カテゴリー: マイクロホン

有線マイク、卓上マイク、ヘッドマイク、声帯マイクなどの情報



無理に声を出さなくても良く、発声が楽に


のどを痛めており声を出しにくい状態です。インターネットで調べているうちに同様の症状で苦しんでいる人に効果の高い咽喉マイク高性能拡声器(パワギガ)をみつけ、すぐに電話しました。

無料サンプル品を使ってみて、無理に声を出さなくても周囲に聞こえ、発声が楽になることを確認できました。正式に注文します。

⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

手ぶら拡声器7Aと7Bのヘッドマイク形状に関して


腹話術で手ぶら拡声器7A(パワギガS)を使用してしており、修理が必要となったのですが、修理期間中もパワギガがないと困るので、先に1台購入することにしました。

今回、届いたのは後継機の手ぶら拡声器7B(NZ-671-B)で、ヘッドマイクの形が変わったようですね。7B(NZ-671-B)のマイクを早速試してみましたが、とってもいいです。

7A(NZ-670-A)のマイクは頭の上からセットするタイプだったので、髪型がつぶれてしまって気になっていたのですが、新型マイクは後ろから回すのでその心配がないです。また、新型ヘッドマイクなら、口元にも合わせやすいので、音もきれいに入ります。

どうやら、修理に送ろうとしていた7A(NZ-670-A)タイプの音が出ない原因は、マイクだったようです。今回購入したマイクをつないでみたら問題なく動作しました。予備として使用するので、またマイクが必要な時に注文するようにします。ありがとうございました。 S.Tさま

【補足】
7A(NZ-670-A)と7B(NZ-671-B)において、同じマイクでも音は出ますが、マイク感度特性が異なります。
具体的には、7A用の標準マイクを7Bで使用すると、感度が良すぎてハウリングが起こりやすくなります。逆に7Bの標準マイクを7Aで使用すると音量が不足気味になります。ですので、ヘッドマイクを使用する場合は下記の組合せを推奨いたします。

・旧型 手ぶら拡声器7A(NZ-670-A)⇒ 分離式ヘッドマイク MIC-520
・新型 手ぶら拡声器7B(NZ-671-B)⇒ 耳掛型ヘッドマイク MIC-806

⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

欠品情報 AT-MA2 オーディオテクニカ製


ライン入力しか付いていない機器へのマイクでの音声入力が可能になるAudioTechnica製の AT-MA2 が欠品しました。次回入荷は2018年10月予定のため、最大で約4か月待ちとなります。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんが、何とぞご了承下さい。

⇒ マイクアンプ AT-MA2

NZ-2006A対応 マイク風防 MSP-2006


NZ-2006Aの交換用ウインドスクリーン
チケット販売窓口用のマイクシステム(窓口用インターホン NZ-2006A)親機付属の卓上マイクロホンに適合するウインドスクリーン(マイクスポンジ)です。

風防で雑音を抑制します
マイクスポンジ(ウインドスクリーン)は、マイク先端に取り付けて、風切り音などの雑音を抑制します。

基本2個単位で発送します
マイクスポンジ(ウインドスクリーン)は、2個単位で宅配便での配送となります。普通郵便やメール便での発送は承っておりません。

⇒ 窓口インターホン対応ウインドスクリーン MSP-2006