タグ: 熱エネルギー



音が歪むほどの大音量で、本体スピーカーが熱を持ち始めると動作時間は…


パワギガPLUS

拡声器を購入しても、十分に屋外でみんなに聞こえるかどうか心配でした。

インターネットホームページ上で手ぶら拡声器5A(パワギガ+)を知り、自治会で購入するにあたり本当にちゃんとした製品なのかどうか?確かめるため無料サンプル品を利用させていただきました。

しっかりとした製品で広い屋外でもけっこう使えました。充電して使える時間が10時間なのが少し心配ですが。


【補足説明】
カタログスペックで10時間というのは連続使用時間す。断続的に電源をON/OFFされる場合は当然もっと長い時間使えます。ただ、消費電流は設定音量によって大きく左右されますので注意が必要です。音が歪むほどの大音量で、本体スピーカーが熱を持ち始めると動作時間は急激に短くなります。本来であれば、音圧に使用されるべきエネルギーが熱エネルギーとして消費されてしまい起こる現象です。この製品に限らず拡声器スピーカーは適正な音量調整をして頂くことが肝要です。

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

スマホ着信音を大音量でスピーカー拡声 騒音の大きな工場に


パワギガの重さ、かさ、音量を確かめられる


新型パワギガEと従来型パワギガ+との音量の違い


テレビ局の女性天気予報士のヘッドマイクは?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機