛け式メガホンです。

サイレン警告音&ホイッスル音が付属
地震・台風・水害など災害時の避難喚起に有効なサイレン音を内蔵しています。また、部活やスポーツ練習などに役立つホイッスル音も内蔵しています。サイレンは消防車のような「ウゥーウゥー」の繰返し、ホイッスルは甲高い笛のような「ピィー」音が鳴り響きます。

肩掛式カールコードマイク
メガホン本体はストラップで肩から提げて、カールコード式マイクを片手で持って放送します。マイクとスピーカーを離す程、ハウリングが起こりにくくなります。

⇒ 小型パワフルメガホン NZ-584RSW 詳細

デジタルガイドシステムのラインナップ

ツアーガイド、展示施設、博物館、水族館、寺院案内、同時通訳ガイドなどに適したデジタル方式の無線ガイドシステムの詳細は下記バナーからご覧いただけます。

トランスミッター(送信機)インカム、レシーバー(受信機)、充電器のセット品は、レシーバーの台数により、5台セット、10台セット、15台セット、20台セットを準備しています。


音声ガイドシステム 5台セット
音声ガイドシステム 10台セット
音声ガイドシステム 15台セット
音声ガイドシステム 20台セット
ガイドレシーバー
多機能インカム

なお、充電器は20連なので、1台~最大20台までをまとめて充電することができます。

⇒ デジタル音声ガイド 10台セット NZD-TH1-10