カテゴリー: 性能・スペック

カタッログスペック、製品の詳細仕様など

1 / 2321231020最後 >>


家庭用電話・事務所用電話の呼出を光と音でお知らせ


呼出音フラッシュコールのオプション品
電話呼出音を光でお知らせする呼出音フラッシュコール(NZT-380)の増設用ブザー(オプション品)です。これにより音と光で電話のベルをお知らせすることができます。

音が届きやすい『ピッ、ピッ』音
騒音の中でもブザー音がわかりやすい甲高い音質です。出力音圧は95dBA/30cm。

二股ケーブル付属で簡単接続
接続に便利な専用の二股コードが付属します。ギボシで簡単に接続できます。(※インシュロックで束ねている方をブザーとライトへ接続します)

⇒ 増設用ブザー(二股ケーブル付き) NZT-381-BZ

電話ベルフラッシュコールの増設ライト


呼出音フラッシュコールのオプション品
電話呼出音を光でお知らせする呼出音フラッシュコール(NZT-380)でご要望の多かった増設フラッシュライトです。電話呼出ベルをお知らせすることができます。

延長コードのどちら側でも接続可
延長コードセットを導入して頂いている場合は、延長コードの先でも手前側のどちらにも接続できます。

分岐ケーブル付属で簡単接続
接続に便利な専用の分岐コードが付属します。ギボシで簡単に接続できます。(※インシュロックで束ねていない方を音センサーへ接続します)

⇒ 増設用フラッシュライト(二股ケーブル付き) NZT-381-FL

船舶で作業連絡インターホンに子機2台は?

【ご質問】
作業連絡インターホン(NZ-2006EX)について問い合わせですが、子機を2台の設定はありますでしょうか?
船での作業連絡に使用する目的で考えております。船首と船尾及び親機をブリッジ(操舵室)にて作業連絡予定です。

【回答】
船舶で、子機を船首や船尾等の水濡れの可能性のある作業場に設置することを考えますと、子機が防水タイプが良いと思います。

ご覧頂いたシステムの子機は非防水です。
ですので、船舶や工事現場など、子機が水に濡れてしまうような環境での使用で実績のある作業用防水インターホンをご紹介致します。

こちらの機種は、子機が2台の構成も対応できますので、子機を船首、船尾の2ヶ所に設置できます。ただし、子機2台は切替はできませんので、個々に切り替えて船首のみ、船尾のみに連絡するようなことはできません。

2台の子機からの音声は同時に親機に届き、親機からの音声は、2台の子機から同時に拡声されます。船首、船尾の個々に連絡を取りたい場合は、船首用と船尾用に2セットの連絡装置を設置された方が使い勝手は良いのではないかと思います。

なお、感度が良いため、親機と子機の距離が短いとハウリングが起きてしまい使用できない場合があります。同じ空間ですと、直線距離で15m以上は必要です。

⇒ 作業用連絡装置(作業用防水インターホン)NZ-2007BX-20m

ドライブスルー向けスピーカーマイク NZ-2007BD-20m


飲食店のドライブスルーを安価に実現
親機(本体)、卓上マイク、モニタースピーカー、子機(マイク兼スピーカー)、耐候性ケーブルのセット品。これだけあればドライブスルーシステムを簡単に構築できます。

お客さま側は防水マイク兼用スピーカー
お客さま側へ設置する子機はホーンタイプ(トランペット型)の防水マイク兼用スピーカー。雨天時の屋外使用も安心です。

店舗側マイクは卓上スタンド型
店舗内へ設置する親機側マイクは卓上型のスタンドマイク。レバースイッチを倒した時だけONとなり操作性に優れています。反対側へ倒してLOCKすることもできます。

20mケーブル付属で簡単接続
電源はAC100Vコンセントへ挿し込むだけ。親機と子機の接続ケーブルが20m付属します。接続ケーブルは耐候性で抜き差しするだけのギボシ接続。誰でも簡単に設置できます。ケーブルの延長も対応可能。

工場やトラック計量器でも
ドライブスルーに限らず多様な場面で活用できます。例えば、工場や工事現場、トラック計量器の運転手とオペレーターの会話などにも適しています。

⇒ ドライブスルーシステム(有線マイク連絡装置)

1 / 2321231020最後 >>