カテゴリー: スピーカー・防水スピーカFAQ

トランペットスピーカーなどに関して良くあるご質問



極小サイズのラッパ型スピーカーは?

【ご質問】
口径が50mm~60mmの屋外用ラッパ型スピーカーを探しています。扱っていますか?

【回答】
申し訳ございませんが、それ程までに小さなラッパ型スピーカーは取り扱いがございません。(あったとしても音質面・音量面で難があると思われます)

弊社で扱っている最小のサイズのトランペットスピーカー(ラッパ型スピーカー、ホーンスピーカー)は、小型耐熱スピーカー(NZ-S113)となり、口径は113mmです。簡易写真で相対的な大きさが、ひと目で判るようにしたトランペットスピーカーの大きさ比較もご用意しています。ご参考下さい。

NZ-S113 主な仕様
定格入力:10W
インピーダンス:8Ω
寸法:口径113×113mm/全長150mm
質量:約0.75kg
材質:ホーン部 ASA耐熱樹脂製
取付金具・ネジ類:ステンレス製
使用上限周囲温度:100℃
NANZU製

10W防水壁埋め込みスピーカー(PS-105)について

【質問】
10W防水壁埋め込みスピーカー(PS-105)は、プールの水中で使えますか?PS-105 10W

【回答】
いいえ。スピーカー(PS-105)の『防水』とは、水しぶき程度ですので、水中ではご使用になれません。

スピーカー用マグネットベースの吸着力に関して

【ご質問】
カタログスペックに吸着力:102N(10kgf)とありますが、具体的にはどういうことでしょうか?マグネットベースの背面

【回答】
ここで言う吸着力とは垂直方向の力です。
例えばマグネットベースが(鉄板の)天井に付いている場合、10kgの重さまでぶらさげる事ができると言う意味になります。
もちろん天井の材質や状態によっては差し引いて考える必要がございます。均一な平面ではない場合は吸着力が弱まります。

防水型壁埋込スピーカー PS-105 はマイナス30℃の環境で使用できますか?

PS-105 壁埋込型防水スピーカー【ご質問】
防水型壁埋込スピーカー PS-105を設置予定の環境が、冬場-30℃くらいにまで低温になります。PS-105は使用できるでしょうか?使用可能な温度が分かったら教えてください。

【回答】
防水型壁埋込スピーカー PS-105の場合、
使用温度範囲が-10℃~+60℃となっております。-30℃となると、使用温度範囲を大幅に下回っていますので、動作の保証はできません。

PS-105 主な仕様
定格入力:10W
インピーダンス:8Ω
寸法:幅142×高さ142
奥行37mm,質量:約450g
ネジ類:ステンレス製
防水型壁埋込スピーカー
noboru製