ワイヤレス拡声器(パワギガW)の修理に関して



【ご質問】
3年前の5月にパワギガW(NZ-660-W)を購入し、毎日使わせていただいていますが、数日前から送信機の緑ランプが点滅するようになり、最終的には充電をしても電源すら入らない状態になってしまいました。

音楽療法のセッションで使わせてもらっているので、発達障害のお子さんや知的障害をおもちの方にマイクをつかまれたり、くわえられてしまうこともあり、故障につながったのかも・・・とも思っています。

持ち運びが手軽で、音量も豊富なパワギガは、なくてはならないものなのです。修理はできますか?よろしくお願いします。

【回答】
パワギガW(NZ-660-W)は廃番となっておりますが(平成29年7月時点で)修理対応をしております。一度一式をお送り下さい。部品の在庫がある箇所でしたら修理可能ですので。

また、後継機はパワギガM(NZ-691-W)にモデルチェンジされています。本体スピーカーがさらに軽量化され、身に着けて使用する場合の負担も軽減しました。買換えや追加購入もご検討頂ければと思います。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細