タグ: 客船



作業用インターホンの子機を増やすことはできますか?


【ご質問】
作業用インターホン『it-009-SET1』のマイク兼スピーカーをもう1台追加することはできますか? もし可能な場合、切り替えなどあるのでしょうか?

使用方法ですが、客船で使用したく、船長と船員のやり取りをしたいと思っています。船長から船員のマイク兼スピーカーまでの距離は10m~15m程度です。

【回答】
はい、作業側のマイク兼スピーカーをもう1台増やすことは可能です。その場合の切り替えスイッチなどは、ございません。ただ、とても感度がいいため、通常マイクスピーカーが1台であっても15m以下はハウリングが起きやすく、音量つまみを上げられません。そこにもう1台追加するとさらにハウリングを起こしやすくなってしまうため、ご質問いただいた状況下ではご使用いただけないと思います。

こちらの作業用インターホンシステムは主にトンネル工事など、親機と子機間が100mや200mという場で使われており、距離はある程度長いほうがハウリングも起こさずご使用いただけると思います。

【追記】
この記事の機種は完売しました。後継機は下記をご覧ください。

⇒ 作業連絡インターホン NZ-2006EX

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

作業用インターホン NZ-2006EX 新掲載


作業用インターホン用の推奨スピーカーケーブルは?


窓口用インターホンの子機を10mや20m離して使えますか?


窓口業務専用インターホンの子機ケーブル延長に関して
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機