カテゴリー: メガホン・ハンドマイクのFAQ

メガホン・ハンドマイクに関して良くあるご質問



メガホン保管中、マイクのロックスイッチが入りっぱなし?

【ご質問】
ショルダーメガホンの『TM-205』を購入しました。再度使用しようとしたらとても音が小さくしか出ないのです。電池を入れたままにしておいたのですが、気づかないうちにマイク脇のスイッチが入りっぱなしで、電池が減ったのでしょうか?

【回答】
ショルダーメガホン『TM-205』のシリーズは、ハンドマイクのスイッチを押しながら上へスライドするとロックすることができるため、ロックしたまま保管して、電池が放電してしまったのかも知れません。便利なロック機能ですが、切り忘れにはご注意下さい。

その他の原因として考えられるのは、乾電池自体の問題です。新・旧が混ざっていたり、違う種類が混ざっていないでしょうか?

混在していると、電圧が下がり小さな音量しか出ないこともあります。使用される電池は必ず同じ種類(メーカー)で、新しいものを揃えてお使い下さい。電池の液漏れや故障の原因にもなります。

⇒ ショルダーメガホン TM-205 詳細

ショルダーメガホンのホイッスルの音量調整はできますか?


【ご質問】
ショルダーメガホン NZ584RSWのホイッスルについて質問です。
夜間ホイッスルを使用することがあるため、ホイッスル音の音量調整ができるとよいのですが、MG-NZ584RSWはホイッスル音の音量調整できますか?

【回答】
残念ながら、ショルダーメガホン NZ-584RSW ホイッスル音の調整はできません。

サイレン音、ホイッスル音は、一定の音量での放送となります。音量調整ボリュームは、マイク音量専用で、マイクを使用しての音声拡声のみ調整することができます。

ショルダーメガホン NZ-584RSW に限らず、弊社で取り扱っているメガホン(弊社オリジナル商品、国内主要メーカーの商品)は、すべて音量調整はマイク放送のみで、サイレン音付、ホイッスル音の音量調整はできません。

⇒ メガホン・拡声器の一覧

防犯パトロールにショルダーメガホンのレンタルは?


【ご質問】
急で申し訳ないのですが、ショルダーメガホンをレンタルをお願いした場合、今日発送の明日着というのは可能でしょうか?数日間だけ、防犯パトロールで住宅街を回るのに使用したいと考えています。肩から提げて、手でマイクを持ち、口元で話すタイプのメガホンです。

【回答】
申し訳ございませんが、ショルダーメガホンの有料レンタルは行っておらず、販売のみとなります。

レンタルを行っている拡声器は、ハンズフリーで使用できる3機種です。マイクは標準でヘッドマイクが付属しており、スピーカーを腰あたりに提げるタイプです。中でもパワギガ+『NZ-640-A』は定格出力15W、最大出力20Wあり、ICレコーダーなどに録音したものをAUXに接続して流しながら防犯パトロールで回っている所もあります。マイクも使えて、外部機器も接続でき、小型で携帯にもとても便利です。

⇒ 手ぶら拡声器5(パワギガ+)レンタル詳細

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

防犯パトロールで録音したものを繰り返し再生したい


【ご質問】
現在、5年ほど前に購入した録音ミニメガホン『NZ-635』を2台使用しています。使用目的は自治会の防犯パトロール時に10秒程度の言葉を録音し、何回も繰り返し再生します。週に2回行い、1回につき1時間のパトロールで平均10~20回位再生します。重宝しており、もう1台追加注文したいので、発送をお願いします。

別件で問い合わせですが、乗用車に回転灯をつけてパトロールも行っています。(青パト)
こちらは4台で週1回ずつ交代で(1台あたりは4週間に1回)パトロールを行っております。県警より広報の許可を全車両持っておりますが、1台1台スピーカーを取り付けることができません。御社の手ぶら拡声器『パワギガ+ NZ-640-A』を組み合わせて使用すれば青パトを行うときに順番に渡していけばと考えていました。どのくらいの範囲まで音量が届くのか、また使い勝手はどうかと考え、御社で行っているテスト貸出を申し込みしてみようかとも以前より考えておりました。

ほとんど、住宅街の中をそんなに広い範囲ではないのでゆっくり走りながらパトロールを行っております。同じような状況で使用されているところがあれば参考にしたいのでお知らせ下さい。

また、注文する録音ミニメガホンと一緒にパワギガ+『NZ-640-A』の見積書も送ってください。テスト貸出は他のものとも相談し、申し込むようでしたら連絡致します。パトロールに回る人は、どうも話すのが苦手のようで、みんな録音して再生できるものがいいと言っています。

【回答】
録音ミニメガホン『NZ-635』の追加注文、誠にありがとうございます。パワギガ+『NZ-640-A』のお見積書も一緒にお送り致します。

お問い合わせいただいた件ですが、パワギガ+『NZ-640-A』はガイドさんや工場見学ばかりではなく、住宅街のパトロールやリアカー等の移動販売、街頭演説など多くの分野でお使いいただいております。防犯パトロールでは、ICレコーダー(市販品)に録音し、接続コードでパワギガ+の「AUX」に入力し、繰り返し再生しながら回っているケースも多くあります。

また、青パトのように順番で度々車が変わるときなど、確かにスピーカーを取り付けるのは難しいですね。一時的に車で使用する時や、車が一回一回変わるとき等はパワギガ+にICレコーダーをつなぎ、窓から外に向かって流すこともできます。実際に選挙活動では、パワギガ+のスピーカーを車の窓から外に向け、マイクで話しながら活動されていたということもありました。

パワギガ+『NZ-640-A』のサンプル品ですが、状況により、1~3週間程度お待ちいただく場合がございますが、ご返送時送料をご負担いただくだけで3日間お試しができます。

⇒ パワギガ+ NZ-640-A 詳細

⇒ 録音ミニメガホン NZ-635 詳細