タグ: 無声化



声帯麻痺により無声化した患者様とのコミュニケーションに


マイク 咽喉

声帯麻痺により無声化してしまっている患者様とのコミュニケーションが取りにくかったため、何か良い方法はないか?と探していました。

インターネットで拡声器や人工喉頭のレンタルがないか探していた時、NANZU製の咽喉マイクパワギガ+を知りました。

その患者様に本当に有効かどうか分らなかったので”無料”レンタル(無料サンプル)をすぐに利用しました。
パワギガPLUS
拡声器を使うことでコミュニケーションがスムーズになり、患者様・ご家族ともに気に入られたようです。

できればイヤホン(※耳掛けマイクのフレームのこと:記載違い)や咽喉マイクのサイズが調整できると、より音が拾いやすくなると思いました。(その患者様には若干長さが足りませんでした。)

他の福祉用具と合わせ、購入を検討したいと思います。ありがとうございました。
T病院 言語聴覚士 T.Kさま

⇒ 手ぶら拡声器5(パワギガ+)レンタル詳細

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

⇒ 手ぶら拡声器8(パワギガE)レンタル詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

声帯麻痺のためコミュニケーションが取りづらい状態


病人とのコミュニケーションを取るため


音声言語による意思伝達が難しいので代替コミュニケーション機器を


声量低下により、患者さんの声が出なくなったので
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機