手ぶら拡声器7Aと7Bのヘッドマイク形状に関して



腹話術で手ぶら拡声器7A(パワギガS)を使用してしており、修理が必要となったのですが、修理期間中もパワギガがないと困るので、先に1台購入することにしました。

今回、届いたのは後継機の手ぶら拡声器7B(NZ-671-B)で、ヘッドマイクの形が変わったようですね。7B(NZ-671-B)のマイクを早速試してみましたが、とってもいいです。

7A(NZ-670-A)のマイクは頭の上からセットするタイプだったので、髪型がつぶれてしまって気になっていたのですが、新型マイクは後ろから回すのでその心配がないです。また、新型ヘッドマイクなら、口元にも合わせやすいので、音もきれいに入ります。

どうやら、修理に送ろうとしていた7A(NZ-670-A)タイプの音が出ない原因は、マイクだったようです。今回購入したマイクをつないでみたら問題なく動作しました。予備として使用するので、またマイクが必要な時に注文するようにします。ありがとうございました。 S.Tさま

【補足】
7A(NZ-670-A)と7B(NZ-671-B)において、同じマイクでも音は出ますが、マイク感度特性が異なります。
具体的には、7A用の標準マイクを7Bで使用すると、感度が良すぎてハウリングが起こりやすくなります。逆に7Bの標準マイクを7Aで使用すると音量が不足気味になります。ですので、ヘッドマイクを使用する場合は下記の組合せを推奨いたします。

・旧型 手ぶら拡声器7A(NZ-670-A)⇒ 分離式ヘッドマイク MIC-520
・新型 手ぶら拡声器7B(NZ-671-B)⇒ 耳掛型ヘッドマイク MIC-806

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細