カテゴリー: 放送装置

放送アンプ、PAアンプ、簡易放送システムなどの情報



駅ホームで無線放送を複数箇所から放送できますか?


【ご質問】
貴社パワギガの無線式拡声器は、想像以上に大きい音声での拡声が可能で駅ホームでの使用でも問題ない音量だと感じました。

ホームの遠くまで音声を届けるために音量を大きくすると、拡声器付近のお客様に対しは、音が大き過ぎてご迷惑にならないかという心配があります。何か対処方法などあれば、ご教授頂けないでしょうか。

【回答】
受信機側のトランシーバー・拡声器を増やすことはできますので、音声を届けたい場所場所で、その近くに受信側のシステムを設置することで、各スピーカーからの音声を抑えることができます。

例えば、受信機側トランシーバーと拡声器を3式ご用意して頂ければ、3か所から音を出すことができますので、音量調整を小さめにすることができるかと思います。

⇒ 無線拡声器セット NZ680A-TR 詳細

机上スタンドマイク ダイナミック型600Ω


机上に置いて使用するダイナミックマイク NZ-M546 はレバースイッチを倒すとマイクがONとなります。レバースイッチをLOCK側へ倒すと、ONの状態が固定されるのでフリーハンドで放送することもできます。
付属ケーブルは、カールコード式で延ばした状態だと1.5mほどになります。

主な仕様 NZ-M546

指向特性 単一指向性

周波数特性 80Hz~12,000Hz

インピーダンス 600オーム±30%

感度特性 -72dB±3dB

質量 811g(コード除く)

コード長 約1.5m

⇒ デスクトップマイクロホン NZ-M546 詳細

火の用心の夜回りに適したショルダー式の小型メガホン


持ち歩きに便利なショルダー式メガホン
肩から提げられるストラップが付いているので、火の用心の夜回り等で歩き回る場合に便利です。しかも全長約25cmの小型メガホンなので体の小さな高齢者や女性でも苦になりません。

付属カールコードマイクで送話
カールコードマイクを片手で持って拡声放送ができます。一般的なハンドメガホンですと、メガホン本体を口元近くへ持ってくる必要がありますが、このタイプならカールコードが伸びるので、メガホンは肩から提げたままでOKです。

強力パワーで非常サイレン&ホイッスル
小型ボディながら定格18W(最大25W)と充分な音量を確保しています。電源は単2乾電池6本で動作します。緊急時の注意喚起の非常サイレン機能とホイッスル機能が付いています。

⇒ 小型パワフルメガホン NZ-584RSW 詳細

アイホン製インターホンの子機 AS-5B の代替品


【ご質問】
現在、アイホンのインターホン AP-1M を使用していますが、子機の1台が故障したようで、そこだけ使用できなくなりました。

子機はAS-5Bという型式のようですが、メーカーに問い合わせたところ、AS-5Bはすでに廃番で、販売、修理も対応しておらず、後継機も出ていないという回答で困っております。

御社でAS-5Bもしくは代替品の取り扱いはないでしょうか。トランペット型のスピーカーですが、マイクも使えるようになっている特殊な機器のようです。

【回答】
アイホン社製インターホン AP-1M 及び、子機のAS-5Bはメーカーで廃番になっており、弊社の在庫も終了してしまっておりますので、同じもの(AS-5B)はご用意はできませんが、代替えの機器はご用意できます。
AS-5Bの代替え機は、こちらの機器になります。

⇒ ホーンスピーカー NZ-S30(30W 16Ω)詳細

ホーンスピーカー NZ-S30 は、アイホン社製インターホン AP-1M/AP-5M/AP-10M 用の子機の代替え品として多くの実績がございます。AS-5Bより、サイズは少し大きくなってしまいますが、AS-5Bと入れ替えて使用頂けましたら、親機側の機器が故障していない限り、子機マイク兼スピーカーとして問題なく使用頂けます。※

※ご注意
アイホン AP-1M/AP-5M/AP-10Mは、子機側に呼び出しボタンを取り付けて使用されている場合がほとんどですが、呼び出しボタンが付いていない場合は、特殊なコンデンサを子機側に取り付ける必要があります。
現在使用中の機器をご確認頂き、子機側に呼び出しボタンを設置していない場合は、別途ご相談ください。