タグ: 副声帯



交通事故で大動脈破裂、声帯がマヒして副声帯でかすかにしゃべっている状態

pgiga02
60才のとき交通事故の被害者となり、大動脈破裂にて二度の手術で奇跡的に一命をとりとめました。

手術後、声帯がマヒして現在は副声帯でかすかにしゃべっている状態です。事故後、10年近く鬱病(うつ病)となり、4年~5年前より、以前の写真をとるようになりました。

1年前にインターネットを取り入れ、今春、パワーギガホンをネットで探し当て、近くの福祉用具業者へ問い合わせましたが、扱っていないため「分からない」の答えでした。また、耳鼻咽喉科では「そんなものがあれば逆に教えて欲しい」と言われました。
マイク 咽喉
ささやく声では大きな声に負け、正論でも理解されない。レストランでも音楽に負け、人混みでは耳元にささやくのみとなり、貴社の咽喉マイクパワーギガホンの無料サンプル品を申し込みするに至りました。

残念ながら、今回は日常生活用具(携帯用会話補助装置)の申請が通らず、今まで通り妻が代弁して話しをすることで落ち着きました。

今回の試用品は註文いたしませんが、貴社担当者を始め、職員の皆さまに大変親切にしていただき感謝しています。

田中外志夫さま

[パワーギガホン/パワギガ+問合先]
【営業時間】平日9:00-17:30
【定 休 日】日曜・祝日・第2・4土曜日
TEL:0558-22-2446(ギガホン専用)
TEL:0558-22-2421(代)
FAX:0558-23-4838
〒415-0035 静岡県下田市東本郷2-1-5
なんず(南豆無線電機)

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

しゃべる仕事なのに声を大きく出せず困って


パワギガを使えば、何を言っているかわかる?


声帯回復を調べて咽喉マイクを試用


障害によりマイクを手で持ってしゃべれない
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機