タグ: NZ-S30

1 / 11


ラッパ型カースピーカーの端子は、ステレオミニプラグですか?


【ご質問】
ラッパ型カースピーカーNZ-S30』の購入を考えています。ケーブルの先端に、φ3.5mmのステレオミニプラグを取り付けてラジカセなどにつなげば、音は出ますか?

【回答】
まず、ラジカセなどに、スピーカー端子がなければ直接スピーカーをつなぐことはできません。ラジカセなどのφ3.5mmステレオミニの接続端子は、イヤホンやヘッドフォン端子ではないですか? だとすると音声信号の出力レベルが小さいため、音量も大変小さくなってしまいます。

この場合は、ラジカセの出力端子(ラインアウト、またはヘッドフォン端子など)からアンプに入力し、さらにアンプとスピーカを接続するようにします。音声信号をアンプで増幅してから、スピーカーから音声が出力されるようになります。

逆に、コンポ等にスピーカー出力の接続端子があるものであれば、仕様の合うスピーカーをそのまま接続できます。その場合の接続端子は、一般的にはφ3.5mmのステレオミニプラグなどではございません。

⇒ ラッパ型カースピーカー NZ-S30

⇒ ACアンプセット 一覧

ローインピーダンススピーカーとは、どのような仕様ですか?

インピーダンスが4Ω~16Ω程度でトランスを内蔵していないタイプのスピーカーです。スピーカーケーブルをあまり長くすることは出来ません。スピーカー NZ-S30

カーアンプ(車用拡声器)に使われるスピーカーは、ほとんどがローインピーダンススピーカーです。例えば右写真のスピーカー NZ-S30 のスペックは16Ω30Wです。16Ωなのでローインピーダンススピーカーということになります。

ローインピーダンスの場合、スピーカーの定格入力がアンプの最大出力より小さいとボイスコイルが破損する危険性がありますので「アンプ出力≦スピーカー入力」になるよう選定してください。

1 / 11