カテゴリー: スピーカー・防水スピーカFAQ

トランペットスピーカーなどに関して良くあるご質問



高齢者専用住宅で館内放送システムを検討中。スピーカーで緊急案内放送とBGM放送を

卓上PAアンプ FA-506
【ご質問】
勤務先のグループ会社では高齢者専用住宅(平屋)を営んでおります。

そこで、館内の放送システムの導入を検討しています。館内にスピーカーが7個位で緊急案内放送とBGM放送を考えています。
入居者様の中には、BGMがうるさいと感じる方もいるかと思いますので、各スピーカーチャンネルの出力調整ができるのが良いかと考えています。

マイクも加え、何が必要かも知りたいので、お知恵を貸していただければと思います。よろしくお願い致します。


【回答】
館内放送では、ハイインピーダンススピーカーを使用したシステムが用いられます。対応したアンプマイクの組み合わせで、放送することができます。

BGMも流したいとのことですので、CDユニットか組み込まれた下記のアンプはいかがでしょう。
このタイプは、ラジオ体操の音源が入ったチャイムユニットも内蔵しておりますので、時報のチャイムやCDユニットのコントロールもできるタイプです。

多機能PAアンプ BX120DA-PC(AC100V 120W)

チャイム・ベル付卓上マイク MCH-500

マイクロホン各種

上記アンプにスピーカーを接続するわけですが、形状が色々あります。室内用のボックス型、天井埋め込みタイプ、ホーン型などがあり、出力(音の大きさ)も選べます。

ある程度型式がきまりましたら、お見積の出せますので確認してみて下さい。アンプのW数までのスピーカーを繋ぐことができます。

トランス内蔵(ハイインピーダンス)ボックススピーカー

トランス内蔵(ハイインピーダンス)ホーンスピーカー

当然、アンプに音量調整は付いていますが、個々のスピーカーを調整は出来ません。繋ぐスピーカーを5系統に分け、どの系統のスピーカーだけ鳴らすなどのことはできます。
個々のスピーカーの音量を調整するには、スピーカー側にアッテネーター(音量調整器)を取り付けて、スピーカー側で調整することはできます。

アッテネーター(音量調整器)

あとは、スピーカーケーブルもアンプから各スピーカーまでの距離必要になります。壁の中などを這わせたりしますので、余裕を持たせた方がいいと思います。

以上、参考にしてください。
不明な点がありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

ケータイ電話の着信音(着メロ)を拡声するスピーカーを探しています

【ご質問】
ケイタイ電話の着信音を拡声できるスピーカーを探しています。乾電池で使用できるものはありますか?

【回答】ケータイ用拡声アダプター
乾電池動作の着信音拡声器は有りませんが、船舶用に開発されたDC12V/DC24Vで動作するケータイ用拡声アダプターという製品がございます。

船舶や工場などで実績が高く、携帯電話の着信音(着メロ)を拡声するだけではなく、専用の送受話器で受話音量を大きな音に設定することもできます。エンジン音などの騒音が大きな小型船舶でも、船舶電話同様に快適な通話ができます。

また、陸上の工場や倉庫などで使いたい場合は、AC100Vでも動作させる電源部などのご用意もしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

【追記】2018.12.26
携帯電話用拡声アダプター YG-384 は完売しました。スマホ着信音の拡声セットは下記をご覧下さい。

⇒ 強力トランペット型着信音スピーカー NZT-370-T1 詳細

ワンボックスカーの運転席と最後部席で話が聞こえないのでマイクとスピーカーを

【ご質問】
ワンボックスタイプの自動車に乗っているのですが、運転席と最後部席の乗っている者との話が聞こえない場合があり、何とか解消したく運転席には、フレキシブルマイクを後部にはあまり目立たないスピーカーを取り付けたいのですが、何か良い方法は御座いますか? お教え下さい。

【回答】
(1)パワギガ(ハンドフリー拡声器)の活用
まずご紹介するのは、ハンドフリーの拡声器です。
観光タクシーの方などが、運転しながら後部座席のお客さまに観光案内する際に使用頂いております。

ヘッドセットマイクが付属しますので、ハンズフリーで話すことができます。この小さなアンプ内蔵のスピーカーを後部に向けておいて置くか、座席に掛けておいて使用します。
そのまま、屋外の案内の際も持ち歩いていけますし、電源の確保、設置工事などがまったくいりませんので、お勧めです。

こちらは、サンプル品も用意しておりますので、購入前にお試し頂くこともできます。詳細は下記をご参照下さい。
⇒ パワギガE NZ-680-A 無料お試しに関して


(2)窓口用インターホンの活用
次にチケット販売窓口や宝くじ売り場で多く使われている窓口用インターホンをご紹介致します。通常、この機器はAC100Vコンセントへ接続して使用しますが、ACアダプターを使用せずにDC12Vで動作させることもできます(要:電源プラグ改造)

親機本体にはフレキシブルマイクが付いていますし、付属ピンマイクを接続して利用することもできます。運転席には親機を設置し、最後部席には子機を設置すれば、希望される使い方にマッチすると思われます。

⇒ 窓口インターホン マイクシステムの詳細