タグ: 博物館

1/212


消防防災博物館の出展ゾーン


インターネットの仮想博物館である消防防災博物館で、消防防災関連商品、機器、システム、サービス、工法等について、詳しく紹介されています。

デモンストレーション出展ゾーン

拡声器アイテム出展ゾーン

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

博物館や美術館に適したビーガイド (ガイドシステム)


消防カラーのファイアーレッド消防サイレン(手動タイプ)


消防カラーのハンディサイレン LK-119R 動画説明


消防カラーの手動サイレン LK-119R 取っ手の開き方
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

レジャー施設、観光施設、遊園地、博物館、水族館、動物園、映画館などのチケット売り場で


レジャー施設、観光施設、遊園地、博物館、水族館、動物園、映画館などのチケット売り場や窓口業務専用の会話装置(インターホンシステム)です。

お客様側(子機スピーカーマイク)の大きさは直径65mm。子機裏面の両面テープでガラス面などに固定できます。小型軽量で場所をとらないため、窓口カウンターもスッキリ。

病院の受付カウンター、銀行の窓口カウンター、バスや鉄道・地下鉄の駅切符売場、パチンコ換金所、お弁当屋さん・おにぎり屋さん、フード店窓口、インフォーメーションサービスの受付カウンターなどでも活躍する特殊な窓口インターホンです。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

窓口用マイクシステム(窓口インターホン)親機操作部


窓口専用マイクシステム NZ-2006A リニューアル


Lonbon 窓口インターホン SD-2006DL+


窓口インターホン(マイクシステム)のデモ機に関して
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

高音質のハンディスピーカー + マイクを探していました。TVニュースで手ぶら拡声器を知り

パワギガ+ ボックス
高音質のハンディスピーカーマイクを探していました。

TVのニュースでこのようなもの(手ぶら拡声器)を身につけていた人を見て、インターネットで探して、パワギガ+(NZ-640-A)は無料で試せると知り、依頼しました。

とても良いです。マイクの位置で(音量が)かなりかわりますね。 K博物館さま

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

手ぶら拡声器を無料で試せるシステムが良い


使いやすいマイク拡声器を探して


返送費のみで手ぶら拡声器を試せるのは打って付け


マイクの位置さえうまくいけばOK
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

1/212