スイッチ付バスマイクで指向性も考慮したいが…


【ご質問】
今まで使っていたバス用マイクは、接続すると音声が入りっぱなしになってしまうため、スイッチが付いているものを探していました。

そこで先日、スイッチが付いているフレキシブルマイク(MC-9128)を購入しました。スイッチでOnOffできるのは良いのですが、このマイクは指向性が高く、口元の真正面にマイクをセットしないと音をうまく拾えませんでした。

少し角度がずれたり、横からだと声が入らないのですね。運転席の窓枠あたりに固定して、使うときだけマイクを口元に合わせてみたのですが、毎回毎回位置の調節に手間や時間がかかってしまいますので、もっと簡単に使用できるマイクはないのかなと模索しています。

今回、同封されていたカタログを見ていたら、コードレスピンマイク(NZ-210CTW)という商品があり、マイクを使うときだけ送信機の電源を入れて、終わったら切る、といった使い方ができるのでは?と思い、電話した次第です。想定している使い方は可能でしょうか?

【回答】
コードレスピンマイク(NZ-210CTW)の電源のON/OFFは、長押ししなければならないため、想像しているような使い方では難しいと思います。

送信機の電源を切ると、受信機はペアリングの相手が見つからない状態となり、自動で電源が切れてしまいます。そうなると、再度電源を入れるときは、送信機・受信機双方の電源ボタンを長押しなければなりません。

そこでご提案ですが、ピンマイクと送信機の間にスイッチ付ケーブル(CBL-SW1)をつないでみてはいかがでしょうか?

コードレスピンマイク(NZ-210CTW)のペアリングはそのままで、マイクの音声のみON/OFFすることができます。

また、有線であれば分離型クリップマイク(NZ-M863)というマイクがあり、電源パワーモジュール部のスイッチでON/OFFすることもできます。こちらのマイクも推奨致します。

⇒ スイッチ付ケーブルのみ CBL-SW1

⇒ クリップマイク NZ-M863