タグ: DC12V

1 / 212


交流AC100Vと直流DC12V両方対応の放送アンプは?

【ご質問】
直流でも交流でも切り替えで利用ができる放送アンプを探しています。
もし該当の商品があれば購入を検討しておりますので、商品の紹介をいただけませんでしょうか。

【回答】
下記のアンプは、AC100VとDC12V両方対応しておりますので、どちらの環境でも使用することができます。
アンプによりAC100V、DC12Vの切替方法が異なりますが、電源ケーブルの繋ぎ替え等が必要になります。

DC12V用にシガレットから電源を取るためのシガレット電源ケーブルも用意しておりますので、お車から簡単に電源を取ることもできます。

⇒ PAアンプセット NT-102AC-T1(10W)他

⇒ PAアンプセット NAC21-H350(20W)他

⇒ PAアンプセット NAC31-H350(30W)他

出力(W数)により音の出る大きさも異なりますし、繋ぐスピーカー
とのマッチングの問題もありますので、使用用途など詳細をお知らせ
いただけますと、もう少し詰めたご紹介ができると思います。

12Vアンプと24Vアンプの違いについて教えてください

お車によって電圧がDC12VかDC24Vかが決まります。12V車であれば12V用の車載アンプ、24V車であれば24V用の車載アンプを選択します。
普通車、軽自動車、軽トラックなどで搭載バッテリーが1台の場合は12V車。大型トラックやバス、トレーラーなどは搭載バッテリーが2台で24V車が多いです。

12Vの場合12Vのアンプセットをご覧ください
24Vの場合24Vのアンプセットをご覧ください

直流安定化電源 DPS-3012M 新発売! 12V仕様のカーオーディオや無線機をご家庭でも

dps3012m

直流安定化電源の概要

車載用DC12V動作の電気機器等を家庭用100V商用電源で使うための電源装置、連続出力電流30Aの直流安定化電源です。

DC12V仕様のカーオーディオや無線機をご家庭で使う場合やモーターショーなどで車載用機器を展示する際にも使われています。視認性の良い電圧計と電流計を前面に配置されています。また、操作しやすいボリュームで出力電圧の微調整が容易です。

DPS-3012M スペック表

交流入力電圧AC95~123V 50Hz/60Hz
出力電圧DC5V~DC30V(可変)
出力電流連続30A・最大30A
付属ヒューズ8A
寸法(mm)
W130×H100×D230
重量2.2kg
冷却方式FAN

⇒ 直流安定化電源 DPS-3012M の詳細

⇒ 直流安定化電源の一覧
直流安定化電源(パワーサプライ)とは

AC100VをDC12VまたはDV24Vへ変換します。パーソナル無線機、アマチュア無線機、業務用無線機、カーステレオ、カーコンポ、カーナビ等の電源として、AC100Vが使用できる電源装置です。

展示会場やショールームでの車載機器デモンストレーション用(バッテリーを外した展示車でのカーナビ実演など)や取付電装製品の動作チェック用として、多くのユーザー様にご利用頂いております。

DCDCコンバーター(電源電圧をDC12VからDC24Vへ昇圧するスイッチングアップバーター)

ag403su
電源電圧を DC12VからDC24V へ昇圧するスイッチングアップバーター AG403SU 新発売

DCDCコンバーターとしては珍しい DC12VからDC24Vへ変換する電源昇圧変換器(スイッチングアップバーター)です。

外部信号端子付きのため、離れた場所でON/OFF操作をすることも可能。通販で日本全国へ送料無料でお届けします。

ご注意
出力側にバッテリ2台接続して使用する場合は、電源を投入する前にバッテリを満充電してからご使用下さい。バッテリが放電状態(空)で本器を作動させると故障の要因となります。(バッテリ2台を同時に長時間充電するため本器のヒートシンクが発熱し、加熱保護回路が ON/OFF を繰り返します)
加熱保護回路に関して
本器の内部温度が80℃以上になると自動停止します。60℃以下に下がると再び稼働します。

外部信号端子に関して
メインスイッチの ON、OFF接点と並列に接続されている端子です。アップバーターから離れた場所で ON、OFF操作をしたい時に、この端子を利用して下さい。接点信号はスイッチ又はリレー接点の ON、OFF信号のみです外部スイッチで操作する場合は、メインスイッチを OFF の状態にしてご使用下さい。

⇒ アップバーター AG403SU はこちら

⇒ スイッチングアップバーターの一覧はこちら

1 / 212