カテゴリー: 障害者給付金

携帯用会話補助装置
日常生活用具など



パーキンソン病で発声不明瞭、周囲が聞き取りにくいので


パーキンソン病でだんだん声が小さくなり、ことばも不明瞭になり、周囲の者が聞き取りにくくなり困ってきました。

友人にやはり奥さんがパーキンソン病になった人がいて、その人からこういう機器(パワギガ咽喉マイク)があることを聞き、ウェブから無料サンプル品を申し込みました。

言葉の発声そのものがモゴモゴとした感じでハッキリしなくなってきたので、声の大きさを拡大してどこまで効果があるか悩ましいですが、声が大きくなることで相手に伝えやすくなりそうです。 T.Mさま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

障害者団体で発声機器のデモ機を試して


障害者団体の理事会でこのような発声機器(パワギガM咽喉マイク)があるのを知りました。

地域ブロック会議で説明しようと思いましたが、使ったことのない機器なので、一度試してみる必要があり、デモ機をお願いしました。

以前使っていた類似品より音感も良く、数種類のマイクを有線・無線で色々な使用法が多くあり、高性能であることを確認できました。ありがとうございました。 S.Kさま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

視覚障害者施設に勤務、パワギガで仕事復帰を


視覚障害者施設に勤務しておりますが、喉の病気で現在は休職中です。
来月あたりから復帰を考えておりますが、小さな声しか出ず、悩んでいます。視覚障害者には筆談もできず、何とか声で話さなければならないのですが、今のままでは不安です。

そこで施設の所長に相談したところ、インターネットで調べてくれ、とてもコンパクトな拡声器、パワギガE(NZ-680-A)を見つけてくれました。「試せるそうなので、使ってみたらどうか?」と提案して下さり、早速申し込みました。お試しは3日間でしたが、平日だったので施設にも持って行くことができ、所長にも見せられ、一緒に試せました。ありがとうございます。

使い慣れないので、大きなハウリングに隣の部屋から「何事?」と見に来た人がいました。少しハウリングが気になりましたが、声はクリアで、きれいに届き、ちょっとしたスピーカーの向きでハウリングも変わるのかな、とは思いました。仕事復帰まで少し期間があるので、もう少しよく考えてみたいと思います。
福岡 Yさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

パーキンソン病の進行具合で発声補助具を導入


パーキンソン病による小声により、コミュニケーションが取りにくくなってきて困っています。

インターネットで色々と調べていて、同じような症状(パーキンソン病)の方がパワギガを使って良かったという記事をみつけ、私もすぐに試してみたいと思いパワギガデモ機の申し込みをしました。無料レンタルできることで、気軽に試すことができました。

感想としては、
スピーカーを通していても、自然な声に聞こえ、聞き取りやすくなった。前傾姿勢もあるので、スピーカーを斜め掛けにすると、ブラブラして気になってしまうので、腰などへ装着した方が良さそうだった。

ヘッドマイクも日常的に使うには気になってしまうので、ピンマイクにすると良さそうと思った。咽喉マイクは感度が良すぎるので、今のところ使わなくて大丈夫なようだった。

声がとても聞きやすくなったので、病気の進行具合をみて購入時期を検討したいと思います。ありがとうございました。

⇒ 携帯用会話補助装置(発声補助具)の詳細