タグ: 発電機



船舶発電機での全自動バッテリー充電器の電圧設定


【ご質問】
全自動バッテリー充電器の使用方法についてお聞きします。

当方の使い方として船舶の発電機より電源をもらいつなぎっぱなしの充電をする訳ですが、この発電機が常時運転している訳ではなく停止する事があります。

その場合最初に設定した出力電圧(使用電圧は24V)は再電源通電時に又設定し直さなければならないのでしょうか?お尋ね致します。

【回答】
全自動バッテリー充電器 CHG-AFC30は、出力ケーブルをバッテリーに繋いでいる状態であれば、一度電源を落としたても、再度通電した際に設定された電圧で供給されます。
再通電の際に出力電圧を再設定する必要はありません。

出力ケーブルをバッテリーから外し、電源を落とした場合には、設定がリセットされる場合もありますので、その際には再度設定が必要です。

⇒ 全自動バッテリー充電器の詳細はこちら

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

自動バッテリー充電器の充電終止電圧は


入力電圧AC100VとAC200Vに対応の全自動充電器


全自動充電器は、リチウムイオンバッテリーで使えますか?


ポータブル型インバーター Z-130 の内蔵バッテリー寿命は?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

非常電源としてインバーターをエンジン発電機へ接続して使用できますか?

【ご質問】
AS-600-12 DC/ACインバーター 最大出力600Wをエンジン発電機(インバーターなし)DC12V 8.3A入力で使用できますか?

【回答】
結論から申しますと、弊社で取り扱っているインバーターは、バッテリーから電源を取って使用することを念頭に作られていますので、発電機での使用はお勧めできません。AS-600-12Vは、バッテリーに繋いでご使用下さい。

発電機のタイプによるとは思いますが、おおむね発電機の電圧は不安定ですので、インバーターの保護回路の保護電圧を上回ったり下回ったりして、保護回路が働き、上手く動作しない可能性があります。
また、瞬間的に高い電圧が入り、保護回路でカバーできなくて破損してしまう可能性もあります。

なお、AS-600-12Vを定格560Wをフルに使用した場合、おおよそ60A弱の電流が必要になります。発電機の8.3Aですと単純計算で70W強程度の出力しかでません。

機器によっては、定格消費電力の数倍の容量が必要になることがあります。インバーターの各ページに選定の目安の表を掲載しておりますので、参考にしてください。

正弦波インバーター AS-600-12V
 http://www.nanzu.jp/syohin/inv-as600.htm

正弦波インバーター 各種
 http://www.nanzu.jp/syohin/inverter.htm

宜しくお願い致します。

【営業時間】平日9:00-17:30
【定 休 日】日曜・祝日・第2・4土曜日
TEL:0558-22-2446(ギガホン専用)
TEL:0558-22-2421(代)
FAX:0558-23-4838
〒415-0035 静岡県下田市東本郷2-1-5
なんず(南豆無線電機)

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

DC-DCコンバータの電圧降下に関して


電源インバーター ASA-600 の詳細写真


エンジンを切っても電源コンバーターのファンがとまりません


大容量の正弦波インバーター 定格出力1.3kW
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機