カテゴリー: 手ぶら拡声器

手ぶら拡声器シリーズの情報。NANZU製の手ぶら拡声器1~9までの情報が掲載されています。頭に装着するマイクなのでハンズフリー拡声が実現できます。



少しでも会話が楽になればとスティックマイクで


病気のため発声困難となり会話が不自由で困っていたところ、福祉関係でケアマネージャーさんにパワギガを紹介して頂きました。
スティックマイク
少しでも会話が楽になれば良いという思いもあり、すぐに(パワギガ無料サンプル品を)取り寄せました。

私の場合は、ヘッドマイクや咽喉マイクより、手持ち式のスティックマイクが良かったです。3ケ月程のレンタルにするか、購入にするかを検討します。
O.Yさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

外部マイクを足踏みでON/OFFするフットプレススイッチ

足踏みスイッチ
踏んだ時だけ外部マイクON
NANZU製の窓口インターホンのオプション品です。ペダル踏み込み時に外部マイクがONとなるフットスイッチです。

ピンマイクやヘッドマイクに対応
窓口インターホン NZ-2006A および NSD-2006DLPlus の標準構成ピンマイクやオプションのヘッドマイクに対応しています。

カウンター業務と電話受付の兼用に便利
窓口カウンター業務と電話受付業務を兼用される場合、親機マイクスイッチを切り忘れると、電話で話している声をマイクで拾ってしまいます。このフットスイッチを使えば、踏み込んだ時だけ外部マイクが有効となるので、無意識のうちにスイッチ切り忘れを防ぐことができます。

ノーマリーオープンにカスタマイズ済み
ZOOM製FS01はノーマリークローズ/アンラッチですが、ノーマリーオープン/アンラッチにカスタマイズ済み。踏み込まなければ外部マイクはOFFのままです

【よくあるご質問】
パワギガシリーズ(パワギガSパワギガEパワギガM)でフットプレススイッチが使えますか?というご質問を多く頂きますが、NZ-FS01であれば問題なく使えます。

⇒ フットスイッチ NZ-FS01 詳細

ケアマネの紹介でパワギガと咽喉マイクで発声補助


発声が困難になり、会話が不自由で困っていました。福祉関係でケアマネージャーさんに紹介して頂いてパワギガと咽喉マイクのデモ機(無料サンプル品)を取り寄せました。
少しでも会話が楽になればよいという想いがあり、すぐに申し込みました。

ヘッドマイクは私の使い方では合わなかったが、咽喉マイクは良かったです。音量的には十分すぎるくらいでしたので、デモ機よりも出力の小さいスタンダードタイプ(パワギガS)と咽喉マイクを注文します。

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

⇒ 咽喉マイク SH-12jK の詳細

かなり耳の遠い母でも聞こえるマイクスピーカー

NZ-680-A パワギガE
安い買い物ではないだけに、購入してから使い方がわからないとか思っていたものと違いがあったときの不安と迷いがありました。

インターネットで探していて貴社のパワギガ無料サンプルというのが目に留まりました。返送時送料だけでお試しは無料とのことだったので、すぐに申し込みました。

手軽なうえ、感度が良いのが気に入りました。かなり耳の遠い母にも試してみたら、よく聞こえると言うことなので購入したいと思います。 K.Oさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細