カテゴリー: スピーカー・防水スピーカFAQ

トランペットスピーカーなどに関して良くあるご質問

57 / 57<< 先頭1020555657


携帯プレイヤ(ipod)の音楽を店外へスピーカーを設置して流す場合に(雨有り)必要な物は?

ACアンプセット FA101-N10L
【ご質問】
ipodの音楽を店外へスピーカーを設置して流す場合に(雨有り)必要な物は何でしょうか?

【回答】
携帯プレイヤー(ipod)の音楽を外に流すには、まず音声信号をアンプに入れて、それをスピーカーから流すことになります。

たとえば、卓上PAアンプFA-101防水ホーンスピーカーNZ-S10を使用した簡易なシステムです。別途、アンプとipodを接続するためのオーディオケーブル(千円程度)とスピーカーを固定するボルト等の金具が必要になります。

ACアンプ FA-101 定格7W

スピーカー NZ-S10 10W 8Ω

以上、参考にしてください。
不明な点は、お気軽にご相談下さい。

【追記】 2015年3月
簡易放送アンプ FA-101 は完売しました。後継機種は、NT-102ACとなります。

⇒ 簡易放送アンプ・放送装置の詳細

高齢者専用住宅で館内放送システムを検討中。スピーカーで緊急案内放送とBGM放送を

卓上PAアンプ FA-506
【ご質問】
勤務先のグループ会社では高齢者専用住宅(平屋)を営んでおります。

そこで、館内の放送システムの導入を検討しています。館内にスピーカーが7個位で緊急案内放送とBGM放送を考えています。
入居者様の中には、BGMがうるさいと感じる方もいるかと思いますので、各スピーカーチャンネルの出力調整ができるのが良いかと考えています。

マイクも加え、何が必要かも知りたいので、お知恵を貸していただければと思います。よろしくお願い致します。


【回答】
館内放送では、ハイインピーダンススピーカーを使用したシステムが用いられます。対応したアンプマイクの組み合わせで、放送することができます。

BGMも流したいとのことですので、CDユニットか組み込まれた下記のアンプはいかがでしょう。
このタイプは、ラジオ体操の音源が入ったチャイムユニットも内蔵しておりますので、時報のチャイムやCDユニットのコントロールもできるタイプです。

多機能PAアンプ BX120DA-PC(AC100V 120W)

チャイム・ベル付卓上マイク MCH-500

マイクロホン各種

上記アンプにスピーカーを接続するわけですが、形状が色々あります。室内用のボックス型、天井埋め込みタイプ、ホーン型などがあり、出力(音の大きさ)も選べます。

ある程度型式がきまりましたら、お見積の出せますので確認してみて下さい。アンプのW数までのスピーカーを繋ぐことができます。

トランス内蔵(ハイインピーダンス)ボックススピーカー

トランス内蔵(ハイインピーダンス)ホーンスピーカー

当然、アンプに音量調整は付いていますが、個々のスピーカーを調整は出来ません。繋ぐスピーカーを5系統に分け、どの系統のスピーカーだけ鳴らすなどのことはできます。
個々のスピーカーの音量を調整するには、スピーカー側にアッテネーター(音量調整器)を取り付けて、スピーカー側で調整することはできます。

アッテネーター(音量調整器)

あとは、スピーカーケーブルもアンプから各スピーカーまでの距離必要になります。壁の中などを這わせたりしますので、余裕を持たせた方がいいと思います。

以上、参考にしてください。
不明な点がありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

ケータイ電話の着信音(着メロ)を拡声するスピーカーを探しています

【ご質問】
ケイタイ電話の着信音を拡声できるスピーカーを探しています。乾電池で使用できるものはありますか?

【回答】ケータイ用拡声アダプター
乾電池動作の着信音拡声器は有りませんが、船舶用に開発されたDC12V/DC24Vで動作するケータイ用拡声アダプターという製品がございます。

船舶や工場などで実績が高く、携帯電話の着信音(着メロ)を拡声するだけではなく、専用の送受話器で受話音量を大きな音に設定することもできます。エンジン音などの騒音が大きな小型船舶でも、船舶電話同様に快適な通話ができます。

また、陸上の工場や倉庫などで使いたい場合は、AC100Vでも動作させる電源部などのご用意もしております。お気軽にお問い合わせ下さい。

ワンボックスカーの運転席と最後部席で話が聞こえないのでマイクとスピーカーを

【ご質問】
ワンボックスタイプの自動車に乗っているのですが、運転席と最後部席の乗っている者との話が聞こえない場合があり、何とか解消したく運転席には、フレキシブルマイクを後部にはあまり目立たないスピーカーを取り付けたいのですが、何か良い方法は御座いますか? お教え下さい。


【回答】
まずご紹介するのは、ハンドフリーの拡声器です。
観光タクシーの方などが、運転しながら後部座席のお客さまに観光案内する際に使用頂いております。

ヘッドセットマイクが付属しますので、ハンズフリーで話すことができます。この小さなアンプ内蔵のスピーカーを後部に向けておいて置くか、座席に掛けておいて使用します。
そのまま、屋外の案内の際も持ち歩いていけますし、電源の確保、設置工事などがまったくいりませんので、お勧めです。

こちらは、サンプル品も用意しておりますので、購入前にお試し頂くこともできます。

パワギガ+ NZ-640-A 手ぶら拡声器5A(定格15W)

パワーギガホン NZ-610-D 手ぶら拡声器4D(定格7W)

サンプルお試しに関して

フレキシブルマイクとスピーカーを使用する場合は、別にアンプも必要になります。焼き芋屋さんのような移動販売車等が使用しているアンプを流用することになります。アンプにDC12V電源が必要です。

たとえば、小型スピーカーとのセットC12-D18A(DC12V 10W)と、フレキシブルマイクの組み合わせで、スピーカーをシート下に設置するような使用法でしょうか。

車載アンプセット C12-D18A(DC12V 10W)

車載用拡声器セット 一覧

フレキマイク MC-9124L(スイッチ付)

このアンプは、10Wですから、10W以上であれば車のオーディオ用のスピーカーも使えます。そのようなスピーカーを目立たないところに設置するのもいいかもしれません。

ただ、マイクを使用する拡声器は、自分の出した音をマイクで拾ってしまうとハウリング(キーン音)が起きてしまいます。車の中ですと、非常にハウリングは起きやすくなりますので、スピーカーの向きや位置関係に注意が必要です。

以上、参考にして下さい。

57 / 57<< 先頭1020555657