カテゴリー: スピーカー・防水スピーカFAQ

トランペットスピーカーなどに関して良くあるご質問



KORG・デジタル・ピアノに繋ぐスピーカーは?

【ご質問】
KORG・デジタル・ピアノSP-280のイヤホンジャック~スピ―カーを探しております。バスケット1面位の体育館のステージで使用したいのですが、手ごろなスピーカー拡声器を探しております。宜しくお願いします。

【回答】
小型・高出力・高音質の手ぶら拡声器8A(パワギガE NZ-680-A)をご紹介致します。

手のひらサイズ小型・軽量で、充電仕様ですので、室内・屋外問わず、どこにでも簡単に持ち運んで使用することがでる拡声器です。ヘッドマイクが標準で付属し、ハンズフリーで使用できます。
パワギガE ウェーブ 広がる拡散性
また、AUX入力端子を装備していますので、KORG・デジタル・ピアノSP-280のイヤホンジャックと接続ケーブルで接続することで、デジタルピアノの音源を大きく拡声することができます。

定格15W(最大20W)の高出力ですので、バスケットボールコート1面程度の広さの会場であれば、よほど騒がしくない限り、会場内全体に拡声できる音量は出せると思います。

前述したように、パワギガE(NZ-680-A)は手ぶらで使用できる拡声器ですので、ピアノの音源の拡声と同時にマイク放送もすることができます。(ヘッドマイク標準付属)

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

別売のコードレスマイクシリーズで、ワイヤレスのマイクを追加使用することもできます。小型の送・受信機間が無線になりますので、演奏の邪魔にならず自由に動くことができ、使い勝手も良いと思います。こちらも合わせてご検討下さい。

⇒ 手ぶら拡声器用コードレスピンマイク NZ-210CTW-P

病院の待合室呼出装置はスピーカーにも電源必要?

nt102acte
【ご質問】
診察室から待合室の呼出しをするのに放送装置を探していて、インターネットで NZ102AC-E1 を見ました。いくつか不明点があるので、ご指南下さい。

1)この他に必要なものは有りますか?

2)この付属マイクだと使用するときに持ったり置いたり、もしくはフックに掛けたりするタイプだと思いますが、スタンド式マイク NZ-M546 にも付け替えは可能ですか?

3)スピーカーとマイクにも電源が必要ですか?

【回答】
1)構成品の他に必要なもの
ACアンプセット NT102AC-E1 は、アンプとハンドマイク、壁掛けスピーカーのセットです。あとは設置場所により、必要な長さのスピーカーケーブルがあれば、接続・使用可能です。

2)スタンド式マイクに関して
マイクに関してですが、ハンドマイクはアンプに付属していますが、別売のオプションマイクを使用することもできます。もちろんスタンド式の NZ-M546 もでしたら、使用するたびにマイクを持つこともなく、レバースイッチを倒すだけでONになり、放せばOFFになるので、呼出しには好適です。もちろんレバーを手前方向に倒すとスイッチONのロックもできます。

3)電源に関して
電源はアンプ本体のみAC100Vから取り、スピーカーやマイクはアンプに接続するだけで、電源は必要ありません。

⇒ ACアンプ NT102ACセット
⇒ 簡易放送装置セット NT102AC-E1

コードレスマイクの音声がワイヤレススピーカーから遅れるのは

NZ-210C
【ご質問】
昨日、コードレスマイクモジュール(NZ-210C)が無事届きました。ありがとうございます。しっかりした造りのコンパクトな製品で、高く評価します。

早速手持ちのコンデンサマイクを送信機に接続し、テストをしてみました。観光バスの環境を持ち合わせていないので、受信機は今回使わず、TaoTronics社製のTT-SK06というBluetoothワイヤレススピーカーを使用しました。

その結果、
1)マイクは適合済み。
2)到達距離も十分。
3)問題は、送受信に顕著な時間遅れが生ずる(「あ」と発声した後、それとは完全にずれて「あ」とスピーカーから音が出る)

この3)は、バスの中で使用する際大きな問題になります。話し手に近いお客さんには、直接肉声が届く上に、バスのスピーカーから時間遅れで同じ声が届く。話す側の立場でも、ひどく話しづらい。という問題が生じます。

問題は、これが私のBluetoothスピーカー固有の現象か否かです。御社の受信機を使用する際に、同様な現象が生ずるかどうか、現時点で確かめていません。以上の点について、御社で何か情報をお持ちでしたらご教示頂きたく、よろしくお願いいたします。

【回答】
Bluetoothの機器は、どうしても音の遅延は起きてしまうのですが、NZ-210Cの送・受信機間でのご使用においては、音の遅れは殆ど気にならないレベル(約38msec)です。

スピーチ等での使用であれば、話す方、聴く方双方とも、ほとんど違和感を感じないで使用できます。実際、多くのリピート注文を頂いている商品です。ぜひ一度、NZ-210Cの送・受信機の組合せで使用してみて下さい。

他社製の機器(Bluetoothスピーカーなど)とペアリングしての使用の場合、ご指摘のような大幅な音声の遅延が起きてしまうことがございます。
弊社で、JBL社製のスピーカーでテストした際もかなりの遅延が起きました。お客さまからもSONY社製のスピーカーでの使用で、遅延があるとの報告がありました。

基本的に、NZ-210Cは送・受信機の組合せで使用することを想定しておりますので、他機器との受信保証、動作保証はしておりませんので、その旨ご了承下さい。

【後日談】
『改めて、NZ-210Cの送・受信機を使用して、テストしてみました。
その結果、音声の時間遅延もほとんど発生せず、十分現場で使用可能であることを確認しました。ありがとうございました。』
とのご連絡を頂きました。

⇒ ミニジャック式コードレスマイク NZ-210C

民謡練習でICレコーダーの音声をスピーカーで流すには

【ご質問】
ICレコーダーに録音したものをみんなで聴けるスピーカーを探しています。手持ちのカラオケセットにつないでみたのですが、使えません(音が出ません)でした。

お遊びで使っているアンプ・スピーカーでも試したところ、音は出ますが小さくしか出ませんでした。実は、民謡教室で覚えきれないと持ち帰って自宅で数人で練習するのに使いたいので、ある程度音量がないと練習になりません。何か適したスピーカーはありませんか?

【回答】
小型スピーカーのパワギガE(NZ-680-A)でしたら最大20W出力がありますので、ご自宅での練習であれば音量も充分足りるのではないかと思います。外部機器接続端子 AUX に接続コード(別売)で接続して使用します。ただ、ICレコーダーの録音レベルが低いと、拡声音量にも限度がありますので、予めご了承下さい。
NZ-680-A パワギガE
また、ワイヤレスマイクが使用できるパワギガM(NZ-690-W)もございます。同じ出力で、同時にワイヤレスマイクも使用できるので、練習中の指示出しや注意点などにも便利です。
充電仕様で小型なので、練習場所が変わっても手軽に持ち運びや移動ができます。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細