カテゴリー: 無線機

特定小電力トランシーバー、無線式拡声器などの情報



他社の工場見学で手ぶら拡声器パワギガ+を知り、マイク送信機とイヤホン受信機のガイドシステムの代わりに


パワギガ+ ボックス

今まではマイク送信機とイヤホン受信機のガイドシステムを使っていたが、大人数の時、器具(受信設備)が足りなくなるため、他のシステムを模索していました。

他社の工場見学で手ぶら拡声器パワギガ+を知り、インターネットで検索したところ、無料で実際に使ってみることが出来たので、すぐに利用。手軽で使いやすかったので、導入を決定しました。 (株)M H事業所 Tさま

【追記】 2015年3月
パワギガ+(NZ-640-A)は完売しました。
同等の音量で軽量化された後継機種はパワギガEとなります。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

増設ワイヤレスマイクで、既にお持ちの放送装置や放送システムを有効活用できます


パワギガW本体のLINE OUT(外部出力ジャック)と外部機器を接続すると、外部機器の無線マイクとして使用できます。

既にお持ちの放送装置や放送システムを有効に利用できます。

⇒ 超小型ワイヤレスアンプ 手ぶら拡声器6A(パワギガW)

ワイヤレスガイドシステムは見学者の人数に制限はありますか?

ガイドシステム 6か国語対応
【ご質問】
大きな音を出せない博物館でワイヤレスガイドシステムを検討中です。
このシステムは見学者の人数に制限はありますか?

【回答】
見学者(受信側)の人数に制限はありません。
例えば説明者(送信側)1人、見学者(受信側)100人という構成でも問題ありません。
グループに関しては、6グループまでという制限がございますが、ひとつのグループ内での見学者(受信側)は無制限です。

ワイヤレスガイドシステムは拡声放送が聞き取りにくい場所、拡声放送を出来ない静かな場所。例えば工場案内、美術館、寺院での観光案内。補聴援助、簡易同時通訳、作業指示などでも幅ひろく使われているシステムです。

食品工場内で離れていても連絡を取り合う方法はありませんか?

【ご質問】
食品会社の工場内で、それなりの騒音(機械音)もあり、死角になってしまう場所もあるのですが、両手が使えて数人で連絡を取り合う方法はないですか?

【回答】
免許・資格不要の特定小電力トランシーバーがあります。
小型・高機能・低価格と3拍子揃ったトランシーバーで、オプションのマイクを使用すれば、ハンズフリー(VOX機能)で会話が可能です。

また、トランシーバーと手ぶら拡声器パワギガを接続して、受信内容を大きな音で拡声することもできます。色々と応用できるのではないでしょうか。