カテゴリー: メガホン・ハンドマイクのFAQ

メガホン・ハンドマイクに関して良くあるご質問



メガホンの電池ケースだけを注文できますか?

b6ab3010
【ご質問】
メガホン『MG-TS711』を持っていて、そのことでお伺いします。
メガホンの後の部分に電池を入れられる蓋があるのですが、その部分がなくなってしまいました。メガホンが使えないので、その部分だけ欲しいのですが、そういった部品の注文はできますか?

【回答】
はい、メーカーで供給しているパーツであれば、その部品ごとのご注文が可能です。
パーツのご注文ですと、在庫があった場合でも納期的には通常の商品に比べ多少かかります。
お問い合わせのTS-711の部品名は、「マイク一体型電池ケース」となります。

⇒ ハンドメガホン『MG-TS711』 詳細

多機能メガホンにICレコーダーをつないで使用できますか?


【ご質問】
子供会で使用するのにインターネットで探していたのですが、多機能メガホン『NZ-520SWB』は外部機器も接続できるとありました。

防犯パトロールで回るのにICレコーダーをつないで、録音したものを流したいのですが、そのような使い方はできますか?
インターネットには、「抵抗入りケーブルを」とありましたが、そのケーブルも御社で購入できますか?

【回答】
はい、外部機器を接続することが可能です。
多機能メガホン『NZ-520SWB』には、外部マイク端子があります。コンデンサ型マイクや、iPod、ウォークマンなどの携帯プレイヤなどの外部機器を接続することもできます。

外部機器を接続する場合は必ず抵抗入りケーブルをご使用下さい。ご質問のようにICレコーダーを接続する場合は、別売の外部機器接続ケーブル(抵抗入り)『G-50CBL』を一緒にご注文下さい。ICレコーダーのヘッドホン(またはイヤホン)端子とメガホン『NZ-520SWB』のマイク入力端子を接続すると使用できます。

⇒ 多機能メガホン NZ-520SWB 詳細

⇒ 外部機器接続コード G-50CBL 詳細

ヘルメットでヘッドマイクは使用できますか?

【ご質問】
現在、DC12V仕様のアンプセット『C12-H11A5』の購入を考えています。バイクで使用したいのですが、付属のヘッドセットマイクはヘルメットを被っていても使用できますか?

ヘッドマイクは、分離型とありますが、マイクの部分をヘルメットに装着できたりという設計にはなっていないのでしょうか?
バイクにはアンプの収納スペースはあるので問題ないのですが、あとはマイクだけ、どのように装着したらよいのか検討しております。

【回答】
アンプセット『C12-H11A5』に付属のヘッドマイク『MIC-520』をヘルメットに装着するのは難しいと思います。マイクの部分だけを分離したとしてもヘルメットに固定するようなクリップのようなものもございません。
マイク 咽喉

以前ご利用いただいた自動車学校のバイク教習では、咽喉マイク『SH-12iK』を使用しているケースもございました。

咽喉マイクは、首に密着させるマイクで、喉の音を皮膚の上から拾う特殊なマイクです。ヘルメットなどを被っていてどうしてもヘッドマイクを使用できなかったり、口元にマイクをセットできない時などにご利用いただけるマイクです。

⇒ 車載アンプセット C12-H11A5 詳細

⇒ 咽喉マイク SH-12iK 詳細

メガホン NZ-515SWY の電池交換方法に関して


【ご質問】
以前、御社でハンドメガホン『NZ-515SWY』を購入しました。電池を交換しようと思ったのですが、どのように交換するのかわからず、電話しました。送らなければならないですか?どこに電池が入っているのか教えて下さい。

【回答】
メガホン『NZ-515SWY』の電池交換は、弊社にお送りいただかなくても結構です。
交換の際は、メガホンのマイク部(丸く黒く部分)の周りの黄色い部分を反時計回りに回すと、送話口マイク部を取り外すことができます。

取り外すと、単3型乾電池を4本入れられる電池ケースが2つセットされていますので、合計8本の乾電池を交換し、電池蓋を閉めて下さい。ネジ込み式になっていますので、閉めるときは時計回りに回して下さい。

※乾電池は新旧や種類を混ぜずにお使い下さい。種類が混ざっていたり、古い電池が紛れ込んでいると電池が液漏れを起こし、メガホンの故障の原因となりますので。

⇒ ハンドメガホン NZ-515SWY 詳細