カテゴリー: 無線機

特定小電力トランシーバー、無線式拡声器などの情報

1/1212310»»


パワギガM 『NZ-690-W』と『NZ-691-W』の違いは?


ワイヤレスタイプの手ぶら拡声器9A(パワギガM NZ-690-W)は、マイナーチェンジのため、手ぶら拡声器9B(パワギガM NZ-691-W)となりました。ワイヤレスマイク(送信機 NZ-W290T ⇒ NZ-W291T)の仕様が主に変更となりました。

【1】ワイヤレスマイクで使用する場合の送信距離が延び、より幅広いエリアでの使用が可能となりました。

【2】従来型送信機(NZ-W290T)の充電の際にはLCD画面が点いたままでしたが、新型送信機(NZ-W291T)は約10秒後にライトが消灯するようになりました。充電中に、いずれかのボタンを押すと画面のライトが点灯し、充電状態を確認することができます。完全充電した場合の連続使用時間は、約5時間ほどです。

【3】送信機に初期化が必要な場合のリセットボタンが一目でわかるようになりました。以前は、銘板シールで隠れてしまっていたため、シールを剥がすか、シールの上から穴を開けてリセットしていましたが、シールの形を変更したので、リセットボタンのある小さな穴がわかりやすくなりなりました。初期化するときには、時計用精密ドライバーやクリップなど、先の細いものでリセットボタンを押して下さい。

⇒ 手ぶら拡声器9 パワギガM(マックス) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

パワギガM(手ぶら拡声器9B NZ-691-W)マイナーチェンジ


イヤホンレシーバー45台 ガイドセットレンタル


パワギガWの送信機が使えなくなったのは?


パワギガS(スタンダード)のNZ-671-BとNZ-670-Aの違いは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

インタビュー形式のワイヤレスガイドシステムに関して

【ご質問】
工場見学や観光案内でご愛用頂いておりますワイヤレスガイドシステムですが、見学者の質問を受け付けたいので、相互通話の機能の付いたものはありませんか?

【回答】
ワイヤレスガイドシステムの送信機 マルチマイクの面白い使い方をご提案させて頂きます。

マルチマイク NZB-M820 を使用した、インタビュー形式の使用法になります。
マルチマイクには、2つのマイク入力がありますので、2種類のマイクを接続することができます。ヘッドマイク(又はピンマイク)とハンドマイクの組合せで使用することで、インタビュー形式の使い方をすることができます。

通常のご案内は、ヘッドセットマイクで行います。
もう1つのハンドマイクは、付属のベルトホルダーに装着できますので、使用しないときは両手が開いた状態(ハンドフリー)でご案内をすることが出来ます。ハンドマイクにはトークスイッチが付いていますので、使用しない時にはマイクを切っておくことができます。無駄な音声を拾うことはありません。

見学者から質問を受け付ける場合は、ホルダーからハンドマイクを抜いて、質問者にインタビュー形式(対話方式)でマイクを向け、マイクに向かって話して頂くことにより、お客さまからの質問内容を、受信機を装着した案内人と見学者全員にクリアーにお届けすることができます。

※案内人も無線で質問内容を聴くには、受信機(ビーガイド NZB-R800)を身に付ける必要があります。騒音の大きな環境での工場案内などでは、案内人もビーガイドの装着(案内人が送信機と受信機の両方を持つこと)をお勧めします。

ご希望の相互通話のできるワイヤレスの機器を使用した場合、案内人と見学者の意思疎通ができ、使いやすいようにも感じますが、大人数を対象にした工場見学や観光ガイドの場合、相互通話のデメリットも出てきてしまいます。

見学者の方も自由に送信できてしまいますので、見学者の自由な音声の送信で、ガイド業務が阻害され、見学者の方にご案内内容がスムーズお届けできなくなってしまう可能性も出てきます。

一方、ご提案するインタビュー形式での質問の受付であれば、案内人以外の音声は制限されますので、スムーズな案内業務が出来るのではないかと思います。また、相互通話できる機器に比べ、ずっと安価に導入できますので、お勧めの使用方法です。

⇒ ワイヤレスガイドシステムの詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ワイヤレスガイドシステム(ビーガイド)のレンタル対応品


インタビュー形式のワイヤレスアンプに関して 動画説明


レンタル 『ガイドシステム100台 & マルチマイク』


ワイヤレスガイドシステムのレンタルは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

周りの音(80dL程)の中でも使える工場見学用の拡声器

【ご質問】
現在工場見学用の拡声器購入またはレンタルを検討しています。
現在使っている7W拡声器は、周りの音(80dL程度)がうるさいため、聞こえずらい状況です。そこでパワギガE、ポータブル拡声器NZ-604W、防滴ワイヤレスメガホンのいずれかを検討しています。おすすめがあれば教えて下さい。

【回答】
パワギガE(NZ-680-A)は小型で、使い勝手が良く、工場見学でも多く使用されていますので、お勧めではないかと思います。ただ、騒音が大き過ぎると、パワギガEでも音量不足の可能性もありますので、無料サンプル品でのご試用を推奨致します。

⇒ パワギガE NZ-680-A⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

騒音が大きな環境での工場案内ですと、拡声器ではなく無線送受信機とイヤホンを利用した、ビーガイド(ワイヤレスのガイド機器)の実績もございます。見学者がそれぞれ受信機を身に付け、イヤホンで聴くタイプですので、クリアーに案内をお届けできるシステムです。必要な受信機の台数などがわかりましたら、お見積の対応も可能です。

⇒ ビーガイド NZB-R800他(ワイヤレスガイドシステム)

こちらはレンタル(有料)でお試しいただく事もできます。

⇒ ビーガイド NZB-R800他(ワイヤレスガイドシステム)レンタルに関して

防滴ワイヤレスメガホンは、定格30Wありますので、かなりの大音量が出ますが、メガホン本体がそれなりのサイズなので、持ち運びが大変ではないかと思います。

⇒ 防滴ワイヤレスメガホン30Wの詳細

NZ-604Wは、定格6Wですので、現状と変らないと思います。音質も落ちますので、お勧めの機器からは外れます。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

博物館や美術館に適したビーガイド (ガイドシステム)


800MHzレシーバー(ビーガイド)レンタル開始 RENT-R800


ビーガイド専用ツイン充電器 NZB-C30 新発売


ワイヤレスマイクが使える大型メガホンを安価に
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

1/1212310»»