病院待合向け電光掲示板の順番案内



病院待合室の患者さまの呼出番号を電光掲示板へ表示するための送信機・受信機表示器(電光掲示板)のセットがナンバーボードです。番号表示とともにピンポン音でもお知らせします。

看護師の業務効率改善
順番待ちの状況がひと目でわかりやすく、番号札を持っている患者さまがおよその待ち時間を把握しやすくなります。看護師が順番待ちの状況を説明する必要も減るので、業務効率が好転します。

電波の届く距離は
送信機から受信機(電光掲示板)まで電波が届く距離は、見通し距離で約200mございます。もちろん、物理的な障害物や電波の干渉などにより、その距離は控えめに考慮する必要があります。それでも病院待合での用途においては、充分な距離を確保していると言えるでしょう。

文字板は差し替え可能
表示器は、左側に送信機から送られた数値を表示しますが、右側には文字板が入っています。『受付』『診察室』『お呼出番号』と表記された文字板があらかじめ用意され、付属しています。文字板の交換は、容易いですし、インクジェットプリンターやコピー機などで自作することも可能です。

食券式の飲食店や金融機関での順番待ちにも
院内の順番待ちだけではなく、食券式の飲食店や金融機関などでの順番待ちにも適しています。小型で設置も簡単、表示器用の取付金具も付属しています。

⇒ シルボード(受付番号表示器 ナンバーボード)詳細