カテゴリー: 無線機

特定小電力トランシーバー、無線式拡声器などの情報



ドローンにパワギガMを載せてスピーカー音声を拡声

パワギガM ワイヤレス拡声器
【ご質問】
パワギガMについてですが、ワイヤレスマイクの通信距離は、どれくらいになりますでしょうか?
ドローンに載せて、500m~1km離れた距離で使用したいのですが、対応できますでしょうか?もし対応できない場合は、何か方法はありますでしょうか?

【回答】
パワギガM(NZ-691-W)の、ワイヤレスマイク(送信機)の通信距離は、電波環境が良く見通しの良いところで、約20mになります。ですので、ご希望されている距離では、残念ながら対応できないです。

パワギガシリーズの他の拡声器セットで、遠距離の通信で対応可能な機器がありますので、ご紹介致します。
無線拡声器セット(NZ680A-TR)は、パワギガE(NZ-680-A)と特定小電力トランシーバーとのセットになります。特定小電力トランシーバーを使用し、遠距離で話した音声を、スピーカー(パワギガE NZ-680-A)から大きく拡声することのできるセット構成品です。

トランシーバーは、見通しの良い開けた場所ですと、1~2kmの通信距離がありますので、ドローンを使用される環境が、見通しの良い開けた場所であれば、0.5~1kmの距離であれば、通信し、拡声できるのではないでしょうか。(※市街地など障害物の乱立するところですと、100m~200mの通信距離になってしまう場合があります)

お問い合わせ頂いたパワギガMとパワギガEは、同じ定格出力15W(最大20W)ですので、同程度の音量で拡声することができます。ちなみに、音声到達距離は、静かで無風の環境で180m以上ございます。(周りの騒音状況、風向き等の影響で、到達距離は大幅に左右されます)

なお、特定小電力トランシーバーは、電波法で一回の通信時間に制限(30秒)がかけられておりますので、パワギガMや一般的なワイヤレスマイクのように、長時間続けて話し続けることはできません。その点はご了承下さい。
また、ワイヤレスマイクに比べ、トランシーバーですと、音質があまり良くない点や、混信してしまう可能性があるなどのややデメリットの面もあります。

⇒ 無線拡声器セット NZ680A-TR

ワイヤレス補聴支援 聞こえるんです2


ワイヤレスレシーバー&イヤホンで聞き取り
説明者がツーピース型ワイヤレスマイクで話すと、レシーバーで受信してイヤホンで聞き取ることができます。雑音、反響音が少なく、大変聞き取りやすい音質です。

難聴者が参加する会議の補聴支援に
耳が聞こえにくい方が参加する会議や講演会などの補聴支援機器として活躍します。受信レシーバーはスピーカーを内蔵しておらず、イヤホンで聞きとるため、周囲の人にも迷惑をかけません。

高感度イヤホンも含めた3点セット
受信機はポータブルタイプのマルチレシーバー(ビーガイド)です。ハンド型ワイヤレスマイク(送信機)と高感度イヤホン NZB-EP310を含めた3点セットとなっています。

⇒ 補聴支援ワイヤレスシステム 聞声るんです2

ワイヤレス助聴器 聞こえるんです1


ワイヤレスマイクで集音&イヤホンで聞き取り
ハンドマイク型ワイヤレスマイクでひろった音声を受信機イヤホンでモニタリンングします。雑音、反響音が少なく聞き取りやすい音声です。

難聴者の補聴援助に
講演会やセミナーや説明会などの会場で広く使用されているアナログ方式B型ワイヤレスマイクが使用されていれば、受信機とイヤホンだけで聴くことが出来ます。耳が聞こえにくい方が参加する講演会などで補聴補助具として活躍します。

ざわつく中でもイヤホンで明瞭に
健常者でも会場がさわがしくて講演内容がはっきり聞こえない場合やスピーカーから離れた席で聞こえにくい場合にもビーガイドを使用して、イヤホンで明瞭に聴くことが出来ます。

高感度イヤホンも含めた3点セット
受信機はポータブルタイプのマルチレシーバー(ビーガイド)です。ハンド型ワイヤレスマイク(送信機)と高感度イヤホン NZB-EP310を含めた3点セットとなっています。

⇒ 補聴援助ワイヤレスシステム 聞声るんです1

ビーガイド(アナログ)40台で説明者2人の場合?


【ご質問】
アナログ式ビーガイドで受信機40台の購入を検討しています。
説明者が2人いるので、2台の送信機を使い、その音声を40人が受信して聞くことが可能なのでしょうか? 

【回答】
受信人数に制限はありませんので、同じチャンネルに設定しておくことで、何人でも受信できます。
ひとつのグループで使用する場合は、送信機と受信機ともに同じチャンネル設定ではなくてはなりません。ですので、説明者2人がそれぞれの送信機を同じチャンネルで使用すると、混信がおこります。回避するためには、送信機の電源を交互に入れる必要がございます。(これはデジタル方式においても同様です)

⇒ デジタルガイド20台セットで説明者2人の場合は?

▼マルチマイクに関して
アナログ式ビーガイドにおいては、マルチマイク(NZB-M820)という特殊な送信機がございます。マルチマイクは2つのマイクジャックを備えています。なので、例えば、説明者Aさんはハンドマイク、説明者Bさんはヘッドマイクを使用して、同じ送信機へ接続することで、2つのマイクの同時使用が実現できます。

⇒ マルチマイク(NZB-M820)