タグ: 視床下部障害



発声障害、嚥下障害、視床下部障害の義母とのコミュニケーションツールとして


パワギガ+ ボックス
義母には発声障害、嚥下障害、視床下部障害があります。義母と話がしたい、せめて唾液ぐらいはゴクンと飲み込んでほしいと思っていました。

STさんの初回スクーリングで、超小型拡声器パワギガ+の無料サンプル品を教えて頂きました。本人の意思確認が出来るかも知れない、その希望が出てきました。STさんの呼び掛けに対して、小さくて弱いですが「はい」と返事をしてくれました。⇒2年ぶりに聞きました。

この拡声器を使えば、嚥下の状態、呼吸の状態がハッキリとわかり、今後の訓練に活用できると思います。発音にしても「Yes」「No」の意思確認だけでも可能なら、本人にとっても苦痛の少ない本人の望む日常生活を送ることができると思います。96才と高齢ですが”生きている”のですから・・・。

身障者の日常生活用具(携帯用会話補助装置)の申請を検討しながら購入したいと思います。無料サンプル品ありがとうございました。 F.Tさま

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

コミュニケーションが取りづらいので


病人とのコミュニケーションを取るため


娘は気管切開で声が出にくくコミュニケーションが…


声帯麻痺のためコミュニケーションが取りづらい状態
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機