タグ: 耳掛け式

1 / 11


船の上でガイドをするので汗に強いヘッドマイク


【ご質問】
ヘッドマイク『MIC-886』を以前にも購入して使っていましたが、調子が悪くなってきたので買い換えようと思っています。インターネットで確認したところ「完売御礼」となっていましたが、『MIC-886』に代わるものはどのタイプになりますか?『MIC-806』というのですか?

今までの『MIC-886』は、「軽量で汗に強い構造の耳掛式」とあります。使用しているのが船の上でガイドをしているので、汗や水に強いものがよいのですが、『MIC-806』はどうですか?

【回答】
はい、ヘッドマイク『MIC-886』は販売終了しまして、代わるものですと『MIC-806』になります。同じく耳掛け式なので装着方法も変わらず、仕様もほとんど変わりはありません。どちらかというと現行品の『MIC-806』の方がフィット感があり、ズレにくくなっています。

ご質問の中で「汗や水に強いもの」とありましたが、いずれにしてもヘッドマイクは防水仕様ではございません。マイク部先端が濡れてしまいますと使用できなくなりますので、ご注意下さい。「汗に強い構造」とは、こめかみ付近にあたるパッドにもスポンジが付いていますし、耳掛け式のため、頭部に汗をかいてもズレ落ちることがない構造を意味します。

⇒ ヘッドマイク MIC-806 詳細

音声をうまく拾ってくれ身軽に使えるので便利。耳掛け式マイクも軽くて良いがヘアスタイルが気になる


パワーギガホン

すでにパワーギガホンを使っている人から聞いてこの製品を知りました。安価なものではないので、買うかどうか迷っていたのですが、実物を見て判断したので、無料サンプル品を申し込みました。

音声をうまく拾ってくれて良かった。身軽に使えるので便利でありました。耳掛け式マイクも軽くて良かったです。(ヘアスタイルが気になりましたが)
ヘッドセットでカッチリしたものがあってもいいと思った。あとバッテリーのインジケーターが付いていると便利。
N.Tさま

※パワーギガホンは完売しました
後継機種は
⇒ 手ぶら拡声器7(パワギガS)の詳細

裏技的な使い方。マイクフレームを首の後ろ(頭ではなく首)から装着

新iSetマイクパワーギガホンの耳掛けマイクの性能が非常に良く、マイクの支柱(シャフト)がフレキシブルで位置決めが簡単。

支柱がもう少し長く、上着に取り付けられるようになれば好都合です。


【補足説明】
パワーギガホンの無料サンプルお試しを頂きまして、ありがとうございました。
裏技的な使い方として、耳掛式のマイクフレームを首の後ろ(頭ではなく首)から装着して、マイクシャフトが下から上へ立ち上がるように使われている方もいらっしゃいます。そのように装着することで、おそらくご要望に近い形で使えると思います。

1 / 11