カテゴリー: 助聴器・拡聴器

補聴器を使うほどではないけれど、耳の遠い方向けの便利グッズ



補聴器や助聴器以外で耳の遠い父が使える機器は?


【ご質問】
父の耳が遠く、仕事に支障が出るため補聴器も試したのですがあまり効果なく、助聴器も購入してみました。これはイヤホンも使えるタイプだったので、本人にイヤホンを付けさせ、私が本体を持ってマイク部分(集音部)に向かって話してみたのですが、やはりこれもあまり聞こえず、期待していた効果は得られませんでした。耳の遠い父が使用でき、周りの会話が聞こえるような機器は、他に何かないのでしょうか?

【回答】
補聴援助の「聞声るんです1(NZB-RM1-E)」という商品があります。
ワイヤレスマイク(送信機)とレシーバー(受信機)のセットなので、無線で受信した音声を聞くことができます。そのため、送話者が近くにいなくても受信できる範囲内にいればいつでも同じ音量で聞くことができます。

送信機側にもマイク入力レベル調整があるので、これを上げると受信できる音量も上がります。また、レシーバーに接続するイヤホンは耳掛式と高感度のインナーイヤー式と2種類付属しており、高感度タイプであれば音漏れもなく、無駄なく音声を直接聞くことができます。レシーバーにもイヤホン音量の調整ツマミがあるので、一番聞き取りやすいレベルに設定にすることができます。

今までに高価な補聴器を購入した方もなかなか合わず、「聞声るんです」を試されて効果があった例もございます。マイク(送信機)には、ハンズフリーで使えるヘッドセットやタイピンマイク等が付属のマルチマイク仕様「聞声るんです2(NZB-RM2-E)」もあります。

ハンズフリーであれば、例えば料理教室や絵画教室など、先生にマイクを付けてもらい、作業を行いながら説明の音声を受信して聞くといったことも可能です。

⇒ 補聴援助システム 聞声るんです1(ハンドマイクタイプ)

⇒ 補聴支援システム 聞声るんです2(ハンズフリータイプ)

ワイヤレス補聴支援 聞こえるんです2


ワイヤレスレシーバー&イヤホンで聞き取り
説明者がツーピース型ワイヤレスマイクで話すと、レシーバーで受信してイヤホンで聞き取ることができます。雑音、反響音が少なく、大変聞き取りやすい音質です。

難聴者が参加する会議の補聴支援に
耳が聞こえにくい方が参加する会議や講演会などの補聴支援機器として活躍します。受信レシーバーはスピーカーを内蔵しておらず、イヤホンで聞きとるため、周囲の人にも迷惑をかけません。

高感度イヤホンも含めた3点セット
受信機はポータブルタイプのマルチレシーバー(ビーガイド)です。ハンド型ワイヤレスマイク(送信機)と高感度イヤホン NZB-EP310を含めた3点セットとなっています。

⇒ 補聴支援ワイヤレスシステム 聞声るんです2

声帯麻痺なので声を楽に出すため模索して


声帯麻痺で声が出にくかったので、ネット検索して咽喉マイクとパワギガを見つけました。

少しでも楽に声が出せたらと思ったから、無料サンプル品を依頼しました。咽喉マイクは感度が良すぎるので、私にはヘッドマイクの方が使いやすかったです。 (株)AL Mさま

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

ワイヤレス助聴器 聞こえるんです1


ワイヤレスマイクで集音&イヤホンで聞き取り
ハンドマイク型ワイヤレスマイクでひろった音声を受信機イヤホンでモニタリンングします。雑音、反響音が少なく聞き取りやすい音声です。

難聴者の補聴援助に
講演会やセミナーや説明会などの会場で広く使用されているアナログ方式B型ワイヤレスマイクが使用されていれば、受信機とイヤホンだけで聴くことが出来ます。耳が聞こえにくい方が参加する講演会などで補聴補助具として活躍します。

ざわつく中でもイヤホンで明瞭に
健常者でも会場がさわがしくて講演内容がはっきり聞こえない場合やスピーカーから離れた席で聞こえにくい場合にもビーガイドを使用して、イヤホンで明瞭に聴くことが出来ます。

高感度イヤホンも含めた3点セット
受信機はポータブルタイプのマルチレシーバー(ビーガイド)です。ハンド型ワイヤレスマイク(送信機)と高感度イヤホン NZB-EP310を含めた3点セットとなっています。

⇒ 補聴援助ワイヤレスシステム 聞声るんです1