タグ: コミュニケーション機器



音声言語による意思伝達が難しいので代替コミュニケーション機器を

この度は、デモ品を貸し出ししていただき、ありがとうございました。
咽喉マイクの装着イメージ
当訪問ステーションは難病の利用者間が多く、利用者様の疾患の進行が早いのが特徴といえます。個人差はありますが、音声言語での意思伝達ができる期間も限られています。

最終的には、音声言語による意思伝達が難しくなり、代替コミュニケーション機器を利用する方も非常に多いです。

拡声器の紹介をすると、みなさま見てみたいとの希望も多いです。お手数をおかけしますが、今後とも利用者様の声にならない声を届けるお手伝いに協力していただきますよう、お願い致します。
N訪問介護ステーション 言語聴覚士 Kさま

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

【この記事に関連する記事】 注目記事!!

発声が難しい生徒にコミュニケーションを


コミュニケーションが取りづらいので


病人とのコミュニケーションを取るため


声帯麻痺のためコミュニケーションが取りづらい状態
【この記事に関する問合せ先】 

TEL:0558-22-2421 (平日9時~17時30分)
FAX:0558-23-4838 (24時間) 南豆無線電機