カテゴリー: 障害者給付金

携帯用会話補助装置
日常生活用具など



パーキンソン病で会話困難、スピーカーで解消


父がパーキンソン病で会話が困難のため、可搬型スピーカーから出る音声を聞き取れれば良いのでは?とネットで検索してなんずHPにたどり着きました。

貴社の小型拡声スピーカー(パワギガ)をみて無料サンプル品があることを知り、すぐに申し込みました。

試してみた所、声が届いて本人はもちろん、回りにいた家族も喜びました。早速役所へ公的補助の申請手続きに行きたいと思います。ありがとうございました。
北嶋さま

⇒ 携帯用会話補助装置(日常生活用具)詳細

摂食訓練時のVF/頸部聴診/咽喉マイク拡声器


VFでは実際の食事場面とは、かけ離れているし、頸部聴診は1回1回聴診器をあてて手間がかかるし、と言った声がありました。

パワギガ咽喉マイクの組合せは、嚥下音の確認に実績が高いことを知り、無料サンプル品を申し込みました。

当院の患者さま数名にご協力いただき、パワギガと咽喉マイクの有効性を感じました。
摂食訓練中、両手がフリーになるのも良かったです。

実際に頸部聴診と比較した時のデーターや利点などがあれば知りたいなぁ、という話になりました。導入の際は、またメールさせて頂きます。

M病院 リハビリテーション科 言語聴覚士 Kさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

電気喉頭の替わりに咽喉マイクとスピーカーは?


【ご質問】
いま電気喉頭を使用中ですが、これだけでは声が小さく、仕事での会話に支障を生じています。貴社の咽喉マイクとスピーカーだけで音声は出せますか?

【回答】
咽喉マイクとパワギガM(ワイヤレス拡声器)との組み合わせで、ご病気等で声が小さくなってしまった方の会話補助装置として多くの実績があります。


ただ、あくまでもマイクですので、小さな音声を拾って拡声器で大きくする機器になります。ささやくような声が出ていれば効果があります。

電気式人工喉頭を使用されている方も、電気式人工喉頭と併用して、人工喉頭の音声をより大きく拡声して、相手に伝えやすくするといった使い方で多くの実績があります。(※電気式人工喉頭の代わりになるものではありませんので、ご注意ください)

補助金の対象として給付実績もございますので、もし補助金の申請をされるようであれば、申請用のお見積りをお送り致します。

⇒ 携帯用会話補助装置に関しての詳細

人工喉頭を使用しないで使用する場合は、食道発声などで小さな声を発声できる必要があります。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

電気喉頭と会話補助装置(マイクスピーカー)に関して


【ご質問】
今現在、電気喉頭(EL)を使用しています。貴社の咽喉マイクと貴社スピーカーだけで音声は出ますか?

【回答】
咽喉マイクパワギガ(拡声器)との組み合わせで、ご病気等で声が小さくなってしまった方の会話補助装置として多くの実績があります。

ただ、あくまでもマイクですので、小さな音声を拾って拡声器で大きくする機器になります。ささやくような声が出ていれば効果があります。

電気式人工喉頭を使用されている方も、電気式人工喉頭と併用して、人工喉頭の音声をより大きく拡声して、相手に伝えやすくするといった使い方で多くの実績があります。電気式人工喉頭の代わりになるものではありませんので、ご注意ください。

補助金の対象として給付実績もございますので、もし補助金の申請をされるようであれば、申請用のお見積りをお送り致します。詳細は下記ページをご覧下さい。

⇒ 携帯用会話補助装置に関しての詳細

人工喉頭を使用しないで使用する場合は、食道発声などで小さな声を発声できる必要があります。