タグ: シュミレーション



咽喉マイクの周波数範囲は200Hz~3kH、人間の音声は400HZ~1000HZ

咽喉マイク
【ご質問】
咽喉マイク の主な仕様で周波数200Hz~3kHzとあり、マイクの周波数範囲としては低いように思いましたが、3kHzまでの範囲で間違いないでしょうか?
実際にFFT解析をしてみると,3kHz以上でも信号があります。

【回答】
200HZ~3KHZにつきましては基本的には合っています。
ただ、以下の理由によりその範囲を超えることがありますが、実際人間の音声は400HZ~1000HZ位なので使用に問題は出ないと考えられます。

センサー自体は100Hz~15kHzですが、肌、マイクケース等で抵抗が発生しますので、それを考慮して実際拾える範囲は200HZ~3kHzというスペック掲載になっています。

ただ、このマイクは一般のものと違い実際に肌に当てて使うマイクのため、簡単に特性を測れないので(人体に接触している状況のシュミレーションが難しい)できるだけ近い状況で特性を測ったデーターということです。

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

咽喉マイク 2マイクユニット方式 新発売


咽喉マイクの使用でパワギガ+とパワギガWの音量の差は


喉マイクの音声は不明瞭、ヘッドマイクは明瞭


咽喉マイクSH-12ikの集音部とケーブルだけの製品は?
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機