カテゴリー: 障害者給付金

携帯用会話補助装置
日常生活用具など



食道発声や電気喉頭使用時にも役立つパワギガ


本日パンフレット等資料受け取りました。お手数おかけいたしましたが有難く頂戴いたしました。

蛇足ながら、カタログに、わずかでも声が出せないと拡声器は、お役にたてませんと書いてありますが、私達は 喉がん、咽頭がん などにより喉頭摘出をして完全に発声機能を失った人たちの全国的集団です。

食道発声や電気喉頭使用時にパワギガがとても役立っておりますことを付け加えておきます。

⇒ 携帯用会話補助装置(日常生活用具)の詳細

喉を手術して間もないためまずはELで訓練


喉の手術で声が出なくなったので、インターネットで色々調べているうちに貴社サイトで携帯用会話補助装置を知りました。

デモ機お試しが無料とのことだったので、すぐに申し込み、早速使ってみました。
手術して間が無いため、またELも初めてだったので、ELを使いこなすことができず、まだ声をうまく出せませんでした。

この機械(パワギガM&咽喉マイクセット)を使うと大きく聞こえますが、その前にまずはELの練習が必要のようです。携帯用会話補助装置はその後に検討します。 T.Yさま

⇒ 携帯用会話補助装置(咽喉マイクセット&パワギガM)詳細

病気で声量がなく会話に支障、身障者用マイクを試用


パーキンソン病で声量がなく会話に支障を生じている入所者さまがおり、インターネットで調べて同様の病状で実績のあるパワギガと咽喉マイクに興味をもちました。

無料でお試しできるとのことなので、早速申し込み、家族と試した結果、良いねという話になりました。雑音も無く、よく声を拾ってくれるので驚きました。

咽喉マイクは、首につけてもそれほど圧迫感を感じることはなく、生活動作の邪魔にならない点もとても良いと思いました。

障害者手帳の申請を進めていますが、手帳が出るまでに見積書の期限がおそらく切れるので、改めて見積書をお願いすることになろうかと思います。その際は、また宜しくお願いします。
MTセンター Mさま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細に関して

身体障碍者手帳をあきらめ、声が出なくなる前に


パーキンソン病の姉は声が小さくて聞き取れず、会話するのが苦になっていました。

御社HPでパワギガを知り、サンプルを利用することを希望していましたが『身体障碍者手帳』認定の手続きが長引き、とうとう認可されず諦めました。(いまだ結果は不明)

一方で本人の体力は衰えて、このまま時間が経てば全く会話ができなくなると思い、サンプル品をお願いしました。

使ってみたところ、驚くほど大きな声が出た。本人の言葉がハッキリ出ないと、ボリュームアップしても聞き取れないのですが、本人はとても喜んでいました。送って頂いたパワギガE咽喉マイクを注文します。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細