カテゴリー: 放送装置

放送アンプ、PAアンプ、簡易放送システムなどの情報



外部マイクを足踏みでON/OFFするフットプレススイッチ

足踏みスイッチ
踏んだ時だけ外部マイクON
NANZU製の窓口インターホンのオプション品です。ペダル踏み込み時に外部マイクがONとなるフットスイッチです。

ピンマイクやヘッドマイクに対応
窓口インターホン NZ-2006A および NSD-2006DLPlus の標準構成ピンマイクやオプションのヘッドマイクに対応しています。

カウンター業務と電話受付の兼用に便利
窓口カウンター業務と電話受付業務を兼用される場合、親機マイクスイッチを切り忘れると、電話で話している声をマイクで拾ってしまいます。このフットスイッチを使えば、踏み込んだ時だけ外部マイクが有効となるので、無意識のうちにスイッチ切り忘れを防ぐことができます。

ノーマリーオープンにカスタマイズ済み
ZOOM製FS01はノーマリークローズ/アンラッチですが、ノーマリーオープン/アンラッチにカスタマイズ済み。踏み込まなければ外部マイクはOFFのままです

【よくあるご質問】
パワギガシリーズ(パワギガSパワギガEパワギガM)でフットプレススイッチが使えますか?というご質問を多く頂きますが、NZ-FS01であれば問題なく使えます。

⇒ フットスイッチ NZ-FS01 詳細

増設用ワイヤレスインカムセット ADD-S4L 掲載

ワイヤレスインカム増設セット

NANZU製ドライブスルーに対応
ワイヤレスインカムADD-S4Lは、ドライブスルーシステム NZ-2007EADV 及び 作業連絡装置 NZ-2007EAに対応しています。

VOXモードで自動送信
発声を感知し自動送信します。マイクの送話ボタンを押す必要がないのでハンズフリーで送信できます。VOX(Voice Operation Control)モードで動作します。

ヘッドセットマイク付属
口元近くへマイク部を固定できるヘッドセットマイクで安定した運用が可能です。ピンマイクだと周囲の音をひろいやすく誤動作の可能性があるのでヘッドマイクがお勧めです。

安定通信の800MHz帯を採用
ワイヤレスマイクとして実績の高い800MHz帯(特定小電力無線局ラジオマイク)が採用されています。

⇒ ワイヤレスインカム ADD-S4L 詳細

パーティションの聞こえづらさを専用マイクで解消


新型コロナの飛沫防止対策のパーティション需要が増えていますが、音声も遮断されるため、近くの席であっても会話しづらい状況が発生します。そのような時にはNANZU製の窓口専用インターホンがパーティションマイクとして活用できます。
窓口インターホン標準構成品
子機は直径65φのマイク兼用スピーカーを貼付するだけです。親機は基本的に卓上マイクに向かって話し、音量調節も親機側で行います。電源はACアダプターを親機側だけに接続します。

本来、チケット売り場や宝くじ売り場でのご利用が多い機種ですが、コロナ禍においてはパーティション、アクリル板へ貼付しての需要が増えています。

⇒ 窓口インターホン・チケットカウンター用マイクシステム

窓口業務用ヘッドセット(片耳式)HDM-204L

片耳式ヘッドセット

窓口業務用オプション品 ヘッドセット
NANZU製の窓口インターホンのオプションヘッドセットです。親機音声をヘッドホンで聞き取ることができます。

片耳式ヘッドセット
片耳式なので周囲の音声も確認しつつ窓口業務が遂行しやすいです。姉妹品で両耳式ヘッドセットのラインナップもございます。

特に隣接する複数窓口において有効です
窓口が複数ある環境で、数名のオペレーターの声が交錯して、親機の音声が聞き取りづらい環境において、推奨致します。

音量調整器付きコード
ヘッドセットコードの途中に音量調整器が付いているので、お好みのヘッドホン音量に調整することができます。(※お客さま(子機側)とご自分(親機側)の両方が聞こえます。バランス調整はできません。)

片耳式ヘッドセット HDM-204L 詳細