カテゴリー: ワイヤレスマイク

コードレスマイク、ワイヤレスアンプ、無線式マイクなどの情報

1/5312310»»


ビーガイドは音が途切れることなく、社内外どちらも大満足の見学


遅くなりましたが、サンプルの貸し出しから見積依頼、発注納品まで大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。

先月、1年の中でも特に大切な見学があったのですが、貴社のガイドシステムを使用させていただき、音が途切れることなく、社内外どちらも大満足の見学となりました。

こちらの都合で、急いで見積や納品書請求書などを作成していただき、ご無理ばかり申し上げて申し訳ございませんでしたが、貴社のすばらしい無線ガイド(800MHz帯 ビーガイド)を導入できて良かったと実感しております。本当にありがとうございました。 C社 Tさま

⇒ ガイドシステム(ビーガイド)の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ワイヤレスガイドシステム(ビーガイド)のレンタル対応品


ビーガイド専用ツイン充電器 NZB-C30 新発売


博物館や美術館に適したビーガイド (ガイドシステム)


ビーガイド B型800MHz帯ワイヤレスレシーバー 新発売
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

インタビュー形式のワイヤレスガイドシステムに関して

【ご質問】
工場見学や観光案内でご愛用頂いておりますワイヤレスガイドシステムですが、見学者の質問を受け付けたいので、相互通話の機能の付いたものはありませんか?

【回答】
ワイヤレスガイドシステムの送信機 マルチマイクの面白い使い方をご提案させて頂きます。

マルチマイク NZB-M820 を使用した、インタビュー形式の使用法になります。
マルチマイクには、2つのマイク入力がありますので、2種類のマイクを接続することができます。ヘッドマイク(又はピンマイク)とハンドマイクの組合せで使用することで、インタビュー形式の使い方をすることができます。

通常のご案内は、ヘッドセットマイクで行います。
もう1つのハンドマイクは、付属のベルトホルダーに装着できますので、使用しないときは両手が開いた状態(ハンドフリー)でご案内をすることが出来ます。ハンドマイクにはトークスイッチが付いていますので、使用しない時にはマイクを切っておくことができます。無駄な音声を拾うことはありません。

見学者から質問を受け付ける場合は、ホルダーからハンドマイクを抜いて、質問者にインタビュー形式(対話方式)でマイクを向け、マイクに向かって話して頂くことにより、お客さまからの質問内容を、受信機を装着した案内人と見学者全員にクリアーにお届けすることができます。

※案内人も無線で質問内容を聴くには、受信機(ビーガイド NZB-R800)を身に付ける必要があります。騒音の大きな環境での工場案内などでは、案内人もビーガイドの装着(案内人が送信機と受信機の両方を持つこと)をお勧めします。

ご希望の相互通話のできるワイヤレスの機器を使用した場合、案内人と見学者の意思疎通ができ、使いやすいようにも感じますが、大人数を対象にした工場見学や観光ガイドの場合、相互通話のデメリットも出てきてしまいます。

見学者の方も自由に送信できてしまいますので、見学者の自由な音声の送信で、ガイド業務が阻害され、見学者の方にご案内内容がスムーズお届けできなくなってしまう可能性も出てきます。

一方、ご提案するインタビュー形式での質問の受付であれば、案内人以外の音声は制限されますので、スムーズな案内業務が出来るのではないかと思います。また、相互通話できる機器に比べ、ずっと安価に導入できますので、お勧めの使用方法です。

⇒ ワイヤレスガイドシステムの詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ワイヤレスガイドシステム(ビーガイド)のレンタル対応品


インタビュー形式のワイヤレスアンプに関して 動画説明


レンタル 『ガイドシステム100台 & マルチマイク』


ワイヤレスガイドシステムのレンタルは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

コードレスマイクモジュールのマイク感度を上げるには


【ご質問】
NZ-210Cは、送信機が小型なのでベルトに挟んだり、ポケットに入れたりと、とても扱いやすいセットだと思います。

さて、早速マイクアンプにセットして確認いたしました。マイクアンプの近くまで持っていってもハウリングしないので、それはそれで良いのですが、口にマイクを相当近づけないと、声を拾ってくれません。

今まで使用しているセットにはマイクレベルの調整VRが付いていますので、使用環境での調整ができるのですが、NZ-210Cにはそれがなさそうです。どうにかならないものでしょうか?

【回答】
マイクロホンは、その機種によって感度特性が異なります。
対応した機器に合わせた感度特性にしてありますので、繋いだ機器の感度特性によっては、音が小さかったり、逆に感度が良すぎてハウリングが起き易かったり、音が歪んでしまったりすることがあります。

お持ちのマイクとNZ-210Cの組合せですと、若干マイクの感度が低すぎるのかもしれないですね。
仰るとおりNZ-210Cにはマイクのレベル調整の機能はありませんので、残念ながらNZ-210Cで調整することはできないです。マイクの集音のレベルを上げるとなると、マイクを感度の良いものに変更して頂くしかないと思います。

コードレスヘッドマイク NZ-210CTH 付属のヘッドマイク MIC-806コードレスピンマイク NZ-210CTW 付属のピンマイク SD-2006TP であれば、コードレスモジュールで使いやすい感度になっておりますので、これらのマイクをご検討下さい。

⇒ ミニジャック式コードレスマイク NZ-210C

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

コードレスモジュールに適合するコンデンサマイクは?


コードレスマイクモジュールを試すために


コードレスマイクモジュールの電源が落ちるのは?


Bluetoothコードレスマイクモジュールと咽喉マイク
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

1/5312310»»