カテゴリー: 障害者給付金

携帯用会話補助装置
日常生活用具など



集団でささやき声は聞いてもらえないのでマイクを


娘(小学生)は障害のため出せる声が小さく、集団の中に入ると、ささやき声はなかなか聞いてもらえないことが多々あります。

何か良い手段がないかと考えているときに、訪問リハビリの方に相談してNANZU製の超小型拡声器パワギガを教えてもらいました。

無料サンプル品は3日間という限られた期間なので、いつ利用しようか、しばらく迷っていました。平日の学校生活で試してみたかったので。

今回利用してみての感想は、
咽喉マイクは首を振ったり、動いたりすると(衣類とこすれて)大きな音が出てしまい娘には合いませんでした。標準マイク(ヘッドマイク)は上手に声をひろってくれてとても良かったです。

娘は、出せる声がまだ明瞭ではないため、拡声された音声も不明瞭です。病院の先生ともう少し明瞭に出すことが出来るようになってから補助金申請した方が良いのかを相談中です。病院のリハビリ室などにサンプル品があって、そこへ行った時に試すことができたら凄く便利だなと思いました。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

発声障害でパワギガ+を使用、充電中のジー音は?


【ご質問】
発声障害のため、パワギガ+(NZ-640-A)を5年前から使用している者なのですが、充電の際に充電器あたりから「ジー」という音がするようになったのですが、故障でしょうか?充電中パワギガ本体の向きを変えたりすると音はしません。

【回答】
充電中の『ジー音』ですが、本体内蔵の充電バッテリーが劣化してくると、そのような現象がおきる場合もあります。既に、5年以上使用頂いておりますので、充電バッテリーが、かなり劣化してしまっている状態ではないかと思います。

いずれにしても5年も経過すると、近々にバッテリーを交換する必要がでてくるのではないかと思います。修理対応で充電バッテリーの交換も承っておりますが、5年経過しておれば、新たに給付券の申請の方が宜しいかも知れません。

現行の機種は、ワイヤレスマイクも使用できる高機能タイプになっております。使い勝手は、今までと若干異なりますが、上位互換ですので、申請をご検討頂ければと存じます。

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

人工喉頭や食道発声だとボリュームが低いので


人工喉頭や食道発声だと静かな場所でなければボリュームが低くて聞こえないので、指導を受けている言語聴覚士の方よりこの器械(パワギガ)を教えてもらいました。

早速、パワギガEのデモ機をありがとうございました。今まで使っていた拡声器はボリュームを上げるとピーピー音がするが、パワギガEは出力に余裕があり、ハウリングもあまりなく、ざわついた中でも使えそうな感触でした。

公費補助は一度、別の器械で使ってしまったので多分ダメと思いますので、自費で購入します。 I.Kさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

パーキンソン病で発声不明瞭、周囲が聞き取りにくいので


パーキンソン病でだんだん声が小さくなり、ことばも不明瞭になり、周囲の者が聞き取りにくくなり困ってきました。

友人にやはり奥さんがパーキンソン病になった人がいて、その人からこういう機器(パワギガ咽喉マイク)があることを聞き、ウェブから無料サンプル品を申し込みました。

言葉の発声そのものがモゴモゴとした感じでハッキリしなくなってきたので、声の大きさを拡大してどこまで効果があるか悩ましいですが、声が大きくなることで相手に伝えやすくなりそうです。 T.Mさま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細