タグ: 日本工業規格(C0920)



防水ハンドメガホンの「保護等級5(防噴流形)準拠の防水構造」とは、どの程度ですか?

【ご質問】
防水ハンドメガホンの仕様に「JIS C 0920の保護等級5(防噴流形)準拠の防水構造」とありますが、どの程度の防水性能ですか?防滴ハンドメガホン NZ-645W

【回答】
防水の種類及び意味に関しては、日本工業規格(C0920)で保護等級0~8まで以下のように規定されています。

0 無保護なもの
1 防滴Ⅰ形 鉛直から落ちてくる水滴によって有害な影響がないもの
2 防滴Ⅱ形 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴によって有害な影響がないもの
3 防雨形  鉛直から60度の範囲の降雨によって有害な影響がないもの
4 防沫形  いかなる方向からの水の飛まつを受けても有害な影響がないもの
5 防噴流形 いかなる方向からの水の直接噴流を受けても有害な影響がないもの
6 耐水形  いかなる方向からの水の直接噴流を受けても内部に水が入らないもの
7 防浸形  定められた条件で水中に没しても内部に水が入らないもの
8 水中形  指定圧力の水中に常時没して使用できるもの
防湿形  相対湿度90%以上の湿気の中で使用できるもの

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

MV-P357 防滴型マイクロホン(JIS保護等級2)


パワーギガホンを使用して補聴器にハウリング等の影響は?


屋外で20人~30人に説明、ハンドメガホンかパワギガか?


ハンドメガホン NZ-645W のホイッスルに関して
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機