カテゴリー: 良くあるご質問

お客さまから多くお寄せ頂くQ&A集・FAQ集



クラリオン EMA-049100 とパワーモジュールに関して


【ご質問】
現在クラリオンのネクタイピン型マイクロフォンEMA049100を所有しております。
このマイクとNZ-M863のパワーモジュールを使用し、バスに搭載のクラリオン製のダイナミックマイク用アンプでの使用は可能でしょうか。

【回答】
EMA049100などのクラリオンの路線バス用マイクとNZ-M863の電源モジュールの組み合わせで使用頂いている実績はあります。
電源モジュールの入力端子がφ3.5㎜ですので、EMA049100を接続する場合、変換ケーブル等が必要になりますので、ご注意ください。

マイクの動作電圧には幅がありますし、使用実績はありますので、大丈夫だとは思いますが、EMA049100はDC3Vで動作するマイクです。
電源モジュールはDC1.5Vのボタン電池で動作しますので、多く見積もってもDC1.5Vの供給しかできません。不安定な動作が起きる可能性もありますので、一応自己責任でお願いします。

万が一、うまく動作しなかった場合でも、NZ-M863にはピンマイクが付属しておりますので、そのマイクで使用頂ければ、問題なく動作します。

⇒ 分離型タイクリップマイク NZ-M863

ヘッドマイクとのセットもございます。ダイナミックマイク対応の機器での実績もございます。

⇒ 分離型ヘッドマイク NZ-M866

パワギガM送信機充電時の注意点 – USBジャックに関して


パワギガM(NZ-691-W)の送信機が充電されないとのことで修理ご依頼品が届きました。

確認したところ、送信機の充電ジャックが破損しておりました。おそらく充電の際にUSB端子を上下逆さに強く差し込んでしまったものと思われます。

USB端子には向きがあるのですが、確認せずに無理やり押し込んでしまうとジャック部の中の接続板が折れてしまい、充電ができなくなります。送信機を充電の際は必ず向きを確認して行ってください。保証期間内であっても破損だと有償修理になってしまいます。ご了承下さい。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

電源が取れない所でワイヤレスマイク2本レンタルで歌いたい


【ご質問】
屋外で20~30人集まれるようなスペースでのイベントで歌を歌ったりするのに、ワイヤレスマイクを2本使いたいと思っています。
スピーカーなどの設備は何もなく、電源も取れないので、乾電池などで使用できるものでレンタルを検討しています。事前に少しリハーサルも行いますが、実際にイベントで使用するのは2時間程度です。どのようなものを選定すればいいでしょうか?

【回答】
レンタル対応している超小型ワイヤレスアンプRENT-6A)と増設して使用できるコードレスマイクRENT-210DHM)の構成が良いかと思います。超小型ワイヤレスアンプには、本体スピーカーにワイヤレスマイクも付属しており、どちらも充電仕様となっているため、充電が完了すればどこに持って行っても手軽に使用できます。

増設用のコードレスマイクは、本体スピーカーのマイク入力に受信機を接続して使用するので、ワイヤレスのマイクが2本同時に使用できるようになります。

⇒ レンタル超小型ワイヤレスアンプ(RENT-6A)パワギガW

⇒ レンタルコードレスマイク(RENT-210DHM)

超小型ワイヤレスアンプとコードレスマイク、どちらも連続使用で8時間位使用できますので、リハーサルを含め、ライブ本番も問題なく使用できます。レンタル品なら送信機・受信機の乾電池(初回分)もサービスでご用意しておりますので、到着後すぐにお使いいただけます。

▼コンセントから100V電源が取れる環境なら

もし、AC100Vの電源が取れる場所で今回と同じような用途で使用したいといったケースであれば、ワイヤレスマイク2本セットのレンタル品(RENT-25HM2)がお勧めです。カセット・CDプレイヤー内蔵でマイクアンプやスピーカー、そしてワイヤレスマイクなどの備品も全てひとつに納まるキャリングケース型ワイヤレスアンプセットのレンタル品です。

本体の両サイドは蓋式になっていますが開けると片側にスピーカー、もう片側には備品を収納できるようになっています。イベントや司会進行、ダンスや大道芸など幅広い分野で活躍、持ち運びも便利なワイヤレスアンプセットレンタルです。

⇒ ワイヤレスマイク2本セットレンタル(RENT-25HM2)

街頭での署名活動に適した拡声メガホンは?


【ご質問】
御社のホームページを見て、プチメガホン(NZ-618P)の購入を検討しており、お伺いします。街頭での署名活動の際に使用しようと思っているのですが、このタイプでよいでしょうか?

音声通達距離が60m程と記載があったので、周辺の人たちに聞こえるレベルであれば充分かなと思うのですが。プラスチック製の簡易的なメガホンより届きますよね?

【回答】
街頭での署名活動などで使用されるにはプチメガホン(NZ-618P)では音量不足かもしれません。定格0.8W、最大1.8Wで少人数を対象として使用するトランジスターメガホンです。

通達距離の目安約60mというのも、静かな無風のところで音が届くレベルなので、話の内容が聞き取れる実用レベルでは20m~30m程度の距離でお考え下さい。また騒音や風向きなどにより、更に距離が短くなる場合もありますことをご了承ください。電源不要のプラスチック製メガホンであっても大声で叫ぶと、その方が大きい可能性もあります。

プチメガホンと同じように片手で持ちながら使用するトラメガでしたら、小型のハンドメガホン(NZ-520SWB)などが良いと思います。価格差はさほどありませんが、音声出力でいうとかなり差があります。定格12W、最大20Wで、音量調節つまみで調整も可能です。

また、NZ-520SWBであれば、肩掛けにできるストラップが付属しているので持ち運び時に片手が塞がることもありません。今でしたらキャンペーン中のため、ハンドマイクがひとつサービスで付いています。

外部マイク入力があるメガホンなので、ハンドマイクを接続すればメガホン本体は肩から掛けたままだったり、卓上に置いたままでも使用できる多機能メガホンです。(※ハンドマイクサービスのキャンペーンは予告なく終了することがあります。)「大は小を兼ねる」ため、音量に余裕がある分には絞ることができますが、逆に音量が足りないと別機種へ買い替えするしかありませんので。

⇒ 外部マイクも接続できるハンドメガホン(NZ-520SWB)