カテゴリー: スピーカー

カースピーカー、トランペットスピーカー、ボックススピーカーなどの情報



増設用外部スピーカー NBN391-5m 窓口システムに対応


NANZU製の窓口インターホンに対応
窓口インターホン(NZ-2006A/NSD-2006DLPlus)の親機へ接続する増設用モニタースピーカーです。親機スピーカーよりも大きな音で聞くことができます。

ホールスタッフの会話を厨房でも聞き取りたい
例えば、飲食店のテイクアウト対応において、お客さまとホールスタッフの会話を厨房でも聞き取りたい場合に適しています。オーダーにいち早く反応して、調理を開始できます。

特殊接続コード5mが付属
窓口インターホン親機とモニタースピーカーを接続するための抵抗入り特殊コード5mが付属します。親機のREC端子へ接続ケーブル(ミニプラグ)を差し込みます。

音量調整が可能
精密ドライバー(マイナス)でモニタースピーカーの音量調整をすることができます。筐体を開ける必要がないので、設置後でも簡単に調整できます。

付属金具で簡単取付
付属取付金具で、天井及び壁に取り付けることができます。横方向及び縦方向に取付けても景観を損なうことがありません。向きを選ばずすスペースを有効活用できます。

⇒ 外部モニタースピーカー NBN391-5m 詳細

必死で大きな声を出そうとしても仕事に支障


病気で小さな声しか出せず、必死で大きな声を出そうとしていたが仕事に支障をきたしていました。

インターネットで会話補助機器を探していて、パワギガを見つけました。しかも無料で使用できるとのことなので、利用させて頂きました。購入する前に使えるか、使えないか判断できて良かったです。

私の場合は、オプション咽喉マイクより、標準ヘッドマイクの方が使いやすかったです。早速、市役所の方へ携帯用会話補助装置の申請をしてみます。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

アクリル板とお客さまの距離がある時の子機マイクに関して


【ご質問】
窓口用インターホンの試用をさせて頂きました。設置が簡単で従業員の声がお客さまへ良く伝わるようになりました。今後、複数の窓口に採用したいと思います。

ひとつ質問なのですが、できれば、お客さまの声をもっと聞こえるようにしたいのですが、良い方法は無いでしょうか?
子機の近くでお客さまが話せば良いのですが、窓口回りの機器配置の関係で、どうしてもお客さまと子機マイクとの距離が離れてしまいます。

【回答】
いくつか方法があるのですが、簡単かつ安価に済む、カタログスタンドを利用した方法をここではご案内致します。
あえてアクリル板へ子機を貼付せずに、カタログスタンド等へ貼付する方法がございます。この方法であれば、可動式なので、お客さまが話す時には近くに、またモニターを見る時には少し移動させることが可能になります。

カタログスタンド(カタログ立て)の他、メニュースタンド、ブックスタンド、フォトスタンドなどを流用することができます。

特記事項
●子機ケーブルが短い場合は、延長ケーブルもご用意しております。
●カタログスタンドを屋外へ設置される場合は、風による転倒防止策を講じて下さい。(養生テープ、重しなど)
●子機ケーブルが断線しないように、付属のケーブルクランプでスタンドへ固定して下さい。特に子機の根本付近のケーブルに負荷が掛からないよう、ご注意下さい。

⇒ 窓口インターホンの詳細はこちら

対面業務での飛沫防止に適したマイク会話システム NSD-2006DL+


窓口受付業務において、対面での飛沫感染防止用にアクリルパネルやビニールシートの仕切りを設置されるケースが増えています。受付嬢のマイク仕切りにより、お客さまの音声が聞こえづらくなりますが、NSD-2006DLPlus(双方向のマイクシステム)を用いることで対対面業務をサポートします。

使い勝手をデモ機で試してみたいというご要望を多く頂きますので、3日間お試しできるデモ機(サンプル品)をご用意しました。お試し料金は掛かりませんが、往復送料のみご負担下さい。お送りした現品をそのまま買い取ることも可能です。

⇒ 窓口インターホンの無料サンプル品お試しに関して

NZ-2006A と NSD-2006DLPlus の違いは?
子機の動作が若干異なります。NZ-2006Aは子機マイクが常時ON。NSD-2006DLPlusは人がいない時には子機マイクOFFとなります。本体の性能・スペックや本体寸法などは全て同じです。双方ともタイピンマイクが付属します。