タグ: 構音障害

1 / 11


携帯用会話補助装置の無料サンプル品(デモ機)に関して

咽喉マイク パッド部
携帯用会話補助装置とは
日常生活用具の中の情報・意思疎通支援用具のひとつで、発声や発語に著しい障害を有する障害者の方が補助金を受けられる機器です。

弊社の手ぶら拡声器(パワーギガホンパワギガ+)と咽喉マイクの組合せで、携帯用会話補助装置として認められています。

人口声帯や食道発声の方、発声障害者(声衰弱症、心因性失声症、けいれん性発声障害、機能性構音障害)、構音障害者(器質性構音障害、運動障害性構音障害、機能性構音障害)、片側反回神経麻痺、片側声帯麻痺(一側声帯麻痺)、パーキンソン病などの発声補助として有効な製品です。

導入前に実際に役立つか試すことのできる無料サンプル品(デモ機)もご用意しています。 補助金を受けるために必要なお見積書を同封することもできます。

⇒ 手ぶら拡声器5A(パワギガ+)の無料サンプル品

⇒ 手ぶら拡声器4D(パワーギガホン)の無料サンプル品

[パワーギガホン/パワギガ+問合先]
【営業時間】平日9:00-17:30
【定 休 日】日曜・祝日・第2・4土曜日
TEL:0558-22-2446(ギガホン専用)
TEL:0558-22-2421(代)
FAX:0558-23-4838
〒415-0035 静岡県下田市東本郷2-1-5
なんず(南豆無線電機)

喉や声帯に障害をお持ちで声が出し辛い方々の発声補助具、携帯用会話補助装置の申請に関して

パワギガ+ グリルネット
パワギガ+またはパワーギガホン咽喉マイクの組合せで、ささやくような声で大声を実現することができます。

喉や声帯に障害をお持ちで声が出し辛い方々へ実績が高く、発声障害、構音障害、片側反回神経麻痺、片側声帯麻痺(一側声帯麻痺)の発声補助として有効な製品です。

身障者手帳をお持ちの場合は、携帯用会話補助装置(日常生活用具)として申請すれば給付金が下りるケースが増えています。申請に必要な見積書も弊社で作成しますので、気軽にご依頼下さい。

⇒ 携帯用会話補助装置の詳細

  • 日常生活用具申請用のお見積に際しては、定価見積となります。申請せずに全額自己負担での購入の場合は、通販価格に準じます。
  • 型式名の指定がない場合は、携帯用会話補助装置として実績の高いパワギガ+咽喉マイクの組合せでお見積り致します。
  • ご使用者本人(障害者手帳をお持ちの方の)お名前を記載しますので、お知らせ下さい。
    見積書の宛て名のご指示がない場合は、市区町村の長(市長や町長宛て)で作成致します。
1 / 11