カテゴリー: 良くあるご質問

お客さまから多くお寄せ頂くQ&A集・FAQ集



ワイヤレスマイク3本対応の小型ワイヤレスアンプは?


【ご質問】
グループ会議において小型のワイヤレスアンプを使いたいと考えています。
貴社ウェブサイトでハンドサイズ拡声器を見ましたが、このタイプはワイヤレスマイクを3本使えますか?

【回答】
ご覧になられたパワギガMのワイヤレスマイク(送信機 NZ-W291T)はON/OFF操作で常に1本だけのマイクがONであれば、3本のマイクを使うことができます。

ただ、同時に複数本の使用はできないので、もし同時に使いたい場合はワパギガMと手ぶら拡声器用コードレスマイクの併用や下記記事なども参考にして下さい。

⇒ 動画説明 パワギガM用送信機の複数本利用に関して

⇒ パワギガへ2本~3本のコードレスマイクを接続

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

⇒ 手ぶら拡声器用コードレスマイク NZ-210DHE-P 詳細

コードレス型デスクトップマイクを放送アンプで使えますか?


【ご質問】
クリニックで待合室への呼び出しを行うマイクを探しています。
現在は次の患者さんを呼ぶとき、診察室のドアを開けて肉声で行っていますが、なかなか聞こえないので、診察室からそのままマイクを使って待合室のスピーカーから呼び出せるようにしたいと思っています。

今は音楽を流している放送装置が受付にあり、受付用のマイクがつながっています。放送アンプのマイク2は空いているのでそこに接続して使用したいと思っています。

ただ、受付と診察室が少し距離があるのでワイヤレスでできないかと考えています。そこで御社の商品でコードレス型デスクトップマイク(NZ-M546DJ)に関してお聞きします。多分、仕様からすると、この受信機を受付にあるアンプのマイク入力に挿せば使えると思うんです。まずは使えるかどうかをレンタルで借りて試そうと思っていますが、お借りできますか?

【回答】
はい、レンタル品もご用意しております。貸出に関しては、コードレス型デスクトップマイクレンタル(RENT-M546DJ)をご覧になって下さい。

現在お使いの放送アンプのマイク入力2の端子は、ダイナミックマイク入力端子ですか?ダイナミック対応でφ6.3㎜ホーンプラグで接続できるようになっているのであれば、おそらく使用できます。

また、レンタル品には変換ケーブルと変換プラグを一緒にお送りしております。放送機器のマイクジャックの太さがコードレスマイク受信機のプラグと同じであっても、受信機筐体が障害となり、うまく接続できないケースにおいては、変換ケーブル(6.3J ⇒ 3.5P)と変換プラグ(3.5P ⇒ 6.3P)の両方を使って試して下さい。

⇒ コードレス型デスクトップマイク(RENT-M546DJ)詳細

スロートマイクをケーブルレスで使えますか?


【ご質問】
マイクロバスの運転をしながら使うマイクを探していて、ダイナミック型スロートマイク NZ-M86jK を見つけました。
当社のバスにはダイナミックマイク対応アンプを搭載しているので、このスロートマイクが使えますよね?またケーブルレスのスロートマイクがあればご案内下さい。

【回答】
はい。ダイナミックマイク対応アンプでしたら、ご覧になられたスロートマイク(NZ-M86jK)が問題なく使えます。

ケーブルレス(ワイヤレス)タイプのスロートマイクもご用意しております。Bluetooth方式の送受信モジュールとスロートマイクのセット構成品になります。詳細は下記をご覧下さい。
なお、男性の方ですと、マイク装着時に首回りがきつく感じられますのでLサイズの方が宜しいかと思います。(首が細い男性は標準サイズを推奨)

⇒ コードレス咽喉マイクの詳細

音量調整できるワイヤレスマイクは有りますか?


【ご質問】
音量調整できるワイヤレスマイクは有りますか?
あくまでも放送アンプ側(受信側)ではなく、話し手が持つワイヤレスマイク側で音量調整できるものを探しています。

【回答】
パワギガM対応のワイヤレスマイク(トランスミッター送信機)がございます。

話し手が簡単にボリューム調整できますし、音声消去(ミュート)にすることもできます。放送スピーカーは手のひらサイズの超小型拡声器です。

NANZU製の手ぶら拡声器シリーズ第9弾で現行の最上位機種になります。その他の詳細は下記をご覧下さい。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細