カテゴリー: 良くあるご質問

お客さまから多くお寄せ頂くQ&A集・FAQ集



使いやすいダンスインストラクター用ヘッドセット


【ご質問】
ダンスのインストラクターをしていて、以前よりパワギガW(NZ-660-W)を使用しています。送信機はケースの紐を外し、裏にクリップを付けて衣類のウエストに留めています。動いてもしっかり固定されるので非常に使い勝手が良く、重宝しています。会場もさまざまで、放送装置のないところではなくてはならない必需品となっています。

中には放送設備の整った会場もあり、ワイヤレスマイクも常備されているのですが、会場設備のヘッドマイクだと形状が違うので動くとズレるのではないかと心配なのと、送信機も大きいので違和感があります。

今までの使い慣れた自分のヘッドマイク(MIC-806)を使って会場の放送装置でワイヤレスマイクを使用できないものかとインターネットでいろいろ閲覧していたところ、コードレスモジュール単品(NZ-210C)を見つけました。

これは私の持っているヘッドマイクをつないで使えますか?ネットを見ていると、受信機をアンプに接続すればよいそうなのですが、それだけで使えるのですか?欲を言えば、送信機が今までのパワギガW用送信機のケースがそのまま使えるといいのですが。

【回答】
はい、コードレスモジュール(NZ-210C)とお持ちのヘッドマイク(MIC-806)との組み合わせで、放送装置のマイク入力端子に受信機を接続すれば、簡単にコードレスマイクが使用できます。

使用できる条件としては、放送装置(アンプ)にマイク入力端子があることです。ダイナミックマイク対応でφ6.3㎜のホーンプラグで接続するタイプのマイク入力端子です。

送信機ケースを身につけるには、オプション品で首から提げる用のストラップ(NZ-210Cstrap)や簡易防水ケース(NZ-210Case)があると便利です。ただ、どちらもダンスのインストラクターさんのように激しい動きを伴う場合には向いていないのかも知れません。

ご希望であるパワギガW送信機用のケースが使えたら、とのお問い合わせに弊社で試してみましたが、意外にフィットしました。コードレスモジュール送信機の方が少し長さがあるため、ケースから出ている部分が少しありますが、問題ないレベルだと思います。

⇒ コードレスモジュール NZ-210C(コンデンサマイク用)詳細

スマホ着信音スピーカーのピックアップマイクに関して


【ご質問】
スマホを大音量で鳴らしたいと考えています。そこで、着信音スピーカー NZT-370-T1 に関して質問です。
当方、機械音の激しい工場で常時3から4名ほど作業しています。全員分とは云わないまでも、複数のピックアップマイクを同時に使える様にできませんか?

【回答】
着信音スピーカー NZT-370-T1は、ピックアップマイクを複数接続して使用するのは、難しいです。挟み込むスマートフォン・携帯電話の台数分の着信音スピーカーを用意して頂き、それぞれ挟んで使用頂くことをお勧めします。

ピックアップマイクは特殊なマイクなため、一般的なマイクのようにミキサー等を使用して複数接続すると、ハム音やノイズが増幅されてしまい、使用に耐えないのではないかと思います。

⇒ 強力トランペット型着信音スピーカー NZT-370-T1

子供劇でワイヤレスマイク5個~10個のレンタルは?


【ご質問】
子供の劇で使用するワイヤレスマイクのレンタルを希望します。同時に5人~多い時で10人ほどの子供が演劇に出演します。各人がハンズフリーのヘッドマイクを考えています。来月中旬のレンタルに対応できるでしょうか?

【回答】
ご覧になって頂きましたワイヤレスヘッドマイク3個レンタルを複数セット使用することもできますが、別途放送装置(アンプ・スピーカー)が必要になります。

もし、放送装置が無い場所での演劇でしたら、身につけられるアンプ・スピーカーを推奨致します。ナンズ製の手ぶら拡声器シリーズが該当しますが、装着方法や、音声出力(音量)、色などの違いで何種類かございます。下記リンク先をご覧になり、ご検討頂ければと思います。

⇒ レンタル手ぶら拡声器1(ウエストベルト型)
⇒ レンタル手ぶら拡声器4(スタンダード型/白)
⇒ レンタル手ぶら拡声器5(ハイパワー型/黒)
⇒ レンタル手ぶら拡声器6(ワイヤレス&ハイパワー型/黒)
⇒ レンタル手ぶら拡声器7(スタンダード型/黒)
⇒ レンタル手ぶら拡声器8(ハイパワー型/白)
⇒ レンタル手ぶら拡声器9(ワイヤレス&ハイパワー型/黒)

咽喉マイクが発声ポイントに届かないときの対処法は?


マイク 咽喉

【ご質問】
咽喉マイク SH-12jK を購入したのですが、装着するとフレームが首のうしろに当たって、発声ポイントにマイクが届かないです。
なにか対処法はありますでしょうか。締め付けもあって、少し痛いです。

【回答】
咽喉マイクは、ケーブルの出ている側の先端(Voice Touchの表示のある側)にのみ集音部が入っておりまして、反対側の先端部には集音機能はありません。

ですので、首の後部から左右均等に咽喉マイクを装着する必要はありません。ケーブルの入っている側の先端部を、いちばん音声の拾える部分に当てるように、少しずらして装着してみてください。

喉仏より少し外側の、触れると脈を感じる周辺に集音部を当てるように装着して頂けますと、一番音声を拾いやすいのではないかと思います。

咽喉マイクの装着した際、締め付けられて、少し痛いとのことですが、フレーム自体を少し広げて頂けますと、締め付けは弱くできると思います。
ただ、ある程度マイク部を密着させないと、音声を拾うことのできないタイプのマイクですので、適度の圧力で密着させる必要があります。広げすぎにはご注意下さい。

なお、咽喉マイクは、標準サイズとLサイズの2つのサイズを用意しております。
Lサイズは、ご注文頂いた咽喉マイク SH-12jK(標準サイズ)よりも、フレームが35mmほど長いため、余裕のある装着ができるのではないかと思います。
よろしければ、LサイズのSH-12jKLもご検討ください。

⇒ 咽喉マイク 喉元へ密着させる特殊マイク 詳細