カテゴリー: 手ぶら拡声器

手ぶら拡声器シリーズの情報

1 / 2361231020最後 >>


パーキンソン病の音声障害の補助金申請


【質問】
咽喉マイクおよびパワーギガは、パーキンソン病等の難病の、音声障害の方で日常生活用具として、申請することは可能でしょうか?

【回答】
咽喉マイクとパワギガMは、携帯用会話補助装置として、パーキンソン病やALSなどの難病で、発声障害のある方も、日常生活用具の給付申請はできます。給付決定が下りた実績もございます。

ただ、日常生活用具給付の補助制度は、あくまでも各自治体主体の補助金ですので、給付の可否は各自治体の判断となります。
自治体の方針等や申請される方の状況、障害者手帳の等級(発声障害が含まれるかなど)によるようですので、一度、自治体の福祉課等の担当部署に相談してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、日常生活用具給付券申請の場合は、パワギガM(NZ-691-W)+咽喉マイクセットという構成になります。申請はご購入前にする必要があり、ご購入後の事後申請はできませんので、ご注意下さい。

申請の際に貼付する見積書の発行も承って下りますので、お気軽にお申し付け下さい。

⇒ 携帯用会話補助装置(日常生活用具給付券)に関して

音の大きさ、拡散範囲ともに充分なパワギガE

NZ-680-A パワギガE
インターネットでパワギガEをみて、実際の使用感を確認したいと考えサンプル品をすぐに利用しました。

無料でお試し(片道送料のみ負担)できるが良いですね。音の大きさ、拡散範囲ともに充分なものでした。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

観光案内ガイドで後ろまで声が届かない時に


観光案内ガイド時、人数が多くなると後ろまで声が届かないことがあったので、持ち運び便利なマイクを探していました。

御社HPでパワギガ(手ぶら拡声器)を拝見して、パワギガEなら無料お試しが出来ることを知り、利用しました。手続きが簡単なのは良いですね。

使ってみてハウリングが起こりにくく、持ち運び便利な高性能の拡声器であることを実感しました。
O公社 Kさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

今までのハンズフリー拡声器より使い勝手が良く音もクリア


現在使用しているハンズフリー拡声器よりもワット数(音声出力)が大きくて、より鮮明に声が通るものが無いか、インターネットで探していてパワギガE(手ぶら拡声器8)を知りました。

社内で相談して、その後、無料試用を利用させて頂きました。20Wがどのくらい聞こえるのか無料で試せるのが後押ししました。

現在使用しているものよりも小型で使い勝手が良く音もクリアに聞こえてとても良かったです。導入を変え向きに検討させて頂きます。ありがとうございました。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

1 / 2361231020最後 >>