タグ: ハレーション



紙芝居でハレーション(ハウリング)の少ない超小型拡声器を


パワギガ+ グリル

外行事の時、現在持っているハンドマイクの調子が思わしくなかったり、ハレーションハウリング)を起こしてしまったりすることがありました。また、もっと手軽に使えたらよいなと思っていました。

ある時、VOさんが紙芝居超小型拡声器(パワギガ+)を持参されているのを見て、メーカー名を聞いてインターネットで調べました。

貴社では、無料でパワギガ+が試せるということで依頼して、使ってみました。手軽でとても便利ですね。予算と相談してみます。返却が遅れてしまいすみませんでした。
H苑 Iさま

※パワギガ+は完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器8 パワギガE(エクストラ) 詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ハウリングも無く手軽で両手が常に空いているので不安もない


キィーと音がする(ハウリング?)


7Aは使い勝手が良くハウリングが少ないことを確認


パワーギガホンを使用して補聴器にハウリング等の影響は?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機

パワーギガホン(手ぶら拡声器4D)はハウリング(ハレーション)が起こらない?

pg610c
【ご質問】
パワーギガホンは、ハレーション(ハウリング)が起こらないのですか?

【回答】
パワーギガホンは、ハウリング特性に優れた拡声器ですが、ハウリングが起こらない訳ではありません。ハウリングが起こりにくい拡声器と言うことです。

ハウリングとは
  スピーカーから出た音をマイクで拾う
 →マイクで拾った音を増幅しスピーカーから出る
 →スピーカーから出た音をまたマイクで拾う
 →マイクで拾った音をさらに増幅する
 →……

と無限ループ(増幅)を繰り返し「キーン」という不快音を出す現象です。どの拡声器でもハウリングは起こり得ます。

大抵の方はカラオケなどで経験されていると思いますが、スピーカーマイクが近かったり、音が反響しやすい室内ではハウリングが起こりやすくなります。

パワーギガホンは、特殊なNRマイク、EHEスピーカーの採用により、スピーカーマイクが近いにも関わらず、ハウリングが起こりにくい非常に優れた拡声器です。


ハウリング
2010年11月15日 (月) 13:47 (UTCの版)『ウィキペディア日本語版』

ハウリング発生の仕組み

マイクにより得られた音声信号をアンプで増幅し、スピーカーから出力する際に起こる。スピーカーからの出力が十分に大きい場合、マイクをスピーカーに近づけると振幅の大きな規則的な電気信号が得られる。多くの場合その音は不快感を伴う。連続的な過大入出力が起こるため、場合によってはスピーカーを破損することもある。

これはスピーカーからの出力の一部がマイクに帰還されたことにより生ずる発振現象である。マイク、アンプ、スピーカー、音声、マイクという経路をたどる正帰還(英語で positive feed-back)が原因であることから「フィードバック」と呼ばれることもある。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

ボリューム半分以上でのハウリングは?


パワーギガホンを使用して補聴器にハウリング等の影響は?


ノド枯れで困っていたのでパワギガを試用


自治会の夏祭りの放送装置のハウリング対策を教えてください
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機