タグ: 脊髄性筋萎縮症



脊髄性筋萎縮症の娘、気管切開して呼吸器装着で声が出せないはずが奇跡的に…


パワギガ+ ボックス

はじめの機器のレンタルより こちらの様々な活動予定にご配慮いただき大変ありがとうございました。

静岡大会は延期となったものの、日常生活の場で、そして外出先、さらにたまたま取材をよく受ける時期でしたのでTVカメラ前や新聞記者会見ブースでもこのパワギガ+で本人の声を拾ってもらい、意思疎通が図れて居ることを知っていただけました。

マイク 咽喉
通っている障がい児施設や、地域の保育園でもその効果は絶大で、普段は周りの親や園児が目の前で語ってくれるいわば一方通行な言葉かけであったのに対し、U子から応答があることに (特に保育園児が)びっくりおどろき、喜びました。

U子の声が聞こえるよ~そして この反応こそが6歳の娘にはとってもいい刺激となり、より一層周リヘと伝えたいと思うようになったようです。

我が娘は「脊髄性筋萎縮症」という国の特定疾患にも指定されている治療法のない難病です。そして気管切開しての呼吸器装着により声がだせません。 しかしわずかな空気の漏れが彼女の声帯を震わせ、たまたま声が「う~」と出たのです。知的な問題のない娘はそこに高・低・長・短を作り単語を覚え始めました。 これは医師も驚いた出来事でした。

しかしながら、とても小さな声。それがネックでありました。
折角奇跡的に、努力して出ている声を周りが拾ってもらえないというジレンマ。

このパワギガ+咽頭マイクのコンビは、ハウリングもほぼ解消し、声のこもりもなくクリアな音が広範囲で聞き取れ ます。 はじめはパワーギガホンだけのデモ機でしたが、ご担当者のご好意により(パワーギガホンとパワギガ+の)両機を同時に試せたことから違いがはっきりと感じられ、適している機器を選択できました。(パワーギガホンでは、スイッチを入れる行為=音量上げとなりますが、ハウリングでキーンと周りが耳をふさぐシーンがしばしありました。)

咽頭マイクにも感動です。体位変換しても首に巻いているので設定しなおすのも楽です。
(6歳時なのでSサイズでも大きすぎて首に接地しないのが難点。ずらして首を挟むようにして使用してます。アジャストが利くと成長があっても合わせれるなぁという感想。また、咽頭近くは寝て過ごすの娘にとっては、よだれがつたう場所。我が家の場合は、さらに防水だと完壁だーとの感想も加えておきます)

パワギガ+と、咽頭マイクの高品質さに大変感動し、是非一日も早く使用したいと考えました。デモ体験させていただきありがとうございました。
S.Yさま

⇒ 手ぶら拡声器5(パワギガ+)レンタル詳細

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細
⇒ 手ぶら拡声器8(パワギガE)レンタル詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

脊髄性委縮症(SMA)という難病で呼吸障害、大きな声を


娘は気管切開で声が出にくくコミュニケーションが…


咽頭癌で大声が出せない母は老人性難聴なので


マスクタイプの呼吸器でも声が聞こえるマイクスピーカー
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機