カテゴリー: 手ぶら拡声器のFAQ

手ぶら拡声器に関して良くあるご質問

1 / 291231020最後 >>


レンタル拡声器はヘッドマイクでなくハンドマイク


【ご質問】
イベントで人が集まるところで説明をする際に拡声器を使用しようと思っています。今までも肉声で行っており、声は届くのですがやはり多少なりとも声を張り上げるので、回数を重ねると喉が疲れてしまいます。

なので、喉の負担を減らすために使用したいのでそんなに爆音は必要なく、小さな拡声器を求めていて、レンタル拡声器 RENT-4DRENT-7A で、どちらにするか検討しています。

RENT-4D は分離できるマイク(アイセットマイク)で、ヘッドマイクと手持ちのどちらでも使えるように記載がありました。 RENT-7A はヘッドマイクのみですか?色が黒いタイプなので、RENT-7Aにしたいと思いますが、手でマイクを持って説明できるといいのですが。

【回答】
RENT-7A に付属のマイクも分離型で、ヘッドマイクとしてもハンドマイクとしても使用できるタイプです。RENT-4D のマイクと形状は異なりますが、どちらも2WAYマイクです。ヘッドマイクは違和感がある、帽子をかぶっていて上手くセットできない、そんなときは、マイク部をフレームから外して手持ちマイクとしてお使い下さい。

※マイクには向きがあり、マイク正面が口元に合わないときれいに音を拾えません。また、ハウリングの影響を受けやすくなる場合もありますので、マイクの向きにご注意下さい。

⇒ パワギガSレンタル(RENT-7A)詳細

コンパクトメガホンでコードレスマイクを使うには?


【ご質問】
貴社パワギガシリーズで手ぶら拡声器用コードレスマイク(NZ-210DHE-P)が使えるとのことですが、コンパクトメガホン(NZ-604W)との組合せでも使えますか?

【回答】
コンパクトメガホン(NZ-604W)のマイク入力は、太めの標準ジャック(6.3φ)となっています。お問い合わせ頂いた手ぶら拡声器用コードレスマイク(NZ-210DHE-P)には標準プラグ(6.3φ)からミニプラグ(3.5φ)への変換コードが附属しますが、この変換コードは不要となります。

ひとつ注意しなければいけないのは、
コンパクトメガホン(NZ-604W)のマイクジャックへコードレスマイク受信機を挿し込む際、受信機自身の厚みにより、そのままでは差し込みができません。

受信機を直接挿し込めないため、簡易マイクミキサーを間に入れる必要がございます。わかりやすい動画説明がありますので、ご参照下さい。

従って、コンパクトメガホン(NZ-604W)でコードレスマイクを使いたい場合は、簡易マイクミキサーも含まれるセットを推奨致します。

⇒ コードレスマイク1本・ミキサーセット NZ-210DHE1S

小型ワイヤレスアンプでワイヤレスマイク2本同時使用


【ご質問】
超小型ワイヤレスアンプ(パワギガM)を利用しています。
標準構成品のワイヤレスマイクとは別にもう1本ワイヤレスマイク(NZ-W291T)を追加購入すれば、2本で使うことができるのでしょうか?

【回答】
標準構成品と同じ送信機(NZ-W291T)の場合、2本を同時に使用することはできません。どちらかの送信機の電源をOFFにしておく必要があります。ですので、説明者2人が持っている送信機の電源を交互に入れながら使う形になります。

2本の送信機(ワイヤレスマイク)を同時に使う場合は、標準構成品の送信機に加えて、下記のいずれかを推奨致します。

手ぶら拡声器用コードレスマイク NZ-210DHE-P
Bluetooth方式のコードレスマイク(NZ-210DHE)と変換ケーブル(CBL-SJ63SP35)のセット販売。手ぶら拡声器のマイクジャックとBluetooth受信機を接続して使用します。 電波の通達距離は最大20m。

飛び声るんです1 NZB-RM1-P
高音質B帯800MHzのハンド型ワイヤレスマイク・受信機(ビーガイド)・接続ケーブルのセットです。 通達距離は最大100m。


公園で車椅子の講習会に手ぶらマイク拡声器

【ご質問】
手ぶらの拡声器を探しています。
広い公園で車いすのイベントを行う予定で、拡声器を使って、車いすの乗り方の講習をしたいと思っています。室外で使用する場合でどれくらいの音量が必要なのか等が全くわかりません。おすすめの拡声器を教えてください。

【回答】
手ぶら拡声器8A パワギガE(NZ-680-A 定格15W)をご紹介致します。

手の平サイズの高出力・高音質の充電タイプの拡声器です。付属のヘッドマイクで、ハンズフリーで使用できます。スピーカー(拡声器本体)を身に付けて自由に動け回れますので、車椅子の乗り方の講習会などでの使用には最適ではないかと思います。

学校の授業や野外活動、スポーツのコーチや観光ガイド、工場見学の案内、各種イベントなど、様々な使用実績がございます。音量は、その場所の騒音状況などに左右されますので、なかなか難しいのですが、ご紹介したパワギガEは、定格出力15Wで、音声通達距離が約150m以上ございます。

ただ、音声通達距離というのは、静かで無風の環境で音が届くかどうかの距離ですので、話の内容がはっきり分かるとなると、半分程度の距離でお考えになった方が賢明です。あとは、周りの騒音状況、風向きなどにより変わってきます。

普通に話した音声が、大声を張り上げたときよりも大きく拡声されますので、かなり大きな音量で放送できますが、もしご心配であれば、サンプルお試し品の用意もございますので、ご検討頂ければと思います。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

1 / 291231020最後 >>