カテゴリー: 手ぶら拡声器のFAQ

手ぶら拡声器に関して良くあるご質問



パワギガM 2.4GHz送信機の出力レベルと電波法認証は?


【ご質問】
パワギガM(NZ-691-W)の購入を検討しています。質問ですが、送信機の出力レベルはどのくらいですか?また電波法はクリアしているでしょうか?
社内で無線機器を使用する場合には、出力レベルも報告しないと許可がおりないので教えて下さい。

【回答】
電波法に準じた認証機ですので、日本国内で問題なく使えます。また、この送信機(NZ-W291T)の出力レベルは10mWです。
もし他の機器に影響を与えないかご心配であれば、レンタル品のご用意もございます。ご購入とあわせてご検討下さいますと幸いです。

⇒ 【レンタル】パワギガM(マックス)に関して

⇒ 【買取】パワギガM(マックス)に関して

老人ホーム等でのハーモニカ演奏にパワギガSは?


【ご質問】
手ぶら拡声器パワギガSについてお聞きします。
老人ホーム等でのハーモニカ演奏は出来ますか? マイクがハーモニカの邪魔になりませんか。マイクを鼻の上前辺りに移動しても音声を拾えますか?

【回答】
弊社のパワギガシリーズは、ハーモニカや尺八、三味線などの演奏の拡声で多くの実績がございます。下記記事などもご参照頂けたらと思います。

⇒ ハーモニカマイクにパワギガM送信機とスピーカーが抜群
⇒ ハーモニカ演奏時のヘッドマイクとネックマイク
⇒ ハーモニカは音量が小さいので、パワーギガプラスが役立ち
⇒ ハーモニカ演奏するには適度の音量で良好
⇒ ハーモニカ独奏で手を使用せずに使えるマイクを探して

ただ、装着方法や音量のこともありますので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?
パワギガSと同シリーズのパワギガEでしたら、無料サンプルの用意がございます。音声出力(音量)は異なりますが、使い勝手は同じですので。

お試し期間3日間、返送時送料ご負担の条件で貸し出ししております。お試し品(無料サンプル品)の詳細は下記ページをご参照下さい。ご検討頂けますと幸いです。

⇒ パワギガEの無料サンプルに関して

ヘッドマイク MIC-886 が完売、代替マイクは?


【ご質問】
以前から使っていたヘッドマイク MIC-886 が壊れてしまいました。インターネットを見ると、そのマイクは完売となっているようですが、代わりになるものはありますか?

【回答】
このヘッドマイク MIC-886 は、以前販売していたハンズフリー拡声器セット SH-121 の標準マイクです。現在はパーツとして販売していた MIC-886 も完売となりましたので、後継機としてヘッドマイク MIC-806 をご案内しております。
同じく耳掛け式で感度特性も近いので、今までのマイクと差し替えて使用するには何ら問題ありません。ちなみにご案内した MIC-806 は、パワギガS(NZ-671-B)、パワギガEパワギガMの標準マイクにも採用されています。

⇒ ヘッドマイク MIC-806 詳細

講師をするためのワイヤーレス拡声器を探して


【ご質問】
以前、ある団体でパワギガ+(NZ-640-A)を使用していたのですが、辞める時にもう必要ないと思い、寄付してきてしまいました。今になり講師をやることになったのですが、やはり拡声器が必要かなと思うようになり、同機種をインターネットで探しました。

ところが、パワギガ+という機種は、既に販売終了となっているのですね。そこで目に留まったのは、パワギガM(NZ-691-W)という商品です。これはワイヤーレスでも使えるんですね。ちょうどその頃、ある工場見学へ行ったところ、その工場でもご案内係が白いタイプのパワギガEというものを使用していました。パワギガMとEは、何が違うのですか?本体の色は、黒と白があるのですか?

【回答】
以前より、パワギガ+をご愛用いただき、ありがとうございます。
パワギガMとEは、同じ出力ですが、違いはボディの色とワイヤレス機能の有無です。パワギガMのボディは黒色で、有線+ワイヤレスマイクも使用できる機能が備わっています。その点、パワギガEのボディは白色で、ワイヤレス機能はなく、付属のヘッドセットマイクのケーブルを本体に直接つないで使用します。

講師をされるのであれば、ワイヤレスマイクが使用できるポータブルアンプのパワギガM(NZ-691-W)が好適かと思います。パワギガEの有線タイプと違い、スピーカーを身に付けなくてもいいので、講師も装着するものも軽量で負担も少なく、聴衆者もスピーカーが一定の場所から動くことがないので、安定した音量で聞くことができますので。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細