カテゴリー: 手ぶら拡声器のFAQ

手ぶら拡声器に関して良くあるご質問



調理実習で三角巾をしている時のヘッドマイク装着方法


【ご質問】
先日、パワギガE(NZ-680-A)ピンマイク(SH-13TP)を購入し、調理実習で説明する時に使っています。三角巾をしているので、ヘッドセットマイクだと装着しにくいかな?と思い、ピンマイクを一緒にオーダーしましたが、ピンマイクだとハウリングが起こりやすいようです。ハウらない方法やコツなど、気を付ける点があったら教えて下さい。

【回答】
ピンマイクはヘッドマイクに比べて装着位置が口元から離れるのとスピーカーに近くなることから、どうしてもハウリングが起きやすくなってしまいます。

胸元より襟など、なるべく口元に近いところにマイクを取り付けて下さい。また、スピーカーとマイクが近すぎないよう、スピーカーのストラップを長めにしていただいたり、スピーカーから出力された音声が反響してマイクで拾ってしまうのを防ぐためにスピーカー向きは開けた方向にすることなどを注意してお使いください。

ハウリングでいうと、ヘッドマイクの方が起きにくいので、そちらの方がいいと思います。三角巾をしていてヘッド式が難しいようでしたらネック式で使われるのはいかがでしょうか?

ヘッドマイクの上下を逆さまにし、フレームを首から提げ、フレキシブルのマイク部を口元に立ち上がらせるようにして使用することもできます。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

篠笛という横笛にマイクを取り付けて音を拡大

【ご質問】
篠笛という横笛の音量を大きくしたいのですが、なかなかいいものが見つからず、インターネットで探していたところ、御社サイトにたどり着き、パワギガという商品に興味を持ちました。

尺八やハーモニカなどの楽器で使用されている実績はあるようですが、篠笛はどうでしょうか?直接笛にマイクを付けようと考えています。となるとヘッドマイクでは取付が難しそうなので、何か小さなマイクがあればいいなと思います。いかがなものでしょうか?

【回答】
パワギガは、尺八やハーモニカで使用されている例が多くあります。
ハーモニカでは標準のヘッドマイクをネック式にしてマイク部を立ち上がらせて使用したりしているので、篠笛も同じ方法で使用できると思います。実際に篠笛で、そのように使用されている方もいらっしゃるようです。

パワギガのオプション品ではピンマイクもあり、とても小さなマイクなので、笛そのものに取り付けて使用することもできると思います。

マイクケーブルが宙ぶらりんにならないよう、笛に固定する工夫があるかも知れませんね。縦笛の尺八にピンマイクと咽喉マイクをうまく固定して使用されている方もいらっしゃいますので、是非こちらの記事もご参照下さい。
⇒ 尺八にピンマイクを取付てのパワギガ活用例

なお、パワギガには、有線タイプ(パワギガE NZ-680-A)とワイヤレスタイプ(パワギガM NZ-691-W)があります。奏者がスピーカーも装置するか、離れたスピーカーへ無線で飛ばすかの違いになります。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

マイクロバスのナビへ案内マイクを接続するには

【ご質問】
マイクロバスにナビが付いていて、そこにマイクをつないで車内スピーカーから音声案内が聞こえるようにしたいと思っています。ナビのメーカーに確認したところ、映像入力端子の音声入力(AUX IN)につないだら使えるのではないか?との回答がありました。

このような用途に対応したマイクはありますか?運転手が使うマイクなので、ハンズフリー型がいいです。

【回答】
音声入力(AUX IN)にそのままつないで使用するマイクだと、卓上型となりますが、チャイムベル付きマイク(MCH-500)があります。このマイクは入力側のアンプのマイク、または AUX どちらにも接続できるように切り替えができます。今回の場合は、AUX に切り替えて使用するようになります。

ただ、ご希望のハンズフリー型でもありませんし、マイクロバスで卓上型では、固定場所や使用方法に問題が生じるかと存じます。

そこでご提案ですが
車内のスピーカーやアンプ(ナビ)などを使用するのではなく、超小型ワイヤレスアンプ(パワギガM NZ-691-W)を使用するのはいかがでしょう。この機器は充電仕様なので、どこにでも持っていき、使用することが可能です。

今回のようにドライバーさんが車内で案内するのに使用するのであれば、送信機にヘッドマイクを接続してハンズフリーで話し、後部座席には聞きやすい向きでスピーカー本体を設置するだけで車内案内が実現できます。
また、車外に持ち出し、ガイドや説明、人を集める時の呼びかけなどにも好適なコンパクトスピーカーです。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

ワイヤレス手ぶら拡声器の電源オンオフに関して


【ご質問】
今年3月にパワギガM(NZ-691-W)を購入し、週に2回、15分程度使うのですが、どうも送信機の電池の持ちが悪いようです。充電は5時間くらいかけているので充電はされていると思うのですが、2回目に使おうとすると電源が入らない状態です。修理に送ったら見てもらえますか?

【回答】
もちろんお送りいただければ、弊社で点検修理を行えます。ただ、ご指摘症状が確認できない場合は、点検料・返却料がかかりますので下記項目を今一度ご確認頂けますでしょうか。

送信機の電源の切り忘れではないでしょうか?
現行品の送信機は電源をONにすると約30秒後に液晶画面が消灯となります。この状態でも電源は入っております。いずれかの操作ボタンを押して液晶が点灯すれば、電源は切れていませんので、簡単に状態確認ができます。

不特定多数の方が使用する環境ですと『画面が暗いイコール電源オフ』のイメージを持たれるようです。本体スピーカー側の電源を切ったとしても、送信機を切り忘れてしまうパターンが多く見受けられます。ワイヤレス拡声器は必ず、送信機側と受信機側、両方の電源を切るよう心掛けて下さい

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細