カテゴリー: 手ぶら拡声器のFAQ

手ぶら拡声器に関して良くあるご質問



車内で助手席の人の声を聴くためのワイヤレスアンプ

パワギガM NZ-690-W
【ご質問】
車屋ですが、お客さんからお問い合わせがありましたのでお尋ねします。運転される旦那さまの左耳が聞こえず、助手席に座られている奥さまが話す声が聞こえないとのことです。奥さまも年配で大きな声も出ないようなのですが、何かいい方法はございませんか?
インターネットでパワギガという拡声器を見たのですが、こういったものを上手く活用できないでしょうか?

【回答】
弊社の商品の中でパワギガMという、小型ワイヤレスアンプセットがあるのですが、例えばそのスピーカーを運転席の右側に固定しておき、奥さまがワイヤレスマイクで話すと、その音声がスピーカーから拡声されて出力されるので、旦那さまも聞こえやすくなるのではないでしょうか?奥さまが使用するマイクはハンド型とヘッドセット型があり、車内では、手でずっと持ったまま使用するハンド型より、ヘッドセットの方が使いやすいかもしれませんね。

この方法は、マイクロバスで観光案内をされるタクシーやバスの運転手にも数多くの実績があります。運転手さんからは後のお客さままで声が聞こえにくいため、スピーカーを後向きにセットしておくだけで、声を張り上げなくてもはっきりと聞こえるようになります。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

食道発声で声が出るようになったので、拡声器を検討


咽喉マイクの装着イメージ

【ご質問】
以前お世話になりました。
喉頭摘出後、まもなく5年を迎えます。声をなくして、食道発声の練習で大分発声ができる様になって来ましたので、この度、手ぶら拡声器と咽喉マイクを購入したいと思い、注文いたします。一番精度の良い製品の発送をお願いします。 ※市の補助はありません。

【回答】
以前は、パワーギガホン NZ-610-D やパワギガ+ NZ-640-A 、咽喉マイク SH-12iK の有料レンタルをご利用いただき、ありがとうございました。食道発声の練習で、発声ができるようになってきたとのことで、よかったですね。

現在は、拡声器も後継機となっております。パワギガ+ NZ-640-A の後継機は、パワギガE NZ-680-A となり、こちらにワイヤレス機能が加わったパワギガM NZ-690-W もございます。どちらにも咽喉マイクは使用できます。後者の方が上位互換となっております。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

ハンズフリー拡声器の交換用ヘッドマイクは?

MIC-806
【ご質問】
現在、何年か前に購入したハンズフリー拡声器 SH-121 を使用しているのですが、頭にセットするマイクの根元部分が調子悪くなってきてしまいました。交換マイクを探そうとインターネットを見ていたら、4個~5個あって、どれがいいかわかりませんでした。ハンズフリー拡声器 SH-121 で使えるマイクはありますか?どれなら使用できますか?

【回答】
以前は、ハンズフリー拡声器 SH-121 の標準ヘッドマイクをパーツでご用意しておりましたが、現在は在庫がなく、別のマイクでの対応となります。標準マイクと一番感度も近いのがヘッドマイク MIC-806 です。標準マイクと同様の形状(耳掛け式マイク)で、SH-121 で問題なく使用できます。

⇒ ヘッドマイク MIC-806

難病で話す声が小さく会話困難で摂食障害

パワギガE 本体のみ斜め
【ご質問】
主人が難病で話す声が小さいため、人との会話に苦労しています。摂食障害もあるため、訪問歯科の先生が見えるのですが、その際、嚥下音を聞くのに拡声器パワギガEと喉マイクを持ってきます。主人が「この拡声器には他のマイクも使えますか?他のマイクがあれば声が大きく聞こえるかもしれない」と先生に話したところ、次の訪問の際に別のマイクも一緒に持ってきてくれました。

このマイクを私が口元に合わせると、今まで小さかった声が大きく聞こえて、主人もとても喜んでいました。ただ、このマイクだと私が手で支えていないとならないため、その場を離れられません。そこで、パワギガEの説明書を見ていたところ、パワギガEの標準構成品のマイクはヘッドマイクとあり、後頭部から回して耳に掛けられるタイプだと装着例が載っていました。主人もこれならいいかもしれないと申しております。

お伺いしますが、ヘッドマイクはパワギガEに付属しているのですか?主人もこの拡声器パワギガEを使えば、会話ができそうなので、購入を検討したいと思います。

【回答】
お問い合わせ、ありがとうございます。訪問歯科の先生が持ってきてくれたマイクは、パワギガEの付属マイクではなかったようですね。パワギガE NZ-680-Aは両手も使えるように装着する、手ぶら拡声器ですので、標準構成品のヘッドマイクは頭にセットするタイプです。これでしたら、ご病気などで手が不自由な方でも、装着だけしてあげれば、マイクをずっと手で支えていなくても使用できます。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細