カテゴリー: スピーカー・防水スピーカFAQ

トランペットスピーカーなどに関して良くあるご質問



スピーカー BS-051 の最大音圧(dB)と最小音圧を教えて下さい

スピーカー BS-051【ご質問】
スピーカー BS-051 の最大音圧(dB)と最小音圧を教えて下さい

【回答】
最大音圧と最小音圧とのことですが、商品の仕様書には、下記のように書かれており、最大音圧(dB)と最小音圧に関しては、公表されておりません。

出力音圧レベル 86dB(0.5W/1m時、0.5,0.6,0.8,1kHzの4点平均)

スピーカの設置場所、騒音などの環境により、どの程度音が届くかといった目安がメーカーからでています。あくまでも目安になりますが、参考にして下さい。
こちら→【使用場所による可聴範囲の目安表】

スピーカーBS-051は、トランス内蔵(ハイインピーダンス)スピーカー 0.5Wの商品です。

20Wの放送機器に30Wの拡声器(トランペットスピーカー)を接続できますか?

放送機器【ご質問】
定格20Wの放送機器に30Wの拡声器トランペットスピーカー)を接続できますか?

【回答】
アンプ及びスピーカーが、ローインピーダンス(4Ω~16Ω)対応品か、ハイインピーダンス対応品かによって、接続できるかどうかが、変わってきます。

ローインピーダンス(4Ω、8Ω、16Ωなど)の場合
アンプの出力以上のスピーカーを取り付ける必要があります。スピーカーの定格入力がアンプの最大出力より小さいとボイスコイルが破損する危険性があります。
  「アンプ出力≦スピーカー入力」
お持ちの放送アンプが、ローインピーダンスであれば、10Wのアンプに20Wのスピーカーの取り付けは問題ありません。スピーカー側に余流がありますので、音量を上げた際に音割れしにくくなります。

ハイインピーダンスの場合
こちらの機器の場合は、アンプの出力の範囲内にスピーカーを抑えなければなりません。アンプの出力を超えたスピーカーを接続すると、アンプが壊れてしまいます。
  「アンプ出力≧スピーカー入力」
お持ちの放送アンプが、ハイインピーダンスの機器であった場合、お問い合わせの構成だと繋げません。

パソコンの音声信号をPA放送アンプで室内スピーカー及び屋外スピーカーに放送

放送アンプセット NAC2-N350
【ご質問】
パソコンの音声出力を屋内スピーカー+屋外スピーカーの2系統へ出力するようご要求があり、実現できる製品を探しております。

御社HP掲載のACアンプ屋外用スピーカーで実現可能かご教示ください。実現可能な場合、製品組み合わせ例等ございましたら、合わせてご教示ください。パソコンからの出力は、ステレオミニプラグの分岐ケーブルを使用する予定です。

【回答】
パソコンのヘッドホン出力からPAアンプの外部入力端子に繋ぐことによって、アンプに繋いだスピーカーから拡声できます。

⇒ 卓上PAアンプ FA506(60W)/FA-512(120W)

上記のPAアンプは、5系統のスピーカーセレクターがついていますので、屋外・室内と系統分けしてスピーカーを繋いでおけば、アンプのスイッチで、屋外のみ、室内のみ、両方と鳴らし分けもできます。

スピーカーは、トランス内蔵型のスピーカーを使用しますが、アンプのW数までのスピーカーを取り付けることができます。60Wのアンプであれば、スピーカーの合計が60Wまでと言うようになります。超えてしまうとアンプを壊してしまいますので、ご注意下さい。

後々スピーカーの増設があるかもしれないので、アンプは余裕のあるサイズを選んでおくことをお勧めします。

⇒ トランス内蔵ホーンスピーカー(10W) NZ-S11H

⇒ トランス内蔵ホーンスピーカー 各種

⇒ 天井埋め込み型スピーカー他 各種

以上、ご検討下さい。

 

屋外の環境音(雨、風、雑踏等)をリアルタイムで屋内で聞きたいと考えて

【ご質問】
屋外の環境音(雨、風、雑踏等)をリアルタイムで屋内で聞きたいと考えており、そのためのマイクスピーカを探しています。

マイクは指向性がなく、風の音でも音割れしないクリアな音が取れ、屋外に置くので防水仕様が望ましいです。こういった条件に合う商品はございませんでしょうか。

mg101【回答】
弊社で取扱のある、防水(防滴タイプ)のマイクロホンは、下記のタイプになります。詳細は、下記WEBページでご確認下さい。

⇒ 集音マイク(JIS4級 防沫形) MIC-MG101

⇒ 防水マイクロホン(JIS3級 防雨形) DM-2200

MIC-MG101 は、防犯カメラ等に使用するマイクで、指向性が高く、あまり離れた音は拾えません。DM-2200 も屋外に設置して使用する用途には向きませんので、御社で探している用途には向かないかも知れませんが、確認してみて下さい。